2013年10月29日

2013 日本シリーズ第3戦

戦いの場を敵地東京ドームに移しての日本シリーズ第3戦。
打線と継投がうまくかみ合い、連勝することが出来ました。

試合前驚いたのは、センターに牧田を起用したことでした。まさに短期決戦という感じですね。枡田は、DHがないことと調子の悪さから今日は外れるだろうと思っていましたが、聖澤まで外すとは思いませんでした。左の杉内先発で、ドームでは過去に2HR7打点を打ったこともある相性の良さを買ったのかもしれません。
AJも来日初のレフトでの先発。まぁ、これは前日の情報や、銀次レフトを考えた場合、これは想定できました。現状での一番良い打線の組み方だったと思います。

そして試合はというと、まず打線が立ち上がり不安定な杉内をとらえました。そのきっかけを作ったのは牧田のセンター前ヒット。星野監督の采配が見事当たりました。その後満塁となり、藤田・銀次タイムリーで一挙4点。1・2戦でもヒットは出ていてバットは振れていましたから、やっと結果が出てくれたなという感じですかね。よかったよかった。まぁ、その後追加点がなかなか取れないあたりも、らしいっちゃらしいですが(笑)

投手陣については、まず先発の美馬。カーブを効果的に使っていましたね。途中、負傷降板こそしましたがナイスピッチングでした!CSファイナルの美馬がそのまま投げてくれましたね。
嶋の話では、巨人が横(スライダー、シュート中心)のイメージを持っているだろうから、縦の変化を使おうとしたみたいですね。ブルペンでもカーブがよかったそうですし、配球も良かったと思います。
その後を継いだレイも素晴らしかった。矢野にソロは打たれましたが、あれだけ投げてくれた上での1失点なら上出来です。こちらもCSからの状態を維持できていました。明日は登板しないと思いますが、今の中継ぎ陣では頼もしい存在です。打席でも打ちそうな雰囲気が漂っていたんですけど、さすがに投打のヒーローとはいきませんでしたね。
最後は齋藤隆。いうことないですね。田中が登板するということがなければ、最後を任せることになるので頑張ってください!

さて、2勝1敗と一歩リードです。巨人相手ですから油断はできませんが、多少気持ちに余裕はできたかなと思います。比較的伸び伸びやれている印象を受けましたし、明日以降もこの調子で戦ってほしいですね。
明日の楽天打線の大爆発を祈って。
頑張れ、イーグルス!

コメントする

コメントの投稿方法はこちら

トラックバックURL
トラックバックは「スポーツナビ+」内の記事からのみ受け付けております。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/lightexe/tb_ping/131