Magic Moment !

ルッツ・ジャンプが決めた勝敗(2017四大陸選手権 男子/女子)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「まさか好調なカナダ勢を抑えて優勝できるなんて!」「まさか四大陸で負けるなんて!」男女共に、「まさか」な結末を迎えた選手権は、手に汗握る展開でした。そんな中、勝利を決めたのは男子も女子も、美しいルッツ・ジャンプでした。

<男子> 最強の4回転ルッツ・コンビネーション

今回、FSの演技でアメリカのネイサン・チェン選手が決めた冒頭の4回転ルッツのコンビネーションは、GOEが2.43も付いて20.33点です。これは得点源としてのインパクトが非常に大きい。さらに2本目の4回転フリップでもGOEを2.43付け、他のジャンプではミスが目立ちましたが、FSの技術点の合計で羽生選手を上回りました。苦手なアクセルジャンプを克服してしまえば、向かうところ敵なしと言えるでしょう。

3回転が主流だった時代には、アクセルジャンプの完成度が勝敗を大きく左右していました。しかし今は4回転ルッツ。それもコンビネーション。4回転時代へ突入したとは言え、こんなに早くルッツを確実に飛ぶ選手が現れるとは思いませんでした。ただただ驚きです。

<女子> 2本のルッツ・コンビネーション

そして女子でも、三原舞依選手がFSでやってくれました。ルッツをコンビネーションで2本。それも2本目は演技後半での成功です。更に後半では2回転アクセルと3回転トゥループのコンビネーションも成功して高いGOEが付いています。その結果、FSの技術点の合計72.30点。先日の欧州選手権で世界最高得点を出したメドベデワ選手のFSの技術点75.86まであと3点に迫っています。今後、ステップやスピンでレベル4を確実に出せるようになれば、メドベデワ選手に追いつくことも夢ではありません。

女子でも一時は3回転のアクセルジャンプが注目されました。確かに2回転アクセルの基礎点が3.3であるのに対し、3回転アクセルの基礎点は8.5ですから倍以上の点数が出ます。しかし今はそれを狙うよりも3回転+3回転のコンビネーションを選ぶことの方が主流となっています。無理に3回転アクセルを飛んでも回転不足があると5.9点に減点されてしまいますので、それよりも飛びやすい3回転にコンビネーションをつけた方が、確実という訳です。三原選手は冒頭で3回転ルッツに3回転トゥループを付け、更にGOEが追加されていますので、合計で11.20点。後半の3回転ルッツにも2回転トゥと2回転ループを付け、GOEが追加されて10.71点。これら2本はどちらも4回転ジャンプに相当する得点です。これと同じだけの点数を3回転アクセル単独で出そうとすると、基礎点に2点以上のGOE加点が必要です。それは羽生選手レベルのアクセルジャンプということになります。

ちなみに今回、疲労骨折で欠場した宮原知子選手の2016年グランプリファイナルでのFSの技術点合計は73.24点。彼女もルッツジャンプのコンビネーションを2回飛び、両方で11点代を出しています。ポゴリラヤ選手も、ルッツのコンビネーションを2本飛んで、グランプリファイナルのFS技術点で73.52点を出しています。それに対してルッツを単独でしか飛ばないメドベデワ選手がなぜあれだけ強いのかと言うと、彼女は後半に5本のジャンプを飛び、更にそのうちの3本がコンビネーションということで、点数を稼いでいます。

オリンピックへ向けての戦略

そうなると、残すところ1年となったオリンピックへ向けて、どう戦略を立てていくか、という問題になってきます。女子はまず3回転+3回転のコンビネーションを確実に2つ飛んで得点源にしたいところです。メドベデワ選手のように後半のジャンプを増やしたり、三原選手のようにルッツの成功率を上げるのも、目標の一つとなるでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Figure Skating
タグ:
フィギュアスケート
四大陸選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

4大陸フィギュア男子感想・羽生を脅かす存在になるのはネイサン・チェンより宇野昌磨【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

マルセル・ヒルシャー2個目の金 サンモリッツ世界選手権 男子SL【アルペンスキー撮影記】

羽生結弦に強力なライバル出現も【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconmagicmoment

今のところ主にフィギュアスケートの男女シングルについて書かせて頂いています。でもペアとアイスダンスも大好きなので、いずれそちらもカバーできるようになれたらいいなと思っています。時たま、別競技の話も挟んでいます。
  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:331266

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フローラン・アモディオ選手の引退宣言
  2. コストナー選手の見事な復活(2017欧州選手権)
  3. 羽生選手とプリンスについて語ってみよう
  4. 幸運の女神を呼ぶ男 ハビエル・フェルナンデス選手
  5. フィギュアスケート新時代の幕開け
  6. グランプリシリーズ後半戦!予習ノート
  7. ルッツ・ジャンプが決めた勝敗(2017四大陸選手権 男子/女子)
  8. 宮原知子選手 世界で戦う力
  9. 2人の戦いから目が離せない!
  10. 宇野昌磨選手 とうとう表舞台へ

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
04
2015
12
11
10
2014
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss