Let's Go Pats!

New England Patoriotsファンのブログです

letsgopats

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:366453
  • (06月26日現在)

最新の記事

2010年 WEEK7 NE vs SD 試合前

WEEK7はアウェイでのサンディエゴ戦です。すっきり勝って去年のアウェイ地獄と完全に決別したいところです。 1)なぜこのチームが2勝4敗? チャージャーズは攻撃獲得ヤードがリーグ1位、パスヤードが1位、守備では被獲得ヤードがリーグ1位、被パスヤードが1位、被ランヤードが6位、サック数がここまで21個で2位とすごい成績ですが、それが勝ちにつながっていません。一つはスペシャルチームがビッグプレー......続きを読む»

2010年 WEEK6 NE vs BAL 感想

遅くなってしまいましたが、レイブンズ戦追加の感想です。 1)やればできる?ディフェンス トータルで見れば、反則も多かったし、相手QBジョー・フラッコに77%ものパスを成功させられたしで手放しでほめられる出来ではなかったでしょう。しかし第4クォーターからの大事な場面でディフェンスが踏ん張ったことが大きな勝因の一つだと思います。次のチャージャーズもパスの得意なチームですので、若いディフェンス陣が......続きを読む»

2010年 WEEK6 NE vs BAL 感想速報版

なんとか勝ちました。この試合で昨年のポストシーズンでの惨敗のリベンジができるかどうかは今後もパッツが強豪チームとしてやっていけるかの一つの試金石だと思っていましたので非常にうれしいです。何よりこれで昨年の惨敗を忘れることができます。しかも途中モタモタしたものの最後はディフェンスが踏ん張っての勝利ということで喜びもひとしおです。第4クォーターに追いついての逆転勝ちも久しぶりな気がしますし、来週アウェイ......続きを読む»

モスがブレイディに「その女の子見たいな髪を切れ!」と言ったって???

あまりにばかばかしいネタなので無視するつもりでしたが、ちょっとゴシップ誌みたいな記事を書きたいモードに入ってしまったので書きます。 報道によると(ネタの発信源はCBS Sports?)、モスのトレード前にロッカールームでモスとブレイディが激しい口論をしたとのことでした。かなりひどい口論で、チームメートが間に入って引き離さなければならなかったと言います。その際、モスの日ごろの行動に不満を持ってい......続きを読む»

WRディオン・ブランチ復帰

もうニュースとはいえませんが、各種報道によるとパッツはシアトルから元パッツのディオン・ブランチをトレードで獲得しました。 まあブランチの獲得自体はいいのですが、ちょっと手際が悪すぎる気がします。 なによりも気に入らないのは代償が来年の4巡指名権だったことです。トレード前の時点で来年の指名権は1~4巡までそれぞれ2個ずつあったので4巡1個出すこと自体は悪くはないと思うのですが、ここ数年膝のケガに悩......続きを読む»

モストレード後日譚   ずっとこんな仲間が欲しかったのに・・・

モスのトレードはその後の報道ではモス+2012年の7巡に対して2011年の3巡が代償ということです。3巡だけでも安いと思ってたのにさらにおまけまで付けていたとは! やっぱりどんなに否定してもロッカールームへの悪影響があったのでしょう。 実際、マイク・リースが「ドルフィンズ戦のハーフタイムにモスとオブライエン(実質のOCとみなされている)の間に激しい口論があった」と選手筋からの情報として述べて......続きを読む»

さらば、ランディ・モス! 私たちは君のプレーを忘れない

今これを書いているのは深夜ですが、今日はなかなか寝付けそうにありません(涙)。 パッツはWRランディ・モスのバイキングスへのトレードを発表しました。報道によれば来年の3巡指名権との交換です。いくら契約最終年とはいえ、モスの代償としてはあまりに低いと思います。マイク・リースが想像しているように、トレードの理由にはロッカールームでの問題が含まれているのでしょう。内部の事情はうかがい知りえませんがモ......続きを読む»

WRランディ・モス、ミネソタにトレードか?!

ドルフィンズ戦の感想を書こうとしてたら、とんでもないニュースが入ってきました。各種報道によるとパッツとバイキングスがWRランディ・モスのトレードを交渉中だそうです。ある情報によると交渉はかなり煮詰まっており現地時間水曜日にも妥結されそうだとか・・・。(ただ、このトレードはミネソタがモスと契約延長することが前提となっているが、両者はまだその交渉を開始していないという情報もあります) まあベリチック流......続きを読む»

2010年 WEEK4 NE vs MIA 試合前

今シーズンを占う上で重要なアウェイでのドルフィンズ戦です。これを落とすと同地区対戦成績で1勝2敗と負け越す上に、アウェイ2連敗と昨年のアウェイ地獄の悪夢がよみがえります。 1)パッツディフェンス対ドルフィンズオフェンス ブロンコスより移籍したWRブランドン・マーシャルを今のパッツセカンダリー陣が止められるとは思えません。ある程度の失点は覚悟の上ですが少しでも成長の跡を見せて欲しいです。また最......続きを読む»

OLクイン・オジナカをカット、RBトーマス・クレイトンと契約

パッツは今シーズントレードで取ったばかりのOLクイン・オジナカをカットして、ブラウンズのプラクティススカッドにいたRBトーマス・クレイトンと契約しました。クレイトンはプレシーズンではパッツにいましたがアクティブロスターに残れずブラウンズに移っていました。フレッド・テーラーが練習を欠席中ですのでその穴埋めでしょうか? オジナカをファルコンズから獲得した時の代価は公表されていませんが、私が思うに、......続きを読む»

2010年 WEEK3 NE vs BUF 感想その2

1)ディフェンスは相当深刻 これまで若い選手が多くて経験が少ないからと言ってある程度できないのは仕方がないと言われてきましたが、本当にそうでしょうか?一年目の選手はともかく2年目以降の選手でどれだけ成長した選手がいるのでしょう。個人的には若いセカンダリーで成長を実感できるのはSパット・チャンだけです。他は相変わらずカバーできない、プレーを読めない、タックルできないというミスが多すぎます。 象徴的......続きを読む»

2010年 WEEK3 NE vs BUF 感想速報版

結局最後は振り切って勝ちましたが大いに不満の残る試合でした。 その理由は何と言ってもディフェンスです。 ランは24キャリーで134ヤード(平均5.6ヤード!)走られ、パスでは20/28 (成功率71%!)の240ヤードを稼がれ、結局30点取られました。正直ここまで抑えられないとは思いませんでした。相手QBフィッツパトリックの2つのパスインターセプトがなければどうなっていたかわかりません。 ただ......続きを読む»

2010年 WEEK3 NE vs BUF 試合前

さて今週はビルズをホームに迎え討ちます。ビルズには現在13連勝中ですが、去年は苦戦しました。今年はどうでしょうか?思ってることを少し。 1)ブレイディは輝きを取り戻すか? 思えば去年の開幕戦、ケガ明けで試合勘を欠きながらもなんとか第4クォーターの逆転劇を演出して以来、終盤につよいブレイディらしさを見ていないような気がします。最後までもつれる展開になっても嫌ですが、ブレイディにはさすがというプ......続きを読む»

ベリチックの守備は終わった?

Cold, Hard Football Facts.comにケリー・バーンの書いた面白い記事がありました。マイク・リース曰く「ベリチックが守備の天才というのは神話」という内容です。 記事によるとベリチックが守備の天才と言われたのは1980年代のジャイアンツのDC時代、そして2000年代初頭のパッツ王朝時代です しかし2005年以降、A.J. フィーリー、フィリップ・リバース、チャド・ぺニントン、......続きを読む»

2010年 WEEK2 NE @ NYJ 感想その2

前半終わった時は勝てると思っていましたが、去年おなじみの後半の崩壊が起こってしまい惨敗しました。感想をいくつか。 1) 勝利の方程式崩壊? 今回の敗戦がとりわけ衝撃的だったのは、パッツの2大ストロングポイントとみなされてきたQBとコーチングで負けたことです。パッツがどんなに守備が悪くても、ラン攻撃がしょぼくても、若手に切り替え中であっても「ベリチックとブレイディが率いるチームを倒すのは簡単で......続きを読む»

マローニー放出裏目か?

ジェッツ戦の感想を書こうとしていたらまたまた悲しいニュースです。 Boston.comによると、ジェッツ戦でケガをして、その程度が注目を浴びていたRBケビン・フォークのケガは右ひざのACL断裂とのことです。まだチームからの公式発表がないため確定ではありませんが、この情報通りならシーズンエンドは間違いありません。ジェッツ戦では5キャリー11ヤードに終わったフレッド・テーラーもキャリー数が少ないのは「......続きを読む»

2010年 WEEK2 NE @ NYJ 感想速報版

完敗でした。 一番心配なのはまたも後半ダメダメで逆転されたことです。 これは選手の問題ももちろんありますが、コーチングスタッフの問題も大きいのではないかと危惧します。 つまりOC、DCを共に置いていないパッツの構造的弱点ではないのかという心配です。 OC、DCは肩書きだけの問題で実際はポジションコーチのオブライエンやパトリシアがコーディネーターの役割を果たしているので問題ないという人もいるの......続きを読む»

2010年 WEEK2 NE @ NYJ 展望

開幕2週目にして期待の大一番がやってきました。アウェイですが宿敵をたたいていきなり2差をつけたいところです。 1)パッツオフェンス vs ジェッツディフェンス 開幕戦ジェッツは敗れたとはいえ相変わらずの強烈な守備力を見せつけました。反則で自滅していなかったら結果も変わっていたかもしれません。 一番の注目はモス対リーヴィスと言いたいところですが、やはり一番はパッツOLがブレイディを守れるかと......続きを読む»

トム・ブレディ失言(と私は思う)

トム・ブレイディが「ロードゲームの環境はジレットの友好的な雰囲気とは違う。パッツのファンは、ベンガルズ戦第4クォーター初めに21点差にした時に半分くらいのファンは帰ってしまった。あまりうれしいことじゃないよね。ジェッツのファンならきっと早くスタジアムを去ることなんてしないと思う。彼らは試合中ずっと(応援して)クラウドノイズを出すので我々攻撃陣は意思疎通が問題となるんだ」と言ったことが波紋を引き起こし......続きを読む»

さようなら、マローニー

ちょっと寂しいニュースです。 2006年1巡指名のRBローレンス・マローニーがデンバーへトレードされました。パッツがマローニーと来年の6巡回を出し、代わりに4巡をもらうことになったそうです。(NFL JAPANによるともらうのは5巡とのことですが、ESPN Boston、Boston.comともに4巡としていますのでここでは4巡として書いています) 1巡指名ということで大いなる期待を受けて、......続きを読む»

ランディ・モス乱心?

このビデオではランディ・モスは開幕戦の勝利後のロッカールームでみんなに手拍子を求め、雄たけびを上げています。ここではチームリーダーとして振る舞っています。 ところがこの後の試合後のプレスカンファレンスで14分も自らの契約状況に対する不満を語ったそうです。現時点で契約延長の話がないのは「自分がチームから尊重されていない」からだとしています。開幕戦勝利で盛り上がるチームの士気に水を差す行為です。 ......続きを読む»

OLBマーカス・ミュレルカット!

パッツはOLBミュレルをカットしました。開幕戦で出場停止だったOLクイン・オジナカが復帰するのでロスター枠を空けるために誰か一人カットしなくてはならなかったのですが、まさかOLBを切るとは!  これでパッツのOLBデプスはバンタ=ケイン、ニンコビッチ、カニンガムの3人だけになりました。ローテーションはどうするつもりなのでしょう?それとも誰か取る予定の選手がいるのでしょうか?さすがにDEからコンバー......続きを読む»

2010年 WEEK1 NE vs CIN 感想2

開幕戦の感想続きです。 4)若いセカンダリーはやはり不安も抱える 全般的にセカンダリーはよくやったとは思います。特にSパット・チャンは去年から比べて著しい進歩を遂げていると思います。まだ1試合しか終わっていませんが、チャンに関しては今後非常に楽しみです。 ただ全体的には希望が持てる試合だったのはそうなのですが、ベンガルズが追う展開でパス重視だったとしても相手QBに345ヤードもパスで稼がれ......続きを読む»

2010年 WEEK1 NE vsCIN 感想1

いやー、予想外の快勝でした。印象に残った点をいくつか。 1)復活ウェス・ウェルカー大活躍 先制のTDを含む2TDもすごいですが、個人的に一番うれしかったのは第4クォーターのスコアリングドライブでの2つの3rdダウンコンバージョンを成功させたパスキャッチです。この信頼性が上がれば上がるほど「ランで時間を稼ぐべきところをウェルカーへのショートパスで進みながら時間稼ぎする」という必殺の戦法が可能に......続きを読む»

いよいよ開幕! 2010年 WEEK1 NE vs CIN 予想

さあいよいよ開幕となりました。 開幕戦の予想を簡単に。 1)パッツディフェンス対ベンガルズオフェンス うーん、プレシーズンの出来を見る限り、止められる気がしません。オチョシンコ+TOに若いパッツDB陣がどれだけ耐えられるか。なんとか30点以内には止めて欲しいところですが・・・。 そして貧弱なパスラッシュ陣がどれだけパーマーにプレッシャーをかけられるかも今シーズンを占う注目点の一つですが、......続きを読む»

モス、キャプテン外れる!

Boston.comなどによるとパッツの今年のキャプテンが発表され、それはトム・ブレイディ、ビンス・ウィルフォーク、ケビン・フォーク、ジェロド・メイヨだそうです。ここで注目は2008、2009とキャプテンだったランディ・モスが外されたことです。すでに色んなところで報道されているとおり、モスはパッツから契約延長の話がないことに不満を公に表明しています。ベリチックやブレイディがフォローを入れているようで......続きを読む»

ブレイディ契約延長

各種報道によるとトム・ブレイディが4年72ミリオンで契約延長しました。今年はチームとの不仲など色々言われてましたが、予想通り結局円く収まりました。前のこの記事でも述べましたが、ブレイディがパッツを出るのはベリチックが切るときだけと思われますので、契約がまとまらないことは最初からほとんど可能性がなかったと思います。 ただ一つ今回の契約で心配なことは、サラリーキャップです。もちろん今年はキャップレスイ......続きを読む»

トム・ブレイディは無事

前回のブレイディの交通事故の続報です。 この写真で見る限り結構車はダメージを受けていますが、ブレイディは無事でこの後、午後の練習にもフルパッドで参加したそうです。 きっとシートベルトをちゃんと締めていたのでしょう。それにしても一般人ならいきなり練習とはいかないと思うのですが・・・。やはりNFLの選手はタフです。 当日ジレットスタジアムはボストンのローカルメディアでごった返しており、取材ヘリまで......続きを読む»

QB トム・ブレイディ、交通事故!

各種報道によるとQBトム・ブレイディが交通事故に巻き込まれたようです。 Boston.comなどによると現地時間木曜日の早朝、ボストン市内でブレイディの運転するアウディがバンと衝突したそうです。 どこまで正しいかわからりませんが、ローカルテレビ局によると、目撃者曰く青信号のブレイディの車に対して赤信号のバンが突っ込んできて衝突になったとのこと。ブレイディがかなりのケガをしたみたいだったと言う人も......続きを読む»

2010ドラフト下位指名

ドラフト後、この記事で書いたようにベリチックは今年のドラフトの層の厚さに大満足で、特に下位指名のOLテッド・ラーセン(6巡)と、OLトーマス・ウェルチ(7巡)がこんなに下位で取れたことを喜んでいました。それで個人的にこの2選手に注目していました。結果的に2人ともパッツのロスターには残れなかったのですが、やはりそれなりの選手だったようです。 ラーセンもウェルチもウェーバーにかけられた後、ラーセンはバ......続きを読む»

1 3 5 6 7 8 9 12 13

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  6. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  7. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  8. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  9. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

このブログを検索

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss