Let's Go Pats!

New England Patoriotsファンのブログです

letsgopats

  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:366525
  • (08月18日現在)

最新の記事

WEEK6 TEN@NE感想

いやー朝早起きしてライブで見たかいがありました。出勤前に試合の大勢が決まって欲しいという希望もばっちりでした。遅くなりましたが以下感想です。 1)パスオフェンス復活? 雪の中、ゲームのような得点でしたが、これだけでブレイディを含めてパスオフェンスが完全に復調というにはまだ早いかもしれません。けが人続出のタイタンズのセカンダリーは明らかに経験不足でしたし、おそらくあの雪の中早々に闘争心を失って......続きを読む»

WEEK6 TEN@NE予想

WEEK6は開幕5連敗と予想外に低迷するテネシー・タイタンズをジレットスタジアムに迎えます。バイウィーク明けの日程を考えるとそれまでのTENとTBには必ず勝っておきたいところです。それでは試合前にいくつか思うところを。 1)VS テネシーディフェンス タイタンズはここまでパス守備がリーグ31位と低迷してます。ただしラン守備は8位と好成績です。一方パッツはパス攻撃6位、ラン攻撃20位ですので、......続きを読む»

WEEK 5 NE@DEN感想

うーん、残念な試合でした。十分勝てたはずでしたが・・・。私はGAME PASSの録画で見ていたのですが、JETS狂の宴さんのところにも書いているように、録画の残り時間で展開が読めてしまって少しがっかりでした。仕事が一段落したら、やっぱり無理して深夜の生中継を見ようかなー。 では感想を手短に。 1)トム・ブレイディはいつ完全に戻るか? この試合も時折彼らしさは見せるものの、完全に昔の彼には戻......続きを読む»

大ベテラン、ジュニア・セアウ復帰?

各種報道によるとパッツがLBジュニア・セアウのワークアウトを行う(行った?)ようです。毎年恒例となった感のあるセアウの復帰ですが、LBの薄い層を考えるとありうる選択肢でしょう。ただ正直なところどれだけ戦力になるかは?です。去年も戦力としては大きなプラスにならなかったと思いますし・・・。ただロッカールームでの存在感は抜群なので、デプスを厚くするという点と合わせてとる価値は十分あると思います。話題にもな......続きを読む»

WEEK4 BAL@NE感想

相手のミスや微妙な判定にも助けられて何とか勝ちました。 以下個人的な感想を列挙します。 1)DLの活躍 サック数は2つだけでしたが、常に相手QBジョー・フラッコにプレッシャーをかけられていたと思います。一番の勝因でしょう。また成長したメリウェザー、リー・ボッデンなどDB陣の活躍も見逃せません。 2)トム・ブレイディは上昇気流 いまだブレイディらしくないシーンが残りますが、試合勘は大......続きを読む»

ランディ・モスは怠け者?

Boston.comでCBSスポーツのすごい記事が紹介されてました。 主旨は、「モスはアトランタ戦でブロッキングや自分がターゲットじゃないときのルートランニングをサボっていたけしからんやつだ。」というものです。 これにはビックリしました。私が見る限りアトランタ戦でモスは背中の痛みをこらえてよくがんばっていたように見えましたが・・・・。 記事にはCBSスポーツではモスの全プレーを解析......続きを読む»

WEEK3 ATL@NE感想

昨夜、Game Passの録画を見終わりました。 私が思ってたのとは違う展開でしたが、快勝でした。 個人的な感想を列挙します。 1)ブレイディの試合勘は回復途中? ギャロウェイをはじめとするレシーバー陣のドロップも多々ありましたが、ブレイディの投げミスもたくさんありました。今回はOLががんばってよくプロテクトされていたので、やはりまだ試合勘という意味では回復途中なんだと思います。この試合......続きを読む»

WEEK3 ATL@NE予想

WEEK3はフォックスボロに好調アトランタ・ファルコンズを迎えます。 個人的なこの試合の焦点は 1)マット・ライアンにプレッシャーをかけられるか? 2年目のジンクスもなんのその、ライアンは今季も好調です。ここ2試合パッツは相手QBにプレッシャーをかけられていませんが、この試合ではぜひがんばってほしいです。 2)TEトニー・ゴンザレス対策 正直今のパッツのLB陣ではゴンザレスを止める......続きを読む»

モスも負傷?

アトランタ戦を前にウェルカーに加えてモスまでが負傷者リストに載ってしまいました。 Questionableというランク付けでこれだと試合出場の可能性は50%という定義です。 ウェルカーについてはベリチックが試合当日の様子で決めると報道陣に語ったようですが、モスについては背中のケガということ以外は不明です。マイク・リースによれば、金曜日に二人ともストレッチには参加したがチームドリルには参加しなかっ......続きを読む»

遅くなりましたがジェッツ戦感想

先週末に突然、インターネットエクスプローラーでネットが見れなくなり、ファイヤーフォックスでもGame Passの動画が見れなかったのですが、エクスプローラーのツールバーを全部無効にしたら直りました。ここ最近新たに追加したのはなかったはずなのですが、不思議です。というわけで情報を遮断してジェッツ戦の録画をようやく見終えました。幸か不幸か日本ではNFLの情報遮断は容易なので助かりました。 で結果で......続きを読む»

盛り上がってきたライバル対決NE@Jets

boston.comによると試合前のいわゆるトラッシュ・トークが盛り上がっています。 まずジェッツのSケリー・ローデスが「パッツにはただ勝つんじゃなくて、恥をかかせてやるくらい打ちのめしてやる」と言いました。 いつものようにパッツの選手たちはあまり反応していませんが、引退したSロドニー・ハリソンが代わりに反撃しました。 ハリソン曰く「ケリー・ローデスはタフな選手じゃない。やつがタッ......続きを読む»

ブレイディ賛歌

パッツファンにはうれしい記事をSI.comのピーター・キングが書いています。元記事はこちら。 24-11で負けているときのハドルでのブレイディのセリフを取り上げた記事です。 そのセリフは「さあしっかり前を向いていこう!俺たちは2ミニッツウォーニングの前に得点し、すぐにボールを取り戻し、そしてまた得点してこの試合に勝つんだ!」というものです。 この記事を読むとブレイディの復帰が純粋な戦力面だ......続きを読む»

WEEK1 BUF@NE感想

シーズン初戦の感想をかきます。 1)ブレイディの出来 最後の2ドライブの集中力はさすがでした。ただ私が見た限りでは2回ほどケガしてた左足に十分体重がのってないと思う場面がありました。実況では私の思ったのと違うシーンをケガの影響として説明してたので、専門家が見れば崩れたフォームはもっと多かったかもしれません。ただ今回は受け手のドロップも多かったことを思うと、長いブランクからの復帰戦と思えば十分......続きを読む»

千両役者が帰ってきた! WEEK1 BUF@NE速報

千両役者が帰ってきました! ビルズのミスにも助けられ、トム・ブレイディがまた4thクォーターの逆転劇をやってくれました。長いブランクがあってもここ一番の集中力はさすがです。不満点満載のゲームでしたが、細かい感想はまた別に書くとして、とりあえず今は素直に勝利を喜びたいです。 BUF24-25NE ...続きを読む»

WEEK1 BUF@NE展望

とうとう本格的にシーズンが始まりました。ブロンコスvsベンガルズなどドラマいっぱいの開幕だったようです。パッツはマンデーナイトですので一日遅れての開幕。個人的な注目点を書きます。 1)QBトム・ブレイディの出来 この試合最大の注目は復帰したトム・ブレイディがどこまで元の状態に回復しているかでしょう。ただしプレシーズンを見た限りではすでに元のブレイディに戻っているように思えます。後は本気のパス......続きを読む»

プレシーズン感想3

4)セカンダリーは今年も苦戦? プレシーズンを全試合を見たわけではありませんが、私が見た限り、今年もセカンダリーは悩みの種になりそうな気がします。リー・ボッデン、ショーン・スプリングスはあまり見れてないのですが、まあある程度やってくれるとして、DB陣では他のメンバーはちょっと不安です。ジョナサン・ウィルハイトはダメなシーンしか記憶に残っておらず、新人ダリウス・バトラーも所詮はやはり新人という出来で......続きを読む»

プレシーズン感想2

シーモアのトレード騒動で書いてませんでした、プレシーズンの感想の続きを。 3)TEはどうしたかったのか? 今年はTEにタンパベイからアレックス・スミス、ジェッツよりクリス・ベーカーを補強しました。ベーカーはいいとして、アレックス・スミス(5巡指名と交換)はカット、さらに開幕直前になってデイビッド・トーマスをトレードに出しジャイアンツからマイケル・マシューズを獲得しました。Boston.com......続きを読む»

サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!

前回「このプレシーズンの最大の驚きはQBケビン・オコネルのカットでした。」と書いたばかりなのに、そんなのとは3ケタくらい違うビッグニュースが出てきました。 パッツのスーパースターDLリチャード・シーモアがオークランド・レイダーズにトレードされました。代償は2011年(再来年!)の1巡指名権です。 理由については「今年が契約最終年で延長はしないから売れるうちに売る」とか「もう衰えが見え初めて、......続きを読む»

プレシーズン感想1

ようやく少し時間ができたので、ここまでのプレシーズンの感想を書きたいと思います。 1)QBの状況 このプレシーズンの最大の驚きはQBケビン・オコネルのカットでした。なんといっても2008年3巡指名です。見限るには少し早すぎるような気がしました。最初このニュースを聞いたとき、トム・ブレイディの肩(レッドスキンズ戦で負傷)が実はかなり悪くて、スターターをしばらく任せられるベテランQBをとりにいく......続きを読む»

7巡指名WRジュリアン・エーデルマンは掘り出し物?

遅くなってもうプレシーズン2戦目が始まってしまいますが、プレシーズン初戦で印象的だった新人エーデルマンについて書きます。 当初エーデルマンはWRかRBとして育てるとベリチックは言っていたようですが、一部ではパッツにおけるワイルドキャット要員ではないかと見られていました。パッツ版ワイルドキャット要員として期待する人も多かったようですが、個人的にはロスター残留は難しいのではと考えていました。しかし......続きを読む»

He is Back!!

9月はじめに日本へ帰ることになったのに、直前に夏休みを2週間以上とるというアメリカ人的な行動をとったため、その後仕事がたまりにたまり、忙しくて更新できませんでした。今も大忙しですが、ようやくプレシーズンマッチが始まったので何とかたとえ少しでも更新していきたいと思います。 さて今日の話題はもちろんプレシーズン初戦に関してです。ただ前半しか見なかったので今日はトム・ブレイディに関することだけ。 ......続きを読む»

レッドソックス vs ペイトリオッツ

かなり前に、NHLのブルーインズとNBAのセルティックスが立て続けにプレーオフで負けたときに、地元のメトロ紙にボストンのスポーツについて面白い記事があったので紹介します。 (以下引用) ブルーインズとセルティックスのシーズンは終わったが、それがどうした。 ここはボストン、1000のチームと2341回の優勝を誇る街だ(ただしどちらの数字も大雑把な見積もり値だけど)。 来シーズンまでは屋外ス......続きを読む»

パッツの歴史その4――最悪のHC――

チーム創設50周年を記念して、これまでパッツお笑いの歴史としていくつかの昔のエピソードを書いてきましたが、色々探しているうちに、笑えない悲惨な話がいくつも見つかったので、今後は「パッツの歴史」シリーズとして続けて行きたいと思います。 「お笑い」がとれた歴史シリーズのオープニングは、パッツ歴代HCの中で、一番悲惨ではないかと私が考えるクライブ・ラッシュの話です。 クライブ・ラッシュは196......続きを読む»

いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか

少し時機を逸した感もありますが、実はこれは先日のboston.comのある記事の題です。 現オーナー、ボブ・クラフトがチームを買う際にまずスタジアムとその周辺の土地を買ったことは色んな本にも取り上げられていることですが、実はクラフトはまず、スタジアム周辺の土地の購入権を買って様子を見ていたそうです。その後チーム創設者であるサリバン家はチームを売ってしまいましたが、この際スタジアムはサリバン家所......続きを読む»

パッツの新人は優等生ぞろい

bosoton.comよるとドラフト指名選手を対象とした新人研修シンポジウムが6月28日から7月1日までフロリダで行われていたようです。その最後に、シンポジウムでの講義内容やNFLのトリビアに関する簡単なテストのようなものがあり、そのチーム成績でパッツの新人たちが1位を獲得したようです。 ちなみにこの記事によると、今年のワンダーリックテストでのパッツの最高点はDTダリル・リチャードの37点でしたの......続きを読む»

番外編;レッドソックス、大逆転負け

昨日、ボストン・レッドソックスはボルティモア・オリオールズに10-1のリードから7回、8回にそれぞれ5点ずつ取られて結局10-11で負けるという、とてつもない大逆転劇を喫しました。ここはアメフトのブログですが、とても悔しかったので、番外編として思うところをエントリーにします。 私が思うにこのゲームの一番のポイントは9-1でリードしていた5回表のあと、雨のため中断があり、先発のJ・スモルツ投手の......続きを読む»

2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター

先日、オフィシャルサイトでOLセバスチャン・ボルマーの紹介記事がアップされていました。 今日の題はこの記事中の一節を使いました。つまりカレッジ時代、バイトでコーチの子供のベビーシッターをしていたというものです。確かにベビーシッターとしては世界一大きかったかもしれません・・・。 さてボルマーのあだ名はシーバスですが、たしかBoston Heraldによると、シーバスのように獰猛にアタックするか......続きを読む»

パッツの買い叩きオファー

先日、カウボーイズからカットされたDE/OLBグレッグ・エリスがオークランドと契約しましたが、Dallas Newsによると3年10ミリオン(うち5ミリオン保証)の契約だったそうです。ちなみに同紙によるとパッツからのオファーは1年1.5ミリオンだったそうです。 1年1.5ミリオンだったら是非来て欲しいところでしたが、さすがに今回は「スーパーボウルに出れるかも」というアピールポイントも通用しませ......続きを読む»

マイク・ブレイベル、ベリチックのいぬ間に洗濯?

オフシーズンで話題が乏しい上に、仕事が忙しくなり、更新をサボっていました。 この間それなりに色んなことがあったんですが、個人的に一番気になったことだけ書きます。 Kansas City StarによるとチーフスへトレードされたLBマイク・ブレイベルが自主参加のOTAを全部欠席した後、参加義務のOTAには参加した模様です。ブレイベルは、自主参加のOTAを欠席したことについてCBAに書かれている選手......続きを読む»

義務的OTA;NTビンス・ウィルフォークは参加したが・・・

各種報道によると、契約再構築を求めてここまでのOTAを休んでいたNTビンス・ウィルフォークが、参加が義務となっている水曜日のOTAに出席したそうです。 契約には依然変化がないようですが、感情的なわだかまりはないみたいで、とりあえず、パッツファンとしては一安心というところです。 しかしその一方で、boston.comによると、DE タイ・ウォーレン、DL ジャービス・グリーン、LB ジェロッド......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 8 10 11 12 13

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  6. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  7. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  8. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  9. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

このブログを検索

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss