情熱的氷滑芸術

日本大会(NHK杯,グランプリシリーズ第4戦)プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ数年はシリーズ最終戦だったNHK杯が,今年は4戦目に設定されました。メンバーの面では先週の中国大会や来週のフランス大会より穏やかな感じで,息詰まる争いというよりは各選手のスケートを堪能できる,そんな大会になるだろうと思います。NHK が放送するということもあり,全ての競技とエキシビションを生放送してくれるのもありがたいですね。

◆男子シングル

 羽生結弦 選手がシリーズ2戦目を迎えます。強敵がいない状況だと張り合いがなくなって平凡な結果に終わるということも珍しくない 羽生 選手ですが,日本での大会なのでそういうことにはならないと思います。ここである程度の形を作って,グランプリファイナルでいったん完成形を作る,という感じで調整してくると思います。

 私が好きなのはSP(Short Program,ショートプログラム)です。ピアノの美しい旋律に乗せた端正な演技は,羽生 選手にしか表現できない世界。普通に滑る局面でも,スケートで氷を蹴る1歩1歩を観てください。その1歩1歩が逐一ピアノの旋律と合っていて,これほどまでに緻密なプログラムを私は観たことがありません。こういうプログラムなので,全てが決まると高い PCS(Program Component Score,演技構成点)が出るのだと思います。SPが完璧に決まって110点が出るところを観たいですね。

・・・でも,前日練習で負傷との情報。どうなりますか…。

 パトリック・チャン 選手(カナダ)は調整,村上大介 選手は肺炎でキャンセルとのことで残念ですが,その代わりに 友野一希 選手に出番が回ってきました。シニアデビューですがこのところ急成長しているとのことなので,初めてのグランプリシリーズでどんな演技を披露してくれるのか,とても楽しみです。

 チャン 選手の欠場によって,ジェイソン・ブラウン 選手(米)はファイナル出場を確定させるチャンスが巡ってきました。2位で確定しますが,普通の出来なら確実に獲れるでしょう。ブラウン 選手は大の日本好きで,きっと今大会を楽しみにしてくれているはずです。インタビューでは流暢な日本語も話してくれると思うので,それも楽しみです。

◆女子シングル

 なんといっても最大の注目点は,宮原知子 選手の復帰初戦ですね。公式戦は昨季の全日本選手権以来ですから,本当に久しぶりです。復帰というだけでも十分プレッシャーがかかるのに,五輪シーズンで周囲の注目度が高い中での復帰ということで,さらに難しい状況にあるわけですが,ここで見事な復帰ができれば「さすが 宮原 選手だ」という評価になるでしょう。ただ,ここで多少ミスが出ても,大崩れがなければ良しというところでしょう。

 宮原 選手は対戦カードに恵まれており,今大会が4位でも次の米国大会で優勝すればほぼ確実にファイナルに進出できます。そういう点では焦らずに着実な演技をしてもらえればよいと思います。ただ,樋口新葉・三原舞依 両選手のファイナル進出を考えると,今大会で2位以内に入ってほしいので,完全復活の演技が観られることを期待したいと思います。

 本郷理華 選手は昨季より確実にコンディションが上向きです。日本の観客の応援の力を借りて完璧な演技ができれば,表彰台に乗れる可能性も出てきます。表彰台に乗れれば自信になり,全日本選手権にいい形で臨めると思いますので,ぜひそうなってほしいですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

若葉ちゃんの自分を見る目がするどすぎる【観るの大好き♪】

LS北見、日本代表が決勝で韓国と対戦へ! 予選4敗ながら準決勝で中国に勝利!(女子パシフィックアジア・カーリング選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

樋口新葉のグランプリファイナル進出条件【夢と現実 備忘録】

ブロガープロフィール

profile-iconmakk

スポナビブログ終了後は,下記関連サイトに挙げた個人ブログ「マイクを持てば酔っぱらい」にて引き続き書いていきます。平昌五輪のフィギュアスケート男子シングル日本勢1&2フィニッシュを予想している私ですが,果たして本当にそんなすごいことが起きるのか? 2月まで熱く盛り上がりたいと思います。また,個人ブログはソチ五輪から4年間書き続けており,スポナビブログ参入前の記事もございます。ソチ五輪から今までを振り返る際にご覧いただけたら嬉しいです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:592475

(01月16日現在)

関連サイト:マイクを持てば酔っぱらい

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 宇野昌磨:昨季の驚異的な活躍と,今季の華麗なる賭け
  2. 女子シングル2枠代表選考を振り返る 【スポーツ雑誌風】
  3. 涙の全日本選手権
  4. グランプリシリーズ主要選手出場大会一覧(シングル)
  5. グランプリシリーズ スコアランキング 女子シングル編
  6. なぜ平昌五輪の女子は2枠なのか? 五輪でベストな演技をするには?
  7. 羽生結弦 順調,樋口新葉 詰め甘し 【ロシア大会感想】
  8. 五輪2連覇ほぼ手中にした 羽生結弦
  9. ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー
  10. 【SP終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss