Magic Moment !

羽生選手に、またもや開眼させられました

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽生結弦選手には毎シーズン、何かしら開眼させられている気がします。どうせこんなものでしょ、という凝り固まった思考を、いやいやまだまだ出来るでしょ!と突き破られてしまう。その清々しさたるや、筆舌に尽くしがたいほどです。

昨シーズンは、彼が他の選手と交わすとても暖かいやりとりに、感銘を受けました。試合ではライバルだけれど、フィギュアスケートという競技の元では、同じ頂上を目指す盟友。衝突事故を起こしたエン・カン選手を気遣ったり、同じチーム・ブライアンに所属しているハビエル・フェルナンデス選手に声援を送ったり。そうした国籍を超えた友好関係を、日本人である彼が率先して築いている姿に、同じ日本人として誇りを感じすにはいられませんでした。そして今シーズンは・・・

狂言師 野村萬斎氏との対談

皆様も各所で述べられているように、TVで企画された狂言師の野村萬斎氏と羽生選手の対談は、衝撃的でした。フィギュアスケートの表現に通ずる舞踏はバレエ。そんな考えに囚われていた私も、ガツンと頭を叩かれたような衝撃を受けました。私自身、日本の伝統芸能が好きで歌舞伎や能の舞台には何度か足を運んでいました。がしかし、そこでの舞とフィギュアスケートを、結びつけようとは思いつかなかった。これまで日本人選手が、日本文化をテーマにプログラムを作ることは珍しくありませんでした。しかし日舞を学んで取り入れようとするところまでのアプローチをした選手は、いなかったように思います。

今回の羽生選手も、はじめから日本の舞踏を学ぼうという事では無かったと思います。FSで使っている「SEIMEI」の曲で、舞を踊っている野村萬斎氏に演技を見てもらい、何かしらのアドバイスを頂こうという事だったと思います。そしてその対談の中で、日本の伝統的な舞台芸術の奥深さを学ぶ事になるのです。

FS SEIMEI

野村氏は型を真似るだけではダメだとアドバイスします。型の意味を理解して演じる事が大切だと。そして早速、そのアドバイスを取り入れた羽生選手。「SEIMEI」の出だしのポーズの手の位置や形が、ジャパンオープンとオータムクラシックでは違っていました。野村氏のアドバイスは、「SEIMEI」というプログラムを作り上げる上で、間違いなく大きな影響を与える事と思います。これからますます完成度を上げていくだろう「SEIMEI」が、果たしてどこまで行き着くのか、とても楽しみになってきました。

世界を牽引する力強い選手を追い続けていると、こんなにも素晴らしい「気付き」を得る事が出来る。やはり彼らの活躍を見逃す事は出来ませんね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Figure Skating
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ソフトボール部(男子)・東京都大学ソフトボール連盟秋季リーグ戦対日体大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

宇野昌磨選手 とうとう表舞台へ【Magic Moment !】

グランプリ・シリーズ開幕!【専らフィギュアスケート】

ブロガープロフィール

profile-iconmagicmoment

今のところ主にフィギュアスケートの男女シングルについて書かせて頂いています。でもペアとアイスダンスも大好きなので、いずれそちらもカバーできるようになれたらいいなと思っています。時たま、別競技の話も挟んでいます。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:333087

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フローラン・アモディオ選手の引退宣言
  2. コストナー選手の見事な復活(2017欧州選手権)
  3. 羽生選手とプリンスについて語ってみよう
  4. 幸運の女神を呼ぶ男 ハビエル・フェルナンデス選手
  5. フィギュアスケート新時代の幕開け
  6. グランプリシリーズ後半戦!予習ノート
  7. ルッツ・ジャンプが決めた勝敗(2017四大陸選手権 男子/女子)
  8. 宮原知子選手 世界で戦う力
  9. 2人の戦いから目が離せない!
  10. 宇野昌磨選手 とうとう表舞台へ

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
04
2015
12
11
10
2014
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss