Magic Moment !

宮原知子選手 世界で戦う力

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィギュアスケートの2015-2016シーズンがスタートしました。

これまでに男子では織田選手、高橋選手、町田選手が表舞台から離れ、女子でも鈴木選手が引退して、なんだか寂しくなるなぁと思っていましたが、しかし浅田選手が復帰を発表し、そして宇野選手のシニア参戦もあって、想像は良い方向に裏切られ、日本のフィギュアスケートがまた盛り上がってきました。

ということで、ソチオリンピック以来、久しぶりにブログを更新。今回は、スケートアメリカでグランプリシリーズの初戦を迎えた宮原知子選手の演技について、書きたいと思います。

世界で戦う力を意識して

今回のスケートアメリカでの演技を見ていて強く印象に残ったのは、宮原選手が世界の舞台で戦う為の技術を、着実に磨いてきているという点です。プログラム全体のメリハリ、芸術的な表現力、そしてジャンプだけではないスピン、ステップ、スケーティングの美しさと技術力、それらをバランス良く磨き上げ、ジャッジへアピールしようという、積極的な取り組みが見て取れました。だからこその表彰台だったと思います。彼女はとても小柄で、それを生かした軽やかさが長所なのですが、それは演技を小さく見せる短所にもなりえます。そんなウィークポイントもしっかり自覚した上で、負けないインパクトを与えようと、全身を使って力一杯表現している姿が、とても感動的でした。

SP:ファイアーダンス

リバーダンスと言えば、鈴木明子選手を思い出します。「ファイアーダンス」も鈴木選手が2006年に使った曲です。日本人は昔から、表現が苦手という印象がありましたが、しかし鈴木選手の表現力は、そんなイメージを打ち破るパワーがありましたね。今年の宮原選手は、そんな鈴木選手が好んで使ったリバーダンスの曲に挑戦。そこに鈴木選手へのリスペクトを見出さずにはいられません。そしてそれを裏付けるかのように、「ファイアーダンス」での宮原選手は、強く挑戦的な微笑みを浮かべています。それは鈴木選手が浮かべていた表情によく似ています。

そしてもう一つ、ファイアーダンスでは宮原選手の柔らかく美しいスピンも印象的です。一つ一つのポジションがとても深くて美しい。スピンのたびに観客席からは歓声が飛んでいました。

FS:ため息

リストの優美なピアノ曲「ため息」。これも表現力を磨く為のチャレンジに見えます。宮原選手が得意とするスピーディさと軽やかさ。それをこういった優雅な音楽にどう乗せていくか。もともとこの「ため息」というピアノ曲自体も、下手な人が弾くとガチャガチャうるさく聞こえ、上手な人が弾くとゆったり優雅に聞こえる、という難曲です。宮原選手もまだ上半身の動きが、少し多過ぎるように見えましたが、ジャパンオープンの時よりはだいぶ音楽に合ってきたように思えます。これからの更なる成長に期待したいですね。

課題はGOEとプログラムコンポーネンツ

宮原選手は今回ジャンプが不調でしたが、その他にもGOEやプログラムコンポーネンツの部分で、1位と2位の選手との差が出てしまっていました。優勝したメドベデワ選手はGOE加点に加えてジャンプを後半に多く持ってくる事で得点を増やし、2位のゴールド選手もGOE加点をしっかり獲得した上にプログラムコンポーネンツで高得点を出しました。そこが今回の勝敗の決め手となっています。

結果として宮原選手は3位となりましたが、しかし彼女もそれらの重要性をしっかり認識し、強化しようと取り組んでいるのがわかります。そして今シーズンの2曲は、彼女が力を更に高めるのにふさわしい、素晴らしいプログラムだと思いました。是非、この調子で実力を発揮していって欲しいです。頑張れ!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Figure Skating
タグ:
フィギュアスケート,グランプリシリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

GPSスケートアメリカ 男女シングルデータまとめ ※10/29ポイント表修正【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

【雑記】町田氏オフィシャル更新とスケアメと採点について【面白き 事もなき世を 面白く】

宇野昌磨金メダルへの道のり シニアデビュー戦で2位 スケートアメリカ男子シングル【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

建て直し【EAGLES BURN!!】

高校野球における送りバントと試合の勝敗の関係【野球いじり】

15の夜【ぬるライクホークス】

レアルマドリー、19連勝達成~イジャラメンディによる変化~【らもすいずむ~伊達と酔狂で~】

J1残り6節【継続は力】

ブロガープロフィール

profile-iconmagicmoment

今のところ主にフィギュアスケートの男女シングルについて書かせて頂いています。でもペアとアイスダンスも大好きなので、いずれそちらもカバーできるようになれたらいいなと思っています。時たま、別競技の話も挟んでいます。
  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:333066

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フローラン・アモディオ選手の引退宣言
  2. コストナー選手の見事な復活(2017欧州選手権)
  3. 羽生選手とプリンスについて語ってみよう
  4. 幸運の女神を呼ぶ男 ハビエル・フェルナンデス選手
  5. フィギュアスケート新時代の幕開け
  6. グランプリシリーズ後半戦!予習ノート
  7. ルッツ・ジャンプが決めた勝敗(2017四大陸選手権 男子/女子)
  8. 宮原知子選手 世界で戦う力
  9. 2人の戦いから目が離せない!
  10. 宇野昌磨選手 とうとう表舞台へ

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
04
2015
12
11
10
2014
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss