Lock-on Giants

ジャイアンツ日報【10月26日】 Gグラブ受賞の本領発揮!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TV情報
熱ケツ情報(11月2日7:40頃~・土曜日・日テレ系)


次戦の試合中継
BS     :NHKBS1 18:15~21:50(試合終了まで放送)
地上波:テレ朝系 18:30~20:58(試合終了まで放送)


試合情報
・一軍
○巨人2―0楽天

日本シリーズ初戦、則本の調子もよかったですが、手堅く奪ったリードを投手陣で守り切るという今年を象徴するような勝ち方で先勝しました。則本も非常にいい投球でしたが、結果的に勝ちつつ124球を投げさせて降ろしたというのは大きい。中4日で31日に登板するであろうことを考えると、次回登板への布石にもなったかと思います(巨人打線にも嫌なイメージは残ったでしょうが)。

亀井の堅守は後で触れるとして、ロペスの判断もよかったですよね。嶋のバスターの場面、坂本の一歩間違えれば危ない送球でしたが、きっちり前に出て捕球し素早く三塁へ。次の塁を狙った松井を刺すビッグプレーになりました。もし進塁せず、あのまま無死一二塁ならば岡島の左飛が犠飛になっていた可能性もあるわけで(でも生還は厳しいかな?)、そういう意味でも素晴らしい好判断だったと思います。


・フェニックス
●巨人0―12ソフトバンク




今日のトピック(数字は便宜上のものです。何らかの優先順位というものはないので悪しからず)
1.堅守に先制のお膳立て、CSから持続した亀井
2.6被安打も失点ゼロ!内海粘りの投球で白星
3.ピンチを招くも最後はゼロに抑える継投
4.「らしい」ヒットで先制点もぎ取った長野
5.「らしい」右方向への一発、追加点アーチの村田



1.堅守に先制のお膳立て、CSから持続した亀井
内海・村田・長野…攻守にたくさんの活躍がありましたが、今日の試合は何といっても亀井じゃないでしょうか。初打席も則本がはじめてのセットポジションだったとはいえ、きっちりボールを見て出塁。そして第2打席には高めのボールを逆らわずに左中間へ落とす。これが先制点へのおぜん立てとなり、CSでのいい流れが持続しているんじゃないかと十分に感じさせる内容でした。

しかし今日の亀井は何といっても守備。まずは5回裏・二死二塁の場面、岡島の打球はフラフラと上がった打球なのでポテンヒットかなと感じましたが、ちょうど前進しており無難にキャッチ。ベンチの指示もあるかもしれませんが、ポジショニングが光りましたね。

そしてあの8回の場面。打たれた瞬間、フェンス直撃は覚悟したんですが、フェンスに当たる寸前にここしかないというジャンプで好捕。抜けていれば同点の場面だっただけに最高のプレーでした。思い返せば亀井もゴールデングラブ賞の受賞者、名手の本領発揮というプレーになりました。


2.6被安打も失点ゼロ!内海粘りの投球で白星
上手いピッチングでした。初回以外は毎回ランナーを出す投球ながらも、長打を警戒し、ピンチでは必ず打ち取り…結局楽天打線に捉えどころを渡さない。素晴らしいピッチングだったと思います。

2四球にしてもジョーンズ・マギーに対して勝負を焦らない結果のものですし、6安打にしても全てがコースヒットか内野安打単打や四球はよしとして、低めにボールを集めてゴロを量産していく。振り返ってみれば今日も内海らしい投球だったんですね。


3.ピンチを招くも最後はゼロに抑える継投
結果論を言えば、勝ちパターン3人が初戦に投げられたのは大きかったんじゃないでしょうか。6回を内海が投げ切ってあとは継投で…と思ったんですが、少し捕まりかけましたね。登板間隔の空きや初戦の気負いがあったのかなと窺わせる投球でした。

7回のマシソン、カナダ出身だから寒さでも大丈夫だろうと思っていましたが、いきなり先頭に四球。バントで進めて一死二塁となりますが、結局その後は前に飛ばされずにゼロで切り抜けるんですから大したものです。8回の山口、ポンポンと2人は斬りましたが、その後が不安定でしたね。登板間隔が空くとよくない傾向があるので、その辺りが影響したでしょうか。9回の西村、嶋に落ちなかったフォークが後の打者にはかなり落ちてましたね。最後は抜かれかけましたが、エラーした寺内の汚名返上でした。

個別に触れましたが、結局は短期決戦、ランナーは出してもゼロに抑えるという結果が一番大事なので、3人ともよくやってくれました。ただ、一つ心配なのが投球数。マシソン26球、山口25球、西村26球と、非常に多めですから明日は余程の展開じゃないと使いにくいかもしれませんねえ…


4.「らしい」ヒットで先制点もぎ取った長野
ここからは攻撃陣を。まずは先制の長野ですよね。5回の一死一三塁、橋本のゴロが相手のファインプレーで阻まれただけに、流れが向こうに行きかねない形でしたが、長野らしい捌きで一二塁間を破るヒット。

調子の悪い時にはあのバッティングがほとんど空振りになってましたが、終盤尻上がりに調子を上げてきたことを象徴するかのようなヒット。そういう意味でも感慨深い一打でしたね。


5.「らしい」右方向への一発、追加点アーチの村田
そしてホームランの村田。前の阿部が完璧な攻めでやられていただけに大きい一発でしたね。少し不用意な入りかなという気もしましたが、捉えた当たりは右方向へグングン伸びてスタンドへ。村田らしい右方向への一発は、貴重な貴重な追加点だけでなく、前の打席での好機凡退を取り返す雪辱の一打となりました。




次戦の予告先発
巨人:菅野
楽天:田中



以上、お読みいただき有難うございました(今日もあとがきみたいなものはなしです)。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツ日報【2013年】
タグ:
坂本勇人
ホセ・ロペス
村田修一
橋本到
長野久義
寺内崇幸
西村健太朗
山口鉄也
スコット・マシソン
内海哲也
亀井善行
ジャイアンツ日報
巨人

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジャビット 様へ

ジャビット 様、いつもコメント有難うございます。

>優勝するための勝ち方ができているような気がしますね

ですね。シーズン中によくある勝ち方ができたというのは、どうしてもいつもとは違ってくるシリーズの舞台で相当にいいことだと思います。

>楽天1番バッター岡島は初球ブンブン振っているのに対し、巨人の1番バッター長野は、超がつくほど積極性のバッターですが何球か投げさせていた

そうですね。初回に長野が1・2球目を見送るのを見て、シリーズ用になってるなと思いましたが、その姿勢は狙い球を絞るという点でも、球数を投げさせるという点でも非常にいい影響が出ましたよね。

>楽天の先頭バッターがどういう対応をしてくるかも今後に影響がありそうです

ですね。そして楽天は1・2・3番バッターが左並び。左が比較的苦手な菅野がどう対応するのかも注目ですし、初回が結構見逃せないんじゃないかと思ってます。

>逆に田中は初球の被打率が高いので一回からそれを狙いにいくか見極めるかも無敗の男に勝つためには重要な気がします

長野は相性いいんですよね。今年の先頭打者本塁打もそうですが、去年も先頭三塁打放ってますし。そこを加味してどういう作戦を取るかも注目ですね。



是非またお寄りください。
今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いします。

nwawwf 様へ

nwawwf 様、いつもコメント有難うございます。

>緩急がないのです。比較ですと、岸が何で嫌かというと、あの大きなカーブがあるからです。

確かに。則本はほとんどカーブを使ってませんでしたよね(由伸の時に数球?)。ほぼスライダーとフォークみたいな感じで。

>則本には空振りの三振が多かったのですが、殆どの打者がフルスイングしている。凡退する原因は則本のスピードが打者のスイングを上回っているからです、ほぼ。

そういう意味では後で仰ってたように次に対戦する時にいい布石を残しましたよね。何せ120球投げさせて中4日ですから。

>彼は被本塁打って多いタイプではないですか?ポカもある投手でしょ?間違っていたらゴメンなさい(笑。

被本塁打はパ3位の14本らしいですね。ただ、それよりも「ポカもある」こちらの方が大きそうな選手だと感じます。

すぽるとで引退した石井一久が「阿部の三振で自分に酔って、村田にホームラン打たれた」みたいなことを言ってましたが、あれで一つ思い出した場面があるんですよね。オリックス戦で、則本が完投ペースの9回に乱れてサヨナラを食らった試合があったんですが(※1)、あの時も一死満塁でT-岡田を三振に取ってあと一人というところで高橋信二にサヨナラ打を打たれる、という展開。たまたま高橋がヒーローだったので覚えていたんですが、今思い返せばあの場面もポカというか、気の緩みもあったのではないかなと感じましたね。

>そういう意味で今日の田中との対戦が楽しみ。バロメーターにもなる。

ですね。広いKスタでどういう形で対峙していくのか楽しみです。

>慎之助も三振が多かったですが、シーズン中よりフルスイングしている。振れるという事自体シーズンでは影を潜めていましたから。

ですね。5回の打席の1球目のファールも久々というと失礼かもしれませんが、最近は見なかった気持ちのいいスイングでのファールでしたし、休めたのがよかったかなとは感じますね。

>作戦面は僕は苦手なので割愛しますが、1戦目を見た感想は「体調面で、うまく調整してきたな」という印象を持ちました。経験なのでしょうか?個々の意識の高さでしょうか?

報知で面白い話がありましたよね。村田の話ですが、肌にホットクリームを塗り込んだ上に汗で発熱するアンダーウェアを着こむ(※2)。そうすると寒さをそれほど気にせずに動けるんだそうです。

ただ着込むだけじゃなく化学反応でも防寒するのかと唸らされました。去年の阿部は「日本の医学ってスゴイ」と言ってましたが、今年はさしずめ「日本の科学ってスゴイ」というところでしょうか(笑)



是非またお寄りください。
今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いします。

(※1)http://www.sanspo.com/baseball/news/20130628/gol13062822140002-n1.html
(※2)http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20131027-OHT1T00023.htm

ジャイアンツ日報【10月26日】 Gグラブ受賞の本領発揮!

亀井シリーズ男へ名乗りをあげた気がしますね
長野が技ありの先制ヒット、4番の村田がHR打ちましたし、打つべき人が打ちつつ、主軸ではない亀井が攻守で光るプレー
投手陣も、内海はらしさの出た粘りのピッチングそれ以降の投手も間が空いたのと緊張感から少し球数使いましたが、初戦で出て無失点で切り抜けたのは今後に良いでしょうね
優勝するための勝ち方ができているような気がしますね

昨日の試合で両チーム真逆のことがあったので述べさせてもらいます
(長ったらしい読みにくい文章ですいません)
昨日の両チームの1番バッターを見た時に巨人勝ったなと感じる部分がありました
楽天1番バッター岡島は初球ブンブン振っているのに対し、巨人の1番バッター長野は、超がつくほど積極性のバッターですが何球か投げさせていた
野村克也氏の言葉を使うならば、楽天の先頭バッターは積極性の履き違えだったのかなと思いました
両チームの先発は則本は巨人に対して初対戦、内海は楽天に対しては良い印象を持っている投手
球数を投げさせるという単純なことだけでなくその日の球の見極めも1番バッターの重要な仕事だと思うので、そこから流れは作られたような気がします
その後、巨人にツキがあったプレーの数々が生まれた気がしますね。

2戦目は田中と菅野
楽天の先頭バッターがどういう対応をしてくるかも今後に影響がありそうです
逆に田中は初球の被打率が高いので一回からそれを狙いにいくか見極めるかも無敗の男に勝つためには重要な気がします

今日無敗の男を倒せられれば、勝てば間違いなく優勝確率がグンと上がり、4連勝もあり得ますから楽しみですね

長文失礼しました。

ジャイアンツ日報【10月26日】 Gグラブ受賞の本領発揮!

僕は結構、大人数の方と1戦目を見てたのですが、その方達は楽天応援の人が多く、「巨人は打てない」「則本は素晴らしい」と口々に言っていました。雰囲気的には「内海は大したことない」や負けても「後ろ3枚も思ったほどでもない」と感想を述べていましたね、お酒は入っていましたが(笑。
僕の感想としては、守備に関する事は管理人さんと同じで、ロペスも亀井に関しても、データとツキ?にも助けられたと思いました。
ブログの中の意見に同意です。

気がついた事は、個々のコンディションについてです。
前に西武の岸にやられたシリーズがありましたよね?
則本は球は速いし、落ちる球もあるし、スライダーも素晴らしい。しかし、僕は何か楽観してました「勝てるよな」と。なぜか?…
緩急がないのです。比較ですと、岸が何で嫌かというと、あの大きなカーブがあるからです。
高低と緩急が打つ方にとったら、とても邪魔。
何か迷ってしまい、スイングも中途半端になって、打たされることも多い。自分のスイングが出来ず、凡打を重ねるだけ。
則本には空振りの三振が多かったのですが、殆どの打者がフルスイングしている。凡退する原因は則本のスピードが打者のスイングを上回っているからです、ほぼ。
言い換えれば力でねじ伏せられているだけ。
巨人の打者の体調面って悪くないと思いましたよ。鋭さはある、シーズン中以上に。
余り試合から離れているという印象は受けなかった。
僕は打者はかなり疲労が取れていると感じたし、しっかりスイング出来ていると感じました。
次、則本と対戦する時は、かなり打てると思いますね。
セットでの癖や、明らか減速する直球なども。球筋もわかるわけで。
彼は被本塁打って多いタイプではないですか?ポカもある投手でしょ?間違っていたらゴメンなさい(笑。
楽観もしてませんが、悲観する内容ではないですよ。
巨人打者は調子悪くないです。
そういう意味で今日の田中との対戦が楽しみ。バロメーターにもなる。
制球力がある投手なので則本とは本質的に違いますが、現段階のスピードだけだったら、則本のが上ではないですか?田中を見たら、凄いとは思うでしょうが、ことスピードだけとったら則本のが上だと感じると思いますね。
慎之助も三振が多かったですが、シーズン中よりフルスイングしている。振れるという事自体シーズンでは影を潜めていましたから。
坂本にも言えます。体調面が最悪の時よりも戻っている。休養によってか、ここに体調を合わせる事ができたのか…。
投手も軒並み、肩が軽い感じ。制球はバラバラでしたが(笑。
作戦面は僕は苦手なので割愛しますが、1戦目を見た感想は「体調面で
、うまく調整してきたな」という印象を持ちました。
経験なのでしょうか?個々の意識の高さでしょうか?

こんな記事も読みたい

【楽天vs巨人 日本シリーズ第1戦】勝ったけど、則本が想像以上に良かった件【孤独のプロ野球】

日シリ・明日のポイント「逆シリーズ男」【これからの「鷲」の話をしよう】

楽天 頂点へ 第1試合【イーグルスの果てなき夢へ】

亀井がジャイアンツを救ってくれた【NO NAME】

10/26 巨人 2-0 楽天 → まずは1勝!6安打無失点 対 4安打2得点【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

守備的布陣【アバウトG、アバウト・・・】

ジャイアンツ日記:ジャイアンツ大事な大事な初戦を勝つ!【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

守り勝って先勝!【行け!読売巨人軍】

ブロガープロフィール

profile-iconlockon0921

  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:3626048

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 対大竹のプロテクトリストを作ってみよう
  2. セリーグ開幕スタメン&ローテ予想~巨人編
  3. 菅野の契約更改は「不当に高すぎる」のか?
  4. 今年巨人&セリーグで一番投げた投手は誰なのか?~セリーグ編
  5. 2013年のセリーグ順位予想
  6. 「捕手・阿部慎之助」への戦力外通告?―「相川獲得報道」に見る巨人の本気度
  7. セリーグ開幕スタメン&ローテ予想~阪神タイガース編
  8. 広島ファンでも阪神ファンでもないCS観戦記~前編
  9. セリーグ開幕スタメン&ローテ予想~広島カープ編
  10. 巨人軍歴代ベストナイン・簡易版

月別アーカイブ

2015
10
03
02
2014
11
10
09
07
06
05
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss