獅子党のつぶやき

埼玉西武ライオンズを中心に感じたことを…

lsports

関東在住のライオンズファン。 西武ドームでは年間10試合前後を球場観戦。
  • 昨日のページビュー:173
  • 累計のページビュー:2773488
  • (12月14日現在)

最新の記事

【西武】浅村が単年契約。FA権行使濃厚なのか…?

来季国内FA権を取得する予定の浅村が複数年契約を断りました。 過去何人も移籍した王道パターン。 今季は念願の背番号3でプレーしただけではなく主将としてもチームを牽引。 個人タイトルを獲得する秋山とはタイプが違いますがライオンズの中心選手であり総合力で評価がされるタイプでしょう。 浅村は1年2億1000万で契約更改。 金額としては双璧となる秋山の3年6億プラス出来高を考慮した提示でしょう。 岸の......続きを読む»

【西武】野上のFA移籍について

正式発表はまだですが野上がFA権を行使して読売ジャイアンツに移籍。 3年契約で総額4億5千万となり最も評価したチームなので野上の希望通りなのでしょう。 逆に言えばライオンズ時代よりも結果が求められる立場。 序盤で結果が残せないとFA選手でもチャンスが限られてしまいます。 注目度が高いチームのでプレッシャーに負けない精神力が必要でしょう。 せっかくなので交流戦で対戦が実現して欲しいものです。 2年......続きを読む»

【西武】松井稼を兼任コーチで獲得

前日の40周年プロジェクト発表に続いての朗報。 松井稼が背番号7がライオンズ復帰。 ライオンズとしては珍しく嬉しいニュースが続きましたね。 テクニカルコーチ兼任で年俸4000万。 レジェンドブルーだと若干イメージが違うので東尾監督時代のユニフォームでライオンズクラック開催して欲しいです。 新設されたテクニカルコーチですが過去にないポジションなのでその役割とは…? 何となくですがコーチと言うよりは......続きを読む»

【西武】FA宣言期間終了。そして180億円の大プロジェクト発表。

去就が注目されていた牧田・野上・炭谷・中村ですがFA権を行使したのは野上だけ。 野上が移籍か残留かという話だけではなく炭谷・中村と権利を行使しなかった選手も1年残留というだけで1年後に権利を行使するか騒がしくなることが予想されます。 現時点での状況を整理したいと思います。 ・牧田 ポスティング移籍を目指しますがリリーフ投手なので入札額は期待薄。 海外FA権行使の涌井や平野もいるのでポスティングの牧......続きを読む»

【西武】FA解禁~今オフも主役になるのか~

ホークスの日本一奪還で終えた日本シリーズ。 リーグ優勝・交流戦優勝・シリーズ制覇となり圧倒的に強いですね。 2017年の全日程が終了となり同時にFA解禁の幕開け。 ライオンズでは牧田・野上・炭谷・中村がFA権獲得しているので去就が気になるところ。 現時点での状況を整理したいと思います。 ・牧田 ポスティング移籍を要望していますが国内FA権行使の可能性も残されている状況。 球団にも不信感があるので......続きを読む»

【西武】2017年戦力外通告3

シュリッター投手に来季の契約を結ばないと発表。 シュリッター 64試合1勝5敗 防御率2.83 リーグ4位の64試合に登板するだけでなくセットアッパーとして活躍。 近年の外国人選手の成績からも成功と呼べる選手だけに大変勿体ないですよね。 後半戦に成績を落としたと言われますがシュリッターだけでなくウルフ・牧田など開幕から活躍している投手は同時期に成績を悪くしています。 リーグ4位登板数(チーム1位......続きを読む»

【西武】ホークス打線を参考にライオンズ新打線を考える

個の能力が高いので強力打線と呼ばれているライオンズ。それでも打線としてはホークスには及ばないと思います。 ライオンズ打線には何が足りないのか?勝てる打線とはどのように組むのか? 優勝したホークス打線を参考に2018年型ライオンズ打線を考えたいと思います。 2017年ホークス基本オーダー (左打・二)明石 (右打・遊)今宮 (左打・中)柳田 (右打・一)内川 (右打・指)デスパイネ (左打・左)中村......続きを読む»

【西武】秋季キャンプではポジション変更が求めれる

ドラフト会議で即戦力野手の獲得はなく新外国人選手は投手だけを獲得すると予想されます。 と言うことで炭谷のFA事情を除けば野手の戦力は良くて現状維持。 例年通り戦力の底上げになりますがホークスとのゲーム差が逆転するような急成長は現実的に不可能でしょう。 と言うことで優勝するには変化が求められ現戦力をどのように効率良く機能させるかになります。 毎年キャンプの課題として挙げられる中村・渡辺以外の三塁手......続きを読む»

【西武】2017年戦力外通告2

田代将太郎外野手と来季の契約を結ばないと発表。 ・田代将太郎 38試合 打率.071本塁打1打点5盗塁3 キャンプ・オープン戦で結果を残して開幕スタメン出場。 辻監督に期待されていて我慢強くチャンスを与えられていましたが打撃では期待には応えられず。 悔しさを忘れずに成長を期待したかったですが残念ですね。 ドラフトで同系統の外野手を獲得したので厳しいですがプロは結果が全てということ。 ※ガルセス ......続きを読む»

【西武】2017年ドラフト会議

清宮幸太郎の存在で例年以上に注目度が高いドラフト会議でした。 7球団が競合した清宮はファイターズが交渉権獲得。 今年もパリーグがくじ運の強さを発揮しました。来季もパリーグが盛り上がって欲しいと思います。 ライオンズの指名選手 【1位】田嶋大樹 JR東日本 投手(抽選×) 【1位】齋藤大将 明治大 投手 【2位】西川愛也 花咲徳栄高 外野手 【3位】伊藤翔 徳島インディゴソックス 投手 【4位】平良......続きを読む»

【西武】CSファイナルステージを終えて

リーグ優勝したホークスがCSを突破して日本シリーズ出場。 パリーグ代表として日本一に輝いて下さい。 シーズンではホークスに敗戦。CSではイーグルスに敗戦。 ファイナルステージの対戦はライオンズとしても意味のある試合なのかなと思います。 ホークス先発は東浜・千賀・和田と続きましたが普通のチームはここまで。普通期待できる投手は3人程度でしょう。 バンデンハークが4番手ですから選手層の厚さが圧倒的に違......続きを読む»

【西武】CS敗退。2017年シーズン終了。

3戦目は2-5でライオンズ敗戦。 野上が初回に3四球と内野安打で自滅。慎重になったのでしょうが絶対に許してはいけない先制点を献上。 前日の茂木の先頭打者本塁打がそれだけ効果があったということ。結果的にファーストステージの流れを呼び込んだ衝撃の本塁打となりました。 ここまでの2試合も初回の攻防で勝敗が決まったようなもので… 秋山の先頭打者三塁打は得点には届かず。さらに野上の暴投で追加点を献上。 四球と......続きを読む»

【西武】岸へのブーイングについて

CS2戦目は岸が先発しましたが完璧に抑えられて完敗。 もうすぐ移籍して1年になるのに試合前のスタメン発表からヒーローインタビューまでブーイングが酷いですよね。 もちろん球場全体ではなく一部分ではありますが目立ってしまうのでライオンズファン全体の印象も悪くなる気がします。 これ来年も続くのでしょうかね。 涌井・片岡・中島など初対戦はブーイングがありましたけど最初の方だけでした。サファテ・ヘルマンの外......続きを読む»

【西武】想定内の1勝1敗。それでも福岡へ行くのはライオンズ。

1戦目は10-0でライオンズ圧勝。 菊池はCS初登板初完封となりシーズン通りの投球で完璧に抑えました。 それでも序盤先頭打者に出塁される状況が続いたので不安はあったと思いますが短期決戦用の采配なのかイーグルスが2イニング犠打を選択してきたのが救いだったと思います。 大舞台の初登板なので最初のアウトだけは早めに欲しいところで犠打。精神的にも落ち着いたところでペゲーロ・ウィーラーを連続三振に抑えて普段通......続きを読む»

【西武】CSファーストステージ決戦前日~大舞台での菊池対則本は本当に有利なのか~

則本は2013年にCS登板していて2試合0勝0敗 防御率0.90。 先発登板で9回1失点。中継ぎ登板で1回無失点。 ライオンズ戦ではありませんが大舞台でも問題なく日本シリーズも経験しているので経験値も高い。 則本がライオンズ打線を上回る状態だと得点を奪うのは容易ではありません。 菊池は大舞台の経験がないので独特の雰囲気に呑まれてしまう可能性があります。 イーグルス戦に絶対的な強さがありますがあくま......続きを読む»

【西武】CSファーストステージの先発投手達2

明日のイーグルス予告先発が岸と発表されました。 シーズン最終戦ではありますが中5日で登板となり驚きましたね。 ライオンズ戦の予想先発投手 ・則本・美馬・岸となる全員が中5日での起用。 ・則本・藤平・美馬となるホークス戦重視の起用。 則本はタイトル争いをしていましたが美馬・岸を先発させる意味があったのだろうか。 相手チームを心配しても仕方ありませんがホークス戦を見据えて岸を温存する奇策なのでライオ......続きを読む»

【西武】CSは炎獅子仕様で開催~来季の通常ユニ変更は必須か~

CS全試合で炎獅子ユニ着用すると公式発表。 説明不要の圧倒的勝率を残したユニフォームではありますが選手側からも要望が多かったようです。 短期決戦だけに精神面の影響はありますが炎獅子に頼らないといけない状態ということは精神的には弱いチームということを露呈してるので複雑な心境。 あくまで限定ユニですから大舞台での着用は異例でしょう。 福岡での試合を見据えてのゲン担ぎ。 ヤフオクドームでは今季1勝ですか......続きを読む»

【西武】CSファーストステージの先発投手達

1位ホークスには13ゲーム以上離されているので両チームとも投手は1人でもホークス戦に温存したいのが本音。 狙うのは2戦2勝となり真っ向勝負で勝ち抜けるしかありません。 対戦するのは岸・則本の2枚看板。 休養十分でライオンズ戦に好相性の岸を1戦目。個人タイトルもあり則本は中6日で2戦目。 ライオンズとしては岸・則本と続いた方が嫌なので仮に順番が逆の場合は福岡決戦に一歩前進だと思います。 福岡でのホー......続きを読む»

【西武】2017年戦力外通告1

岩尾利弘投手・佐藤勇投手・上本達之捕手・鬼崎裕司内野手・渡辺直人内野手・木村昇吾内野手・大崎雄太朗外野手の7選手と来季の契約を結ばないと発表。 岩尾利弘 ・1軍出場なし 2015年に試合を跨いでの9者連続奪三振の参考記録を残しましたが1軍定着には至らず。 中継ぎが弱点と言われていた時代でもチャンスを活かしきれませんでした。 佐藤勇 ・1軍出場なし 潮崎2軍監督の評価が高い時期もありましたが201......続きを読む»

【西武】2位で全日程終了

優勝には届かなかったもののパリーグ2位で公式戦終了。 143試合79勝61敗3分。 1位ホークスとの実力差は痛感させられましたが3年連続Bクラスからのスタートなので貯金18という結果は強くなった証拠。 シーズン序盤は勝率5前後で推移したものの夏場に加速するという強いチームの戦い方が出来ました。 勝利するイメージ・優勝するイメージが描けたのは大きな財産となります。 2位ですから堂々と来季優勝を宣言して......続きを読む»

【巨人】#8片岡治大 現役引退

片岡治大が現役引退。 現役生活13年で在籍・活躍したのはライオンズ時代が中心。 やっぱり片岡と言えばライオンズの選手なんですよ。 この男は入団時から期待値が高かった。 メジャーリーグに移籍した松井稼頭央の背番号7を受け継ぐスピードスター。 2年目から1軍で活躍していますが2試合連続で3盗塁を記録した試合がありこの試合が盗塁に関して1軍での自信になったようです。 これは片岡だけでなくファンに対して......続きを読む»

【西武】ドラフト1位候補の清宮がプロ志望表明

進路が注目されていた清宮(早稲田実高)がプロ志望を表明しました。 渡辺SDは1位候補で特A評価とコメント。他にも何名か特A評価はいるようです。 辻監督がホークス優勝した際にライオンズとホークスとの違いについてコメントをしていました。 ・ホークス投手陣が充実しているので接戦に持ち込める投手が必要。 ・戦い方は違うけれど機動力を含めた打線では負けていない。 現場ではホークス戦に通用する即戦力投手が求め......続きを読む»

【西武】炎獅子~本拠地ではホークス戦も苦手ではない~

これが炎獅子パワーなのか? 優勝こそ決められてしまいましたが2試合連続サヨナラ勝利。 褒めれてた試合内容ではないですがホークス戦の勝ち越しは自信になると思います。 CSで戦うことになるイーグルス・ホークスと続いた炎獅子試合は4勝1敗となりチームが立ち直りました。 消化試合気分ではなくベストメンバーで試合に挑んだホークスの意識の高さは流石。 本日で本拠地メットライフでのホークス戦が終了となりました。......続きを読む»

【西武】目前で3年連続の胴上げ

ホークス優勝おめでとうございます。 2年前に記録したパリーグ最速優勝を1日更新のおまけつき。 パリーグ全球団に勝ち越しての優勝+交流戦優勝となり安定期に入ってますよね。 主力の故障者も目立ちましたが選手層の厚さでカバーするだけでなく12球団最少となる失策数など誰が出場しても同じような活躍ができるのが最大の強みだったと思います。 先制して逃げ切るという試合運びは安定感があり基本が1番出来ているチーム......続きを読む»

【西武】炎獅子~終戦~

優勝マジック1で迎えたホークス戦。 3連戦で意地を見せて胴上げ阻止という期待もありましたが現実は甘くなかった。 開門前の並びはホークス側が若干多かったけれど外野席縮小の影響もあって激戦区なので仕方ありません。 ライオンズファンはドーム前広場の各ブース・売場に集まっている普段の光景。 前売り完売ではありますがホークスファンが一塁側だけでなく三塁側にもいたので炎獅子効果で売れたチケットというよりはホ......続きを読む»

【西武】炎獅子~胴上げ阻止なるか~

復活した炎獅子効果なのかイーグルス戦2連勝。 1戦目は中村が逆転本塁打を放ち存在感を発揮。 大事な試合で仕事が出来るのが主砲というもの。この1本しか打てていませんがやはり7番を打つ選手ではありません。 山川が2試合で無安打+失策という状態なので打順を入替えた方が良いと思います。 山川がチームを背負うにはまだまだ早い。5番や6番で結果を出しているので自信を持たせることが大事になります。 2戦目は菊......続きを読む»

【西武】パリーグ最終決戦~炎獅子再び~

首位ホークスとは14.5ゲーム差。 優勝マジック4となり週末ホークス3連戦(メットライフ)での優勝が濃厚という状況。 明日からイーグルス2連戦・ホークス3連戦。最後まで見せ場のある日程が組まれています。 ここで炎獅子ユニの再着用試合となるので今季一番の戦いを魅せて欲しい。 【過去4年の優勝決定試合】 2013年…東北楽天ゴールデンイーグルス(西武ドーム・対西武戦) 2014年…福岡ソフトバンクホー......続きを読む»

【西武】辿り着いた重量打線

今季初となる捕手森のスタメン出場。 辻監督も悩んだのか打撃重視の重たすぎる重量打線を組みました。 (中)秋山 (捕)森 (二)浅村 (一)山川 (左)坂田 (指)メヒア (三)中村 (右)金子侑 (遊)源田 1年前の田辺野球に戻ってしまったというのが正直な感想になります。 これまで走塁・守備を重点に1点を意識する野球をしていただけに辻監督の発案なのでしょうか…? 好不調に関係なく実績のある選手......続きを読む»

【西武】菊池の反則投球について

菊池の初回の初球が反則投球(2段モーション)と判定。 賛否あるとは思いますが現在の投球フォームが2段モーションかと問われれば2段モーションと言われても仕方ありません。 タイミングを惑わすというよりは反動をつけているように見えるので意図的なものではないと思います。 開幕時期は2段モーションではなく1段モーション(通常フォーム)なのでキャンプやオープン戦で指摘されないのは当然。 審判の説明通りで菊池の......続きを読む»

【西武】自力優勝消滅~7年連続ホークス戦負け越し~

逆転優勝には3連勝しかない状況でしたが完敗となる3連敗。 ヤフオクでのホークス戦は1勝10敗。投手も野手も苦手意識を持っているような気がします。 ライオンズ打線の攻略法は速球と変化球(カーブ系)のコンビネーション。 直球勝負に強いライオンズ打線は落差のあるカーブは視線が動くため奔走されます。結果得意の速球にもタイミングが合わなくなり抑え込まれる毎回のパターン。 移籍した岸も代表的なタイプであり今季......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 12 13

このブログの記事ランキング

  1. 【西武】森の2軍降格で見えた課題
  2. 【西武】ラミレスは必要な戦力だったのか
  3. 【西武】伊原監督は何故失敗したのか
  4. 【西武】チーム再建の切り札は中島裕之か
  5. 【西武】岸のFA移籍について
  6. 【西武】FA戦線に参加する時がきた
  7. 【西武】中島に背番号3を用意。浅村の来季背番号は…?
  8. 【西武】4番は中村から浅村へ~新時代の始まり~
  9. 【西武】ラミレス獲得調査の前に必要なこと
  10. 【西武】岸退団による先発投手陣

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss