ラグビーファン歴30数年のモヤモヤブログ

サンウルブズ入りを代表入りの条件にするから話がおかしくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

マフィは来季もレベルズだそうだ。 来季はサンウルブズに来てくれることを期待していたのは私だけではないだろうが、残念な結果となった。 でんちゃんは、「まぁ、いい選択なのでは。」と言っていた。 そう、アナマキ・レレイ・マフィという類まれなる才能を持つラガーマンにとって、これは良い選択であると私も思うし、そうなって欲しいと願う。

「サンウルブズに入らない奴は代表に呼ばない」みたいなことを、日本のディレクターオブラグビーが言い出したのが、そもそものボタンのかけ違いの始まりなのである。

私はラグビーファンとして、個人的には、サンウルブズを日本代表に近いメンバーで構成して、両方を強化していくという考え方は素晴らしいと思う。

多くの有望選手がこぞって海外に移籍してしまい、代表に召集してもチームとしての体を成すことなく、有名選手が増えているにもかかわらず、いつまでたっても世界ランク40~50位あたりをウロウロしている日本サッカー界の現状と比較するに、この考え方は決して間違っていないと思う。

ただし、それは、サンウルブズが安定航行可能な”良船”であれば、の話である。

誤解を恐れずにハッキリ言わせてもらえば、

今のサンウルブズは泥船以外のなにものでもない

と思う。

ブルーズ戦は仕事の都合で行かれなかったのだが、とても良い試合をしてくれたようである。 昨年を上回る2勝目を、しかもニュージーランドのチームから上げた価値は大きいだろう。 今後も大いに期待したい。

期待したいが、しかし現実を冷静に直視すれば、やはりサンウルブズは泥船以外のなにものでもない。 残念ながら。

ブルーズ戦の勝利は素晴らしかった。 しかし、ラグビーという過酷なスポーツを、あの炎天下で行うというのは異常であるし、どんなに贔屓目にみても、あの天候が勝敗を大きく左右させたことは否定できない。

しかも、あの時間に、あの場所で開催した理由が、

秩父宮のナイター設備が、スーパーラグビーの基準を満たしていなかった 探したけど、他の会場が取れなかった

というものであった。

世界最高峰のプロリーグのチームが言う言葉であろうか?

サンウルブズの観客動員数は確実に減ってきている。 昨年は17000人くらいは入っていたのに、今年は12000人くらい? ただでさえ、ホームゲームの半分近くを海外であるシンガポールで開催せねばならないという、経営的にはとんでもない負荷をかけられての運営である。 素人の私でも、これではおそらく選手にまともな報酬を支払うことは不可能であろうと分かる。 そこにもってきて、トップリーグやテストマッチにも出場する選手たちにかかる負担→けが人続出。 選手を休ませるために、より多くの選手を支配下に置いて出場させることによる試合内容の劣化と、それにも関わらずの人件費の増大。

それなのに、相も変わらずの、お粗末なチーム運営が続く。 経営者目線で見れば、ハッキリ言って倒産寸前の超危険企業です。

来季はオーストラリアカンファレンスに入るそうなので、選手の移動時間などは大幅に短縮されるであろうが、そのオーストラリアカンファレンスからは1チームが追い出されることになっており、そこに2勝(通算3勝)しかしていないサンウルブズが入る。 こんな状態がいつまでも続けば、次はサンウルブズが退場を迫られる事態も、絶対にないとは言えない。 なのに、マフィには、今年もやっぱりフラれてしまった(泣)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

女子の15人制をナメていた・・・。【前田壮一のスポーツ日記】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-24【Dream Rider  西山淳哉】

U17日本代表遠征直前合宿メンバー【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconlove_rugby

ラグビーがズッと大好きなオッサンのブログです。
  • 昨日のページビュー:222
  • 累計のページビュー:225704

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 田村優選手の現状が日本ラグビー界の現状か?
  2. 薫田氏の発言に異議あり!
  3. サンウルブズに”プロ”を名乗る資格なし!
  4. ヤマハのスクラムって反則じゃないの!?
  5. ラグビー人気はなぜ上がらないのか?
  6. 帝京8連覇!ってホントにいいの?
  7. マイケル・リーチとヘンドリック・ツイ
  8. ”キックを多用する戦術”は本当にやめるべきか?
  9. 代表=サンウルブズは良いけれど・・・
  10. 田村兄弟から始まるラグビー界再編に期待する

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss