名相撲つれづれ草

千秋楽に向けての心づもり

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の14日目。

稀勢の里は、昨日の相撲で大胸筋断裂かと疑われるような怪我をしながら、横綱の責任感からか土俵に上がった。

田子の浦親方とも相当相談しただろうし、その上で、照ノ富士を振り切り、優勝できるという公算があるから出場という決断をしたのだろう。

だが、結果を見ると、照ノ富士は筆者が想像(琴奨菊が変化して勝つ)していたのとは逆で(立会い待ったの所為もあると思うが)彼自身が注文相撲で勝ち(解説の尾車親方もボヤいてました)、稀勢の里にプレッシャーをかけた。 琴奨菊は大関復帰はかなわなかった。

稀勢の里は得意の左がやはり使えず、右で張り差しにいくも、鶴竜に読まれていたようで、双差しで一気に寄り切られた。

視聴者として、一番想定の範囲内の結果である。

結果として、照ノ富士1敗、稀勢の里2敗で千秋楽を迎えることになった。

筆者は、出ると決心した以上は、稀勢の里の症状を悪化させないために、1敗同士、ないし2敗同士で対戦して欲しかった。 その上で、稀勢の里が相星以上で迎えた場合の優勝確率3割、劣勢(つまり今回のケース)で迎えた場合の優勝確率は1割と今日の稀勢の里の出場が決定した時点で考えていた。

もうここまで来ると、優勝決定戦が見たいという俗人的な野暮やエゴではなく、稀勢の里が優勝するにせよ、しないにせよ、今後の相撲人生を考え、本割1番で決まって欲しかったのである。

こうなってしまった以上は、本割で稀勢の里がお客さんを楽しませる相撲をとってくれることを期待する。

今日の鶴竜戦を見る限り、勝率は1割程度と考えるが「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した」なんて展開は期待しない。 彼は貴乃花とは違って、1差で千秋楽を追っている上、まだ、他の箇所にまで痛みを抱えている満身創痍の身ではなく、まだ3~4年は第一線で綱相撲を取れると考えているからだ。 間違っても、平成27年秋場所で、稀勢の里が照ノ富士を壊した時のような、逆な展開にはなって欲しくない。

その上で、コアな相撲ファンとして、いい見応えのある横綱相撲をとってくれる力士の生命を短くしたくはない。

このような気持ちで見守っているのは筆者だけではないだろう。

何にせよ、明日の千秋楽も、ああやっぱり14日目から休場してればよかったのにという残念論に帰結することなく、北の富士さんも舞の海さんをも唸らせる心躍る展開になって欲しいものである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【名相撲つれづれ草】
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リナレスvsクローラ〜見せろ!Bサイドの矜持〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

負けた~【no title】

ヘビー級に恵みの穀雨は降るのか?②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconlovesumoetc

東京西部に住む男性です。
相撲をはじめとして、サッカー、メジャーリーグ等が好きです。

場所があったら、何回かは発信していこうと思いますので、宜しくおねがいします。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:66772

(05月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 稀勢の里の劇的2回目の優勝を契機に、ここ10年の感動的な優勝決定の瞬間を振り返る
  2. 少し早いが稀勢の里の今後と初場所総括
  3. 稀勢の里の横綱昇進と横綱としてのスタイル
  4. 横綱土俵入りを経て感じること
  5. 横綱昇進が決定的になって
  6. 2017年春場所の展望
  7. 千秋楽に向けての心づもり
  8. 荒れない春場所~無事是名馬稀勢の里の独走でフィナーレを迎えるのか~ ⇒一転して荒れそうな春場所

月別アーカイブ

2017
05
03
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss