サッカーをぼそぼそつぶやく

神戸戦。またもホームで惨敗…敗因を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸戦の敗因はいくつか挙げられる。

植田の欠場、遠藤、レオの負傷交代、立ち上がりの失点、不運、ACLでの疲労……

様々な不運が重なったともいえる敗戦だったが、負けは負け。またホームで黒星を献上してしまった。

ただこれら全てが無かったとしても果たして勝てていただろうか?

……勝っていたかもしれない、ただジュビロ戦のように負けていたかもしれない。

そう。今のホームでは圧倒的に”安心感”が足りないのだ。

今回、敗戦したのも優勝するために、必ず通らなければいけない道だとしたら、この敗戦からも何かを学ばなければいけないだろう。

今年はホームでことごとく勝てていないが、それには個人的にもっと根本的な原因があると思っている。

そのわけは意外と簡単。

”相手が引いて、自分たちが前に出るから”

近代サッカーの試合というのは、二つに分けられる。”攻める方”と”守る方”。

もっとわかりやすく言い方を変えれば、”組み立てる方”と”カウンター”をする方という構図になる。

今のレッズの得意分野は前者であり、鹿島の得意分野は明らかに後者なのだ。

ところがホームゲームの場合、サッカーのモラルとして全てのチームが前者の選択を迫られる。

それは、ホームに集まってくれた観客のために魅力のあるゲームを届けるためだ。

鹿島の場合、アウェイゲームではある程度前に出てきてくれる相手チームのおかげで”前から取る守備”がハマり空いたスペースをつけるから、多少攻撃のクオリティが低くてもなんとかゴールをもぎ取れる。

ただ、ホームゲームではそうはいかない。相手がべったり引いてくるから、狭いエリアで的確なプレーをしなければいけないから、一つ一つのプレーに質の高さが要求されるようになる。

そのため石井戦術のカナメである”前から速く”という戦術自体が意味をなさなくなってしまうのだ。

ただ運よく先制点をとれた場合は、相手も出てこざるを得ないから勝率は高くなる。

最悪なのがこの試合のように先制点を取られた場合。

相手はべったりと引いて守備に専念できる反面、こちらはリスクをかけなければいけない。

結果的に今日のような結果になり、”ホームゲームでは勝てない。でも押してた”というゲームで負けてしまうのだ。

この問題を解決するには、二つの方法があると思う。

一つはストレートな解決法。もう一つは変則的な解決法だ。

ストレートな方法では、とにかく組み立て、連携、技術を磨くこと。

現代サッカーでは、ある程度相手ブロックを崩す連動法というのはロジックになっている。いわゆるおとりの動きや、トライアングル、ダイアゴナルランなどのことだ。

それを”個人”ではなく”チーム”として出来たならば、チーム力というのは格段に向上する。そこを上達させることだ。

そしてもうひとつサッカーのお約束。引いた相手には「ミドルシュート」「サイドアタック」「ドリブル突破」そして「セットプレー」が有効だということ。

この試合でもゴールシーンは、サイドから生まれている。それもレアンドロが中に絞ったおかげでマークがつかずフリーで打てたから得点になったのだ。これもおとり、ダイアゴナル、サイドアタックといった「相手を崩す」要素が重なった結果なのだ。

サイドアタックが功を奏してきたら、ターゲットマンを決めるのも戦術としてわかりやすい。現にサガンの豊田、セレッソの山村などがそうで、戦術に迷いがなくなる上に、周りのアタッカーたちもそれで活きてくる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジェフ千葉の守備を考える。【東京ドームに計画停電を!】

継続と変化【サンチェ体操が出来ました!】

【鹿島】 vs 神戸。こういう日もある…【常勝紅鹿】

VS神戸 1-2 ●【鹿浜応援blog】

レオシルバを無視したJリーグの調査の仕方には、到底納得できない【情熱を真紅の鹿と共に】

【鹿島】罵倒か差別か、ではなく【常勝紅鹿】

なんとか予選を首位通過。広州に前回の借りを返しに行こう。 鹿島 2-1 ムアントン【二つの歓喜をもう一度!】

VSムアントン 2-1 ○【鹿浜応援blog】

ブロガープロフィール

profile-iconlove-soccer-kas

Jでは鹿島を応援しています。海外ではスペインやブラジルが好きです。文章が至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:1760
  • 累計のページビュー:81400

(05月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金崎夢生あっての石井サッカーとタイトル
  2. 鹿島。世紀の1戦とJリーグ優勝、そして来季への期待
  3. 過去をあえて振り返る ~今と黄金期を比較~ 
  4. 2017 新シーズンへ鹿戦士。チームへのメッセージ① ~若手編~
  5. プロとはチームとは、そして学ばねばいけないことは
  6. 課題は連動と距離感。基礎レベルの底上げ
  7. スンテルサール本領発揮!新加入選手の活かし方とプランBの必要性は?
  8. 神戸戦。またもホームで惨敗…敗因を分析
  9. 岳が成功するために必要なことは
  10. ここ数試合の感想と不満

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss