Let's Go Pats!

月別アーカイブ :2009年04月

パッツのドラフト詳細(後半)

今回はパッツのドラフト指名の後半です。 3巡; 全体83位:WRブランドン・テイト。能力的には高いといわれているもののケガ(ACL、MCL断裂)と薬物陽性(マリファナ)のためこの順位まで落ちてきました。素行に関してはベリチックが矯正できるとの自信があるのでしょう。ケガは昨年10月のものですので、現在まだリハビリ中です。復帰後どこまで膝の運動能力が回復しているかが1つの焦点です。QBと違って......続きを読む»

パッツのドラフト詳細(前半)

ペイトリオッツは今回のドラフトで12人の選手を指名しました。そのほかに来年のジャグヮーズとタイタンズの2巡指名権を獲得しています。またCBエリス・ホブスをイーグルスにトレードしました。 まず初日のドラフトを振り返りたいと思います。(ちなみに私の予想は全滅でした。ベリチックの行動を予想するなど100年早いということでしょうか。ちなみにパッツブログの老舗Pat’s Lifeさんは1巡指名回避をずばり予......続きを読む»

モックドラフト答え合わせ

いやー、惨敗でした。3勝29敗!それもそのうち2つは前からほとんどのモックドラフトで決定的といわれていた全体1、2位ですので、ほぼ全部はずしたに等しい成績です。やはり素人が予想できるものではありませんでした。結果は悲惨でしたが、この過程は大いに楽しめたので来年もこりずにやってみたいと思います。 さて1巡をざっと見ての個人的な感想は順不同で、 ・今年はWRが言うほどたいしたことがないという前評......続きを読む»

1~3巡までのパッツの指名予想

本題に入る前に、ライオンズとマシュー・スタッフォードの契約がまとまったようです。それにしても41.7ミリオン保証の6年72ミリオンって・・・。 新人の高額契約を抑制するようにしないと、本当にドラフト上位指名は罰ゲームになってしまいます。 さて、本題の方ですが、今回はパッツの指名を上位3巡まで予想してみます。 1巡(全体23位):全体9位へトレードアップしてDEタイソン・ジャクソン ま......続きを読む»

大胆モックドラフト

今回、初めて自分でモックドラフトをやってみました。見ていて楽しくなるようにという希望も込めて大胆なトレードアップも入れて予想してみました。 1.DET:マシュー・スタッフォード(QB/ジョージア大)  いの一番でQBはリスク大と思うのですが、ライオンズはスタッフォードをいたく気に入っているようですので。   2.STL:ジェイソン・スミス(OT/ベイラー大) ユージン・モンローと悩みま......続きを読む»

パッツ、トレードアップを画策中か?

SI.comのピーター・キング氏によるとパッツが1巡(全体23位)と2巡(全体47位)を使って、JACかGBの1巡指名権(各8,9位)へのトレードアップを画策しているとのことです。トレードアップして誰を取りたいのかは定かではないが、キング氏によると、LSUのDEタイソン・ジャクソンではないかとのことです。ジャクソンはここにきて評価急上昇中です。(記者たちが取材過程で各チームの評価をおぼろげながらも知......続きを読む»

ベリチックのドラフト前記者会見

ベリチックがドラフト前の記者会見に応じました。(全文はオフィシャルサイト参照) 以下簡単に個人的に注目した点を列挙します。 ・現在選手の評価はほぼ終えた段階で、ドラフト当日に起こりうるシナリオを考えている。 ・今年のドラフトは上位の指名権をたくさん持っているので、かつてなくフレキシブルに対応できる。 ・今年のドラフトの特徴はポジションごとのトッププレーヤーの評価が定まっていな......続きを読む»

パッツ、お笑いの歴史 その3

1961年、11月3日、ボストンユニバーシティスタジアムで行われたダラステキサンズとの試合は、パッツ主催で始めての全席完売の試合でした。28対21と、パッツ7点リードで迎えた最後のプレーのことです。テキサンズのQBからエンドゾーンのWRに向けてパスが投げられましたが、なんと観客が妨害してインコンプリートとなり、そのまま試合終了になってしまったのでした。 伝説によると、パスを邪魔した男はトレンチ......続きを読む»

マッデン エピソード

ピーター・キング氏のコラムに以下のような逸話が載っていました。 以下引用 1990年のパッカーズ対ライオンズ戦の前に、マッデンクルーザーにのって移動中、あるレストランに立ち寄ったときのこと。 あるパッカーズファンに「どっちが勝つと思うか?」と聞かれたマッデンはパッカーズと答えて丁寧に理由を説明した。その後バスに乗り込もうとしたときに、別のファンが来て同じ質問をすると、マッデンは出身地を聞い......続きを読む»

努力し続けるメイヨ

Boston.comによると昨年のRookie of the Yearジェロッド・メイヨが今オフシーズン、ジレットスタジアムに入り浸りで、ウェイトトレーニングにフィルム解析ばかりの生活を送っているようです。メイヨによると、「去年はプレーブックを完全には自分のものにできてなかった。自分はもっと上達できると思う。今年はインターセプトなどのビッグプレーを多く見せたい」とのこと。 これぞまさにパッツが......続きを読む»

ジョン・マッデン引退

ジョン・マッデン氏(73歳)が、家族との時間をもっと作るため放送界から引退しました。 コーチとして103勝32敗という好成績や解説者としてはもちろん、なによりゲーム(マッデンNFLシリーズ)の顔として広く知られていました。あの解説が聞けないかと思うと残念ですが、長い間お疲れ様でしたと言いたいです。 ところでゲームの方はどうなるんでしょうか?名前はそのままで、解説は別の人の声で収録となるのかな......続きを読む»

パッツ モックドラフト その4

パッツオフィシャルサイトのモックドラフト(1巡予想)のまとめが更新されています。各メディアの専門家27人分の集計です。一番予想が多かったのは、8票を集めたUSCのLBクレイ・マシューズでした次はウェイク・フォレスト大のCBアルフォンソ・スミス(3票)で続きます。 ポジション別ではLBが15人、CBの予想が6人、DLが4人、TEが1人、RBが1人でした。 DLのうち3票はプロではOLBとな......続きを読む»

2009スケジュール発表

パッツの今期のスケジュールが決まりました。 W1 vs BUF W2 @ NY Jets W3 vs ATL W4 vs BAL W5 @DEN W6 vsTEN W7 @TB (in London) W8 bye W9 vs MIA W10 @IND W11 vs NY Jets W12 @NO W13 @MIA W14 vs CAR W15 @......続きを読む»

WRのパスドロップ率

公式の記録ではありませんが、WRのパスドロップも統計の一部として観測されていることがあります。パスドロップは「当然とるべきパスを落とした」という定義ですので、どうしても主観が入ってしまいます。そのためどうしても観察者により数字が異なってしまいますが大体の傾向を知るには面白い指標だと思っています。今回ESPNのティム・グラハムのブログで去年のパッツのパスドロップ数が載っていたので紹介します。 主......続きを読む»

ベリチック自らワークアウトを実施

boston.comによると、ベリチックがメリーランド大学を訪れて、LBモーゼ・フォコウとCBケビン・バーンスのワークアウトを行いました。 2人とも中位から下位指名が予想されるクラスの選手だそうです。 わざわざベリチックがメリーランドまで出向いてチェックするということは、スカウトの中で評価が分かれているからなのでしょうが、ベリチック自身が行かなければならないところにピオリ不在の影響が出て......続きを読む»

パッツはドラフト下手?

boston.comがForbesのドラフトの評価に関する記事を紹介していました。 過去3年間の各チームのドラフト指名選手がロスターに占める割合を計算しランク付けした結果、パッツは5割ちょっとで最下位と言うことになりました。 トップ3はテキサンズ、コルツ、ジャイアンツでした。 ただ、boston.comでも反論してますが、これでドラフトの上手下手を言うのは強引過ぎます。逆にパッツは選手......続きを読む»

ベリチックのカレッジWR観

仕事が忙しくて更新が滞っていました。これからまたがんばって更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。 元記事のリンクも切れてしまったような古い記事ですが、ボストングローブの記者が、「ベリチックはカレッジWRのスカウトはとても難しいと考えているようだ」と書いていました。 難しさの原因を、以下簡単に引用して紹介します。 1)パスカバレッジの違い NFLではレシーバーに対して......続きを読む»

カトラー、ベアーズへ

さっき、カトラーねたのエントリーをアップした後、ネットを見たらびっくりしました。カトラーのベアーズへのトレードがまとまったようです。 ブロンコスの(カトラー+今年の5巡)に対して、ベアーズの(今年の1巡+来年の1巡+今年の3巡+カイル・オートン)だそうです。 カトラーへの評価すごいですね。私ならここまでして欲しいとは思いませんが・・・。 まあ、シカゴはこれで長い間必要としていた、頼れるQB......続きを読む»

カトラーの行き先―――恐るべし、ボストンメディア

どうやらカトラーのトレード交渉が始まったようです。昨日ニュースを見たときは、現地は4月1日だったのでエイプリルフールかと思ったのですが、本当でした。 このニュースを受けて、色んなメディアでカトラートレードの行方を解説していますが、ボストンのWEEI(地方のスポーツラジオ局)のブログでとんでもないおちゃらけ記事を見つけたので一部紹介します。最初は単にリスナーのブログを紹介してるのかと思ったら、どうや......続きを読む»

コンバインでのワンダーリックテストの結果

本題に入る前に、昨日のエイプリルフールのエントリーですが、ささやかな当ブログとしては過去最高の2102アクセスを記録しました。うそネタが一番というのは複雑ですが、これも中田英寿のネームバリューだと思います。引退してすでに3年になろうかというのにやっぱり彼はすごいなというのを再確認しました。これに味をしめて来年の4月1日は「パッツがスカウトしたのはカズ、三浦カズ!」あるいは「パッツ、レッドソックスと提......続きを読む»

仰天!! パッツ、中田英寿に接触?(エイプリルフール)

とんでもないニュースが飛び込んできました。AFP通信によると、パッツが世界戦略の一環として日本マーケットの開拓を考えており、そのため中田英寿氏に接触している模様です。 そもそも、STコーチ出身のベリチックはキッキングゲームの進化に非常に深い関心を持っていました。MLSに来たベッカムが遊びで60ヤードのFGをいとも簡単に決めたというエピソードを聞いて、これを利用する方法はないかと模索していました......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconletsgopats

  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:365439

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  6. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  7. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  8. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  9. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss