獅子党のつぶやき

【西武】FA解禁~今オフも主役になるのか~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホークスの日本一奪還で終えた日本シリーズ。 リーグ優勝・交流戦優勝・シリーズ制覇となり圧倒的に強いですね。

2017年の全日程が終了となり同時にFA解禁の幕開け。 ライオンズでは牧田・野上・炭谷・中村がFA権獲得しているので去就が気になるところ。 現時点での状況を整理したいと思います。

・牧田 ポスティング移籍を要望していますが国内FA権行使の可能性も残されている状況。 球団にも不信感があるので結果はどうであれ退団濃厚でしょう。 球団はポスティング容認の方向性ですがメジャー側の評価がどの程度なのかは分かりません。 ポスティングなので球団側と牧田側による入札額のボーダーラインの話し合いが必要ですが中継ぎなので高額入札は期待薄だと思います。 ファイターズ大谷の移籍が本命となりポスティングの年齢制限についてのルールが決着していないので大谷問題が落ち着いてから行うのかもしれませんね。 国内移籍では最強ホークスを筆頭に争奪戦が予想されるので素直にポスティング移籍した方がライオンズの為にも良いと思います。

・野上 推定年俸5000万は武隈・十亀など同率9位なのでBランクかCランクかは微妙な選手。 地元福岡のホークス・嫁である石川梨華がファンのタイガース・日本シリーズで敗退したベイスターズなど争奪戦にも発展しそうな雰囲気。 西武球団と残留交渉が行われましたが権利行使は迷っている様子。ですが過去のパターンからすると残留を発表しない時点で行使濃厚かと思われます。 急遽ホークス松坂が退団するのでメジャー移籍の牧田よりも国内移籍の野上枠を用意したようにも思うのは考え過ぎか…?

・炭谷 前回はライオンズで優勝したいと権利行使せずに残留。まだ実現していないので残留の可能性も…? 捕手では同世代のファイターズ大野が宣言濃厚でドラゴンズが獲得を狙っているようです。 前年の岸も含めて牧田・野上に比べると具体的なチームが報道されていないので捕手の補強には消極的なのではないだろか。 FA戦線に参加して捕手が少ないチームとなるとバファローズ。京都出身なので可能性があるとすればこのチームくらいだと思います。

・中村 過去にも権利行使をしていないので移籍には無縁の選手だと思います。 故障も多いので高年俸と怪我のリスクから獲得球団も出現しないのではないでしょうか。 破格の大型契約も結んでいるなどライオンズの居心地が良いと思われるので栗山とは違った意味で生涯ライオンズを選択した選手でしょう。

移籍の可能性は牧田>野上>炭谷>中村になると思われます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017埼玉西武ライオンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【西武】FA解禁~今オフも主役になるのか~

らいおん丸さん

野上はBランクでしたか。FAを考慮してBランクに調整したのかもしれませんね。
獲得調査しているチームは多いですがライオンズ以上に出場機会のあるチームもないので残留が最善策だとは思いますが…

正直ホークスだけは避けて欲しい。仰る通りでホークスは強いですがリリーフは勝ち試合以外は今後弱点になるからです。
日本シリーズでも寺原・攝津・五十嵐は勝ち試合のメンバーではないので世代交代の時期を迎えています。
必勝リレーのメンバーも酷使が続けば反動があるので来季も優勝を争うでしょうが今季のように圧倒的な展開とはいかないでしょう。
ホークスがリリーフ投手を獲得すると必勝リレーの負担軽減だけでなく世代交代まで助けてしまうので避けたいです。

「【西武】FA解禁~今オフも主役になるのか~」へのコメント

3人の移籍は確実でしょう。報道では野上はBランクのようです。十亀より年俸が若干高かったのか。報道通りなら補償選手獲得可能です。移籍前提に話をすれば、牧田の場合は補償金額の8千万が入札金額のボーダーラインとなります。これ以下なら牧田がソフトバンクに行こうが補償選手獲得できる分国内移籍がお得となるのでおそらく国内移籍も認めた上でのポステングとなるでしょう。私がフロントならそうします。なぜなら牧田がソフトバンクに入ろうが入るまいがソフトバンクリリーフ陣が強力なのは変りありません。それより楽天やオリックスに抜かれる可能性が高い。ならもらえる戦力はもらおうと考えます。野上もソフトバンクなら2人もらおうと。候補選手としては、寺原と五十嵐をもらおうと思います。同一リーグより阪神、横浜ならなおさら歓迎。阪神なら榎田、岩貞、横山ら左腕が候補、横浜なら三島、國吉となるでしょう。西武に対する不満は補償をもらわないこと2億越える岸に戦力乏しい楽天なら仕方ないにしても、今回は補償を獲得するでしょう。私の考える投手ならそこまで戦力ダウンにはならないと考えます。

こんな記事も読みたい

日本シリーズ感想。そして、内川に対するモヤモヤが完全に晴れた。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

左右の2人が外野手争いを加熱させる!【燃えドラ】

竜の通信簿2017(内野手編)【I like Dragons】

さてオフシーズンの開幕だ【アナグラム的分析ラボラトリ】

やっぱりそう来たか【アナグラム的分析ラボラトリ】

【西武】2017年戦力外通告3【獅子党のつぶやき】

何かわからない不気味な感じ【アナグラム的分析ラボラトリ】

シリーズの行方も見つつ【アナグラム的分析ラボラトリ】

ブロガープロフィール

profile-iconlsports

関東在住のライオンズファン。
西武ドームでは年間10試合前後を球場観戦。
  • 昨日のページビュー:3682
  • 累計のページビュー:2755596

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【西武】森の2軍降格で見えた課題
  2. 【西武】ラミレスは必要な戦力だったのか
  3. 【西武】伊原監督は何故失敗したのか
  4. 【西武】チーム再建の切り札は中島裕之か
  5. 【西武】岸のFA移籍について
  6. 【西武】FA戦線に参加する時がきた
  7. 【西武】中島に背番号3を用意。浅村の来季背番号は…?
  8. 【西武】4番は中村から浅村へ~新時代の始まり~
  9. 【西武】ラミレス獲得調査の前に必要なこと
  10. 【西武】岸退団による先発投手陣

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss