サッカーをぼそぼそつぶやく

<鹿島>川崎戦の感想 ~ツキもなかった~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふう・・・。まあこんな日もあるか。川崎戦の率直な感想を書きます。全部結果論ですけどね。

この試合、いつもの布陣ではなくアツタカがトップに入りました。

ペドロが怪我していて、土居が最近イマイチなので、こういうことになったのかな。自分も今日の試合前にはとても期待していました。

……が、この試合はボールキープ力の高い川崎相手に、ラインが下がって押し込めない状態が続いていました。

なので、この試合に限っては裏が狙えてチェイスが速い、そしてボールが運べる土居(やペドロ)の方が良かったかもしれません。

アツタカは基本、落としやクセのあるドリブルが得意な選手なので、う~ん、トップはよっぽど押し込める相手の方が良かったかもしれませんね。

あと山本のパフォーマンスは少し心配です。もっとベストなときは左からもだいぶ起点になって、仕掛けもあったんですが、最近は少し疲労ですかね…。

そしてこの試合は正直、前半からもうフロンターレのペースだったので前半から交代カードを切っても良かったと思います。

川崎が3バックだったので、3バック相手に2トップのプレスが有効にかけられず、エデュアルド・ネット含め4人でビルドアップしてくる川崎に対し、常に数的不利で自由にビルドアップさせてしまいました。

システムによる相性的な問題もありましたね。

川崎の生命線は余裕のあるビルドアップなんで、あの展開だったら川崎の3バックに3枚はりついて、ネット、大島にマンマーク気味についてもっと強気にいっても良かったかもしれません。

そして相手を食いつかせて裏をとる川崎のパスワークに、正直になりすぎました。

川崎は必ずクサビを入れたら、追い越していく選手がいて、CBがこれにつきすぎてしまうと、裏を取るという戦術をとっていました。(逆にこれを鹿島がやりたいところでしたが)

理想は、川崎のビルドアップに対し圧力をかけてそもそも余裕を持って縦パスを出させない→クサビを入れられても前プレスである程度コースを予測しているので後ろの選手がすぐ寄せる。→川崎の追い越していく選手を逆手にとってカウンター。・・・っていうのが出来ればいいなぁと試合中考えながら見ていましたが、あまりできませんでしたね…。

川崎は逆に小林より家長が出てきたほうが鹿島としては、嫌だった気がします。

あとは1対1の局面で負けすぎましたかね。

1対1になったときに、勝負が出来る川崎の選手と、パスワークで崩すしかない鹿島の選手では間延びしたときにどうしても、差が出てしまうんです。カイオやペドロがいるときは勝負出来るんですが…

川崎がどういう練習しているかわかりませんが、鹿島ももっと攻守において個々のレベルを上げるために、1対1を伸ばす練習をした方がいいかもしれませんね。追い詰められたときにはがすフェイントを持ってるか持ってないかではだいぶ選手としての幅も変わると思うので。

そしてフロンターレのパスワークやパフォーマンスが本当良かったので、鹿島もこの試合、負けたからしょうがないとしないで、川崎の戦術、プレーを何度も見て、鹿島に足りないもの、学ぶべきこと、参考に出来ることはあると思うので、そこは謙虚にチームに取り入れていって欲しいです。

特にフロンターレの崩しは、選手間の距離が近く、フォロー&追い越し、ドリブルを組み合わせたレベルの高いものです。

また練習から、パス精度、ドリブル精度、連携、ディフェンスのレベルを上げて、またいつかフロンターレにリベンジしましょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

<鹿島>川崎戦の感想 ~ツキもなかった~

コメントありがとうございます。

いつもであれば鹿島の2トップが、2枚連動しながらチェイスをかけ、縦に入ったところでレオや永木がインターセプトするという形が鹿島の特徴です。

ですが、この試合は中村のチェイスと連動が甘く、金崎一人が動き回っている状態でした。
なのでセカンドボールもほぼ金崎一人で拾おうとしていたので、起点がほとんど作れませんでした。

これはワントップ気味にするデメリットだと思います。

なのでどうせなら3シャドーで川崎のビルドアップに蓋をして余裕を消し、川崎の両ウイングはサイドバックで勝負させた方が良かったんじゃないかと思ってます。
それか土居を投入して、いつもの形に戻すべきでした。

ご指摘の通り、川崎は4バックだということで、記事の誤りとなってしまいましたが
試合を局所的に見る限り、川崎はビルドアップ時に3バックというか、後ろ3枚+アンカー1枚という形が基本だと思います。
純粋な4バックではなく、変則、可変システムといえると思います。

大岩さんは後ろをいじりましたが、基本3バックはハーフナー対策をした神戸戦のように、高さ対策、守り切るときに5バック気味に使うのが効果的じゃないかと思います。

レアル戦含め昨年の快進撃も、前で取るという一貫した攻撃的守備が、鹿島のショートカウンターを最大限生かしていました。

これで大岩体制になって初黒星となってしまいましたが、攻守において連携面はまだまだ改善の余地があるということです。

またこれを糧にして良いチームにしていって欲しいです。

<鹿島>川崎戦の感想 ~ツキもなかった~

えーっと。
川崎は4バックです。

基本位置は右からエウソン・奈良・谷口・車屋の4バックで、攻撃時は、両サイドの車屋・エウソンが上がって、ネットが奈良・谷口のフォローに入り3バックのように見えますが、ネットの役割は一応、アンカーです。
鹿島のボランチが引き気味で、上がってくる川崎のサイドバック2人をあわせてケアするので、川崎はいつも以上にボランチの2人(ネット・大島)が縦の位置取りをして、くさびを打ちやすく工夫していました。
この2人のどちらかが攻撃に参加して、鹿島のエリア内に突っ込んでくるので、鹿島の4バックが非常に不安定だった。
鹿島の監督はこれを嫌って、後半は3バックにして中央突破をケアしたのですが、今度は川崎のウィング2人に良いようにスペースを使われました。

こんな記事も読みたい

【鹿島】 vs 川崎。大敗だが、流れを変えられる選手はいた【常勝紅鹿】

【広島】仙台戦直前にちょっとだけ。【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

《セレッソ》雰囲気に呑まれましたね【南大阪に吹くマリンの風】

【鹿島】 vs 神戸。Jリーグチャンピオンの底力【常勝紅鹿】

見事な逆転勝利で首位浮上。 鹿島 2-1 神戸【二つの歓喜をもう一度!】

【鹿島】 vs 仙台。霧、霧、霧。勝ってよかった【常勝紅鹿】

久々に霧にやられた試合でした。 鹿島 2-0 仙台【二つの歓喜をもう一度!】

“強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記【Memories of the game】

ブロガープロフィール

profile-iconlove-soccer-kas

Jでは鹿島を応援しています。海外ではスペインやブラジルが好きです。文章が至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:109375

(12月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金崎夢生あっての石井サッカーとタイトル
  2. 鹿島。世紀の1戦とJリーグ優勝、そして来季への期待
  3. 過去をあえて振り返る ~今と黄金期を比較~ 
  4. {鹿島}最終決戦の磐田戦に臨むチームにシーズン最後のメッセージ
  5. 2017 新シーズンへ鹿戦士。チームへのメッセージ① ~若手編~
  6. 神戸戦。またもホームで惨敗…敗因を分析
  7. (鹿島)ぶっちゃけ川崎の方が強いが、その差をどう埋めるか
  8. 課題は連動と距離感。基礎レベルの底上げ
  9. <鹿島>川崎戦の感想 ~ツキもなかった~
  10. プロとはチームとは、そして学ばねばいけないことは

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss