生温かい眼

やっぱり他者へのリスペクトが足りないFC東京ゴール裏【天皇杯決勝:FC東京vs京都サンガFC】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 えーと....今年は部屋の片づけをきちんとその場その場でやっていこうと年始に誓って初日に破った管理人こと鳥脳です。

 予てからの宣言通り管理人はこの年末年始を大分への帰省をせず東京で怠惰な暮らしを貪っておりました.....が、元日の天皇杯決勝は愛人ことFC東京が決勝進出って事で参戦してきたのでそのリポート。
(FC東京が決勝進出を決める前にチケットを入手していたのは内緒の方向で...)

 さて2011シーズンのJ2をある程度の圧勝でチャンピオンとなり、1年でのJ1を復帰を決めたFC東京のせいで多少調子に乗っているFC東京サポが大挙して国立に乗りこんでくるのは容易に想像できた。所詮愛人のFC東京の為に朝9:30の開場(なでしこの天皇杯決勝もあったからね)に合わせて列に並ぶ甲斐性もない管理人、FC東京が決勝進出が決まった瞬間、ちゃんと熱いFC東京サポの友人(「東京とコム」さん)にDMを送り席確保をお願いするという非常に汚い手法を炸裂。いつものFC東京試合観戦の相方でもある前髪一直線!くんは元日から仕事の為可哀相な事に不参戦。

 さて元日当日。前夜、大晦日だからと独り暮らしの割に豪勢なマグロのお刺身なんぞを買って好きな日本酒銘柄の一つ「酔鯨」をグビグビを煽ったせいでダウンタウンの番組途中で爆睡....日の出前に目が覚めるという体たらく。
 さっそくご近所の鳥越神社に初詣に行き御神籤購入.....「大吉」!しかも文面中「訴訟勝負事勝利也」ほほぉ....ニヤリ。ついでに元日早々だというのにゲンを担いで「かつ丼」を食す(笑)。

 通常愛馬としている大江戸線に乗り11時過ぎに国立競技場へ到着。もう開門時刻をとっくに過ぎている為、ホーム側の千駄ヶ谷門から余裕で入場。入場口直後に日本代表の新ユニフォームを売っているブースを発見。.....なんで青があんなに少ないの?とがっかり。

 「東京とコム」さんがものごっつ見やすい席を確保してくれていた!ほんと調布方面には今後足を向けて寝ない事にします。本当に感謝。
 ちなみに「東京とコム」さんは大晦日から寝袋持参で並んでいたのである。あんた漢や....。

 とりあえず持ってきた日本酒紙パック「鬼ころし」なんぞで新年のご挨拶兼プレ祝勝会している時に件の前髪くんからメール....ちと期待していた「元日国立での平山復活」が無い事を知る。返信で「コムさんと酒盛り中」って送ったら(怒)マーク付きでもう一回帰ってきた(汗)。

 試合開始前、相変わらず相手チームや相手サポにリスペクトが足りないFC東京コアサポ。
 まず中央のコルリが「皆さん、今日勝ったらどうなるか判りますか?」の問いかけに「1億円!1億円!」のコールが(苦笑)。チャントの新曲はマルモリの替え唄で「♪元旦・国立・勝ったらアジア 青青・赤赤 勝ったら~1億え~ん♪」と身も蓋もない奴を披露。
 さらに「さぁ京都さんもご一緒に」というコルリの声から「J1なんてらららーららららーら」(吉田拓郎の替え唄)を散々繰り返し、試合を前にしFC東京サポに構ってられない京都サポのノリが悪いとみるや「俺たちJ1」コール、そして「お前らJ2」コール.....orz。....ほんと品がないなぁ。これで眉顰めたり「ばっかじゃないの」と言うと更に調子に乗るんでスルー。自分たちが楽しくやる分には文句ないけど相手チームを巻き込んじゃ駄目だと思うな。もうちょっとスマートな洒落にして欲しいものです。
 ちなみにビール売りのお姉ちゃんから聞いた話によると京都側ゴール裏は試合前からサポが真面目でビールを購入してくれないとボヤいておりました。
 さらにちなみにコムさんから「鳥脳さん、もしかしてビール売りのお姉ちゃん(好みのタイプを)選んでます?」と聞かれたのは内緒の方向で(その通りですが)。

 さてさてやっとこさ試合。
 FC東京はもうこれでもかっちゅういつも通りの布陣。ルーカス1トップで、3シャドー的に谷澤・羽生・石川。ダブルボランチは梶山・高橋。最終ラインは左から椋原・今野・森重・徳永。GKは体調不良が伝えられる権田。
 京都サンガFCは準決勝で貰った警告の為にCB秋本さんが出場停止。玉突き事故のようにサイドの安藤さんがCBに、ボランチの加藤さんがサイドへと配置。

 試合開始。
 今シーズン3度目の対決となるJ2同士の決勝はほぼ互角の内容から始まった。FC東京は高い位置から猛然と飛ばしてきてルーカス・石川なんかがシュートを撃つ。京都サンガもショートパスをつなぎ相手の裏を突こうとする。お互いの攻めをキチンと貫いた印象。
 リーグ戦の2試合はどちらもFC東京の圧勝(スコア的にみればの話だけど)だったし、今日の出来からすればFC東京の勝利は盤石!.....と思いきや前半13分、徳永がいったんカットした筈のボールが京都サンガに渡りそのまま中山さんがGKを交わしてゴール。FC東京のポッカリ開いたミスを見逃さなかった京都が先制。
 こりゃちとヤバイ?....と思う暇もなく今度はセットプレーからFC東京の今野が頭で決める。早い時間で京都に追いついたのはもの凄く大きかったと思う。これ以降若干ペースはFC東京よりに推移。これは試合序盤では京都の前目からのプレスに容易に上がれなかったFC東京の両サイドバックが位置修正が大きかったんじゃなかろうか。

 前半36分、少し距離のある位置で貰ったFKを森重が豪快に決める。そこまで難しいキャッチではなかったと思うんだけど京都GKの水谷さんがああも反応できなかったってのは、森重のFKが無回転でブレてから落ちたのか、スカパーの秋田の解説通り、水谷さんが中長距離系のシュートセーブに難があるのかのどっちかでしょうね。

 前半42分、GKのフィードを高橋が競り合いに勝ち弾き返したボールにルーカスが反応してあっさりとゴール。京都サンガの高めのDFラインが思いっきり裏目に。
 前半終了間際の石川のポスト(クロスバー?)を叩いたのが決まっていたら完全に試合は東京のもんでしたなぁ。

 後半も京都サンガは攻め方を変えずショートパス主体で裏を狙う戦い方。しかし個々の能力が高いFC東京がきっちりと守備ブロックを作り守りきり、攻める時は1トップのルーカスにいったん預けて攻めきる。
 66分には左サイドを駆け上がった椋原から見事なグラウンダーのパスがルーカスに通り、GKをかわして角度のない位置からきっちり決めて3点差。
 71分に話題の高校生久保くんにセットプレーから決められるもそのまましのぎ切りFC東京が天皇杯の初優勝を決めると共に、2012シーズンのACLの出場権を得たのであった。
 あとは短評で。

※FC東京が「東京の10番は♪」と謳う変態眉毛こと梶山はあまり目立たず....いや悪い方に充分に目立つ。不用意なボールロストが多く京都攻撃の起点と化した印象。攻めでの印象も「ナイス・スルー!」と思ったスルーのシーンしか残っていない。2012シーズンはポポヴィッチがFC東京の監督になるのだけれど、梶山にどう化学変化が起きるか楽しみである。
※鳥脳的にこの試合のMVPに押したいのが同じくボランチの高橋。この子はこの1年でえらく成長した印象。以前トリニータの森島が「高橋くんは凄い」って言っており、あのデカモリシと競り合いで圧勝してたもんなぁ。実は年末に小平に行って(今野のサインが欲しかったのじゃよ)時、お知り合いと会話している高橋くんが「あまり相手に凄ぇって人はいなかったけど清武は凄かった」と言ってたのが印象的。
※交替で出場したセザーにがっかり、怪我前は日本のサッカーに慣れてきたしやり方が判ってきたよなぁと安心してたのだが、怪我明け後はすっかり初期化された感じ。
※京都サンガFCは序盤のぎくしゃくしてたサッカーから、しっかりと京都スタイルとでもいうべきスタイルを確立した印象。さすが大木さんとしか。この若い面子でこの経験を積んだという事は来期のJ2の有力候補だよなぁ。
※試合終了後、準優勝という口惜しい結果にも関わらず、しっかりした態度を貫きFC東京側まで挨拶に来た京都サンガFCの選手は好印象。あんだけ試合前に弄っていた東京ゴール裏もちゃんと「京都コール」を実行。
※記事途中でも「相手にリスペクトがないFC東京サポ」と書いたけど、やっぱりもう少し内容は考えて欲しいなぁ....ゴール裏で凧揚げ(お正月だから?)はまだ許せるにしても、ああいった大会でオランダ妻の人形振り回すのなんかはねぇ...。しつこいけどもうちょっと洒落た笑いを追求して欲しいなぁ。よくFC東京サポさんが「○○サポは最悪」って話を聞くけど、他サポからみたら似たようなもんですよ、全く(笑)。
 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FC東京2011
タグ:
京都サンガFC
FC東京
FC東京サポの笑いの方向性は嫌いではないが時たま行き過ぎの感が....。

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメントありがとうございます

ひさしぶりにコメントに対してレスを付けるのでやり方を忘れてました(笑)

>青赤さん
 いつもブログを楽しみにしております。
 個人的に聞いてて情けないチャントは....まぁ味があるもんだと思ってます。ただ相手チームではなく相手サポを煽るような奴は個人的にどうだかなぁと常々思いますね。
 まぁあれがFC東京サポらしさと言われると「まぁそうかな」と思ってしまうのも悪いんですが。

>あ さん
 はじめまして。
 浦和サポさんとの事ですか.....FC東京とは相容れないでしょうね。スタイルの違いって奴。
 今シーズンはお互いチームのお偉いさんが謝らないで済むような対戦にしたいですねぇ。

>よしし さん
 はじめまして。
 年月は人を変えるのですよ(嘘)
 愛人への気持ちですが、自分らが楽しんでなおかつ洒落っけのあるチャントは決して嫌いではありません。東京もんらしい応援だと思うのですが、相手を蔑むとかチームでなく相手サポを貶めるのは嫌いですね。
 あと眉唾は使用法を誤解なさっているのではないでしょうか....随分と裏読みしようと努力したんですけど(笑)

>前髪はん
 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します。

やっぱり他者へのリスペクトが足りないFC東京ゴール裏【天皇杯決勝:FC東京vs京都サンガFC】

悪の中枢東京ゴール裏の住人こと前髪です。
明けましておめでとうございます。

上司のパワハラのおかげで国立には行けませんでした。
…なので、あの日あの時あの場所にいることが出来た全ての人たちを羨ましく思っていました。

決勝から数日後、録画を眺めましたが、まぁなんつーか…
珍しくカッコ悪いことしてるなぁと思いました。まず粋じゃない。
相手や周りに'愉しさ'が伝わらないと、ユーモアにはならないわけですよね。
東京のアレは、内輪で盛り上がっている単なる悪ふざけ、だと思いました。
大会へのリスペクトに欠けた振る舞いに、東京サポのワタクシですが、正直がっかりしましたし。
今シーズン、いろいろと痛い目に遭うかもしれませんね。

やっぱり他者へのリスペクトが足りないFC東京ゴール裏【天皇杯決勝:FC東京vs京都サンガFC】

はじめまして。
トリニータの降格前後の日記を他サポながら
涙目で読ませていただいた者です。
FC東京に浮気されていたんですね^^

そんな鳥脳さんに真面目に質問させてください。
ぶっちゃけFC東京の応援についていかがお考えですか?
あれはあれでウィットがあるからいい、とお考えなのか
ちょっと眉唾ものだとお考えなのか。
鳥脳さんの愛人へのお考えを教えていただけたらありがたいです。

やっぱり他者へのリスペクトが足りないFC東京ゴール裏【天皇杯決勝:FC東京vs京都サンガFC】

初コメ&通りすがりです。

「元旦・国立・勝ったらアジア 青青・赤赤 勝ったら~1億え~ん♪」

・・・全く(笑)

最後、F東サポらしいわw(アンチ浦和の某サイトにいるR刑事がでてくる・・・)

ちなみに、私は浦和サポです(誰も聞いてない)

こんな記事も読みたい

SUPPORTER'S YEAR 12 ~天皇杯とソノはレンタル?~【主婦の目線でフロンターレ♪】

2011アビスパ回顧。【■booby論■】

【2011~2012シーズンJリーグ・選手・監督・海外日本人選手移籍情報ウワサほんと・その57】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

今野泰幸について【Football Odyssey スポナビ分室】

第91回天皇杯決勝  京都サンガFCvsFC東京【球マニアのBLOG】

組織、個人、戦術、全てで京都を上回って、FC東京が快勝と言える勝利を見せた。【FC東京vs京都サンガ】【FCKSA66】

下克上ACL参戦決定!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

天皇杯制覇!【Football Odyssey スポナビ分室】

ブロガープロフィール

profile-iconlovetrinita

※すみません...すみません...期間限定で復活します。

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』
前俊だけは諦めない!
座右の銘は「棚からぼた餅」
好きな草花は「ムラサキツユクサ」
合言葉は「お気楽極楽」
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:2957014

(08月03日現在)

関連サイト:生温かい眼

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 他サポが書くアウェイで味スタを訪れる他サポ向けの記事
  2. 生眼的日本代表練習試合:vsザンビア:【期間限定:鳥脳まつり】
  3. さようなら、スポナビ+! ありがとう、スポナビ+
  4. やっぱり他者へのリスペクトが足りないFC東京ゴール裏【天皇杯決勝:FC東京vs京都サンガFC】
  5. 蝗のロックンロール 【J1第2節:FC東京vs名古屋グランパス】
  6. テレ朝角澤アナにサッカー愛はあるのか
  7. ニータン....【トリニータ公式マスコット登場】
  8. 生眼的日本代表練習試合:vsコスタリカ:【期間限定:鳥脳まつり】
  9. 言い訳と心優しい鹿島サポーターへの質問
  10. グルメスタジアム再訪【J1第18節:FC東京vs鹿島アントラーズ】

月別アーカイブ

2014
06
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2005
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss