Let's Go Pats!

2009-2010シーズン

スーパーボウル後の感想

スーパーボウル後の報道を読んで、興味深かった点についての感想をいくつか。 1)オンサイドキックについて SI.comのピーター・キングによると、セインツはビデオを見て、コルツのレシービングチームの、キッカーからみて右側の前2人が、ボールが蹴られる直前に下がってブロッキングに回る傾向にあると分析しました。それであの後半開始の場面で右に深く蹴るふりをして左にオンサイドキックしたということです。 ......続きを読む»

スーパーボウル感想

試合前に予想記事を書こうと思ってパソコンに向かっては、なんか「どっちのチームも負けるわけにはいかないのか」とブレイディのコメントのようなことを思って、結局書けずにずるずる試合当日まで来てしまいました。まったく自らの心の狭さを嘆くばかりです。でもなんかパスハッピーのチームにタイトル取られるのって複雑なんですよねー。 さてそんな小さいパッツファンの戯言はおいてといて試合の感想ですが、素晴らしい試合でし......続きを読む»

チャンピオンシップゲーム感想

ジェッツVsコルツの試合をGAMEPASSの録画で見ようと思って情報遮断していたつもりが、昼休みに何気なくのぞいたasahi.comのトップニュースに「コルツ、ジェッツを破り・・・」の文字が・・・。まさかスポーツコーナー以外で出てくるとは!不覚でした。それ以降は仕事関連以外のウェブは一切見ないようにしてNFCの方は遮断に成功しました。では遅ればせながら両チャンピオンシップの感想を簡単に。 AF......続きを読む»

ディビジョナルプレーオフ

たまっていたプレーオフの録画をやっと見終わったので新しい記事を書くことができました。 ディビジョナルプレーオフを前にした段階で、NESNの記事に「このプレーオフでパッツファンはどのチームを応援すべきか?」いう記事がありました。それには第8位(一番応援したくない)がコルツ。第7位がジェッツでした。で結果はそのコルツとジェッツが勝ちあがりボストンのファンたちは歯ぎしりしていることでしょう。(ちなみに第......続きを読む»

完敗!!

屈辱的な敗戦でした。あらゆる面で完敗 、グウの音もでません。頼みのブレイディがこの出来では負け惜しみも出てきません(涙)。若い選手たちはこの悔しさを忘れずに来年以降に活かしてほしいです。 幸か不幸かベスト8に残れなかったので、来年のフリーエージェント市場では制限なく選手を獲得できるはずです(キャップレスイヤーの場合)。まあキャップレスだと無制限FAの取得資格が厳しくなるのでどれだけの選手が市場......続きを読む»

ワイルドカードプレーオフBAL@NE予想

いよいよ迫ってきました。レイブンズ戦の予想です パッツディフェンスVsレイブンズオフェンス まず第一の焦点はレイブンズのランを止められるかでしょう。WEEK4の対戦ではレイ・ライスに11キャリーで103ヤードとやられています。もう一人のRBマゲイヒーも調子を上げてきているみたいですので要注意です。一方パッツはケガで欠場していたタイ・ウォーレン、ビンス・ウィルフォークが復帰予定で心強いです。こ......続きを読む»

番記者による紙上トラッシュトーク合戦

ワイルドカードプレーオフを前にしてボストングローブのクリストファー・ガスパーとボルティモア・サンのケビン・ヴァン=ヴォルカーバーグが紙上論争をしています。内容は日本だとちょっと考えにくい位どぎつい感じのトラッシュトークですが、面白かったので紹介します。 テーマは「どちらのチームが判定により多く文句をいうか?」 (以下引用) ヴォルカーバーグ(レイブンズ側) レイブンズファンとしては、今度......続きを読む»

ロッカールームのリーダー

ESPNのチャットでテディ・ブルースキーが「RBローレンス・マローニーは今年のプレーオフには出場しないだろう。RBがボールを持つときにはチーム全体の命運がその手にかかっているんだ。ボールセキュリティの甘い選手は信頼できない」という趣旨のことを言っていました。私はウェルカー抜きの現状ではマローニーも出場させるべきだと思うし、いくらベリチックでもそこまで厳しくはしないと思うのですが・・・。ただ、マローニ......続きを読む»

あえて言おう、「勝つ」であると!

ファーストガンダムのギレン風に言ってみましたが、ちと苦しかったか・・・。レイブンズ戦について、いちパッツファンの偏見をちょっと書いてみます 2007年パーフェクトレギュラーシーズンの時のことです。パッツはWEEK13でボルティモアと対戦し第4クォーター途中まで17-24とリードを許しながら最後残り55秒からの攻撃でブレイディが逆転のTDパスを決めて27-24で勝ちました。 この日は本当に危な......続きを読む»

最悪の最終戦、感想追加

最終戦の感想の追加です。 4)どうするセカンダリー 第1CBと言っていいリー・ボッデンが休養していたとはいえ、またもパッツセカンダリーはダメダメっぷりを見せてしまいました。特に最初に取られたTDパスはレシーバーのジョエル・ドレッセンがワイドオープンで、またアサインメントミスかなと思ってます。一体いつになったらこういう単純なミスがなくなるのでしょう! この試合ダリウス・バトラーが91ヤードの......続きを読む»

ベリチック報道に対しておおいに怒る

先日ブレイディのケガについて肋骨3本の骨折と書きましたが、その大元のソースはCBS Sportsのチャーリー・キャサリーというベリチックとは犬猿の仲の解説者でした。 ですのでベリチックは怒り爆発。曰く「チャーリー・キャサリーより間違うやつはいない。奴がいうことなんて天気予報みたいにあてにならないんだ。奴はうちのチームと全然関係を持っていない。いやゼロ以下だ!何を証拠にそんなこと言ってるんだ。練習に......続きを読む»

WEEK17 NE@HOU 感想

シーズン最終戦でしたが、最悪な一戦となってしまいました。 1)ああ、ウェス・ウェルカー! ウェルカーが第1クォーターに膝のけがで退場しました。タックルというより自分で転んでのケガの上に(つまり打撲とは考えにくい上に)、フィールドを去る前に本人が泣いていたので相当ひどいケガと思いましたが、現在までの報道によるとACLあるいはACL+MCLの断裂とのことです。つまりトム・ブレイディのケガと似たケ......続きを読む»

最終戦のパッツの方針は?

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さて早いものでもうレギュラーシーズン最終戦ですが、すでにプレーオフを決めているパッツがどう戦うかに注目が集まっています。 ケガのビンス・ウィルフォーク、タイ・ウォーレンが休むのはかなり可能性が高いと思っていますが、個人的に注目しているのはブレイディとウェルカーです。もしブレイディのケガが依然として重ければ、ブレイディは1シリーズか......続きを読む»

ファンの助け

まずはこのオフィシャルサイトのリンク先のビデオをご覧ください。 場内を爆笑の渦に巻き込んだモスのマスクをかぶったファンは12歳の少年だったそうです。クリストファー・プライスの記事によると、彼はモスの大ファンだそうで、「モスに言いたいのは、他人の考えることなんて気にしないで、ただ自分のプレーをしてってこと」と言ったとか。現地ではチームの雰囲気を好転させた功労者として絶賛の嵐のみたいです。 この......続きを読む»

WEEK16 JAC@NE 感想

予想以上の完勝で地区優勝を勝ち取りました。それでは簡単に感想を。 1)ブレイディのメインのケガはやはり肋骨か? ブレイディのケガは右指、肋骨、右肩などがリストに挙げられています。この試合の前に、マイク・リースが「ブレイディの主なケガは肋骨である。そのためヒットを受けることを嫌って、周りを見る時間がほんの少し減ってることが不調の原因だと思う」というようなことを言っていました。どうやらこの意見が......続きを読む»

WEEK16 JAC@NE 予想

先日チャージャーズがタイタンズに勝ったためAFC第2シードが決まりました。逆にこれで今日勝てば心おきなく最終週を休めるので頑張って欲しいです。では直前の予想を。 1)パッツディフェンス対ジャグヮーズオフェンス 最大の課題はジャクソンビルのRBモーリス・ジョーンズ=ドゥリューを止められるかどうかです。そのためにはタイ・ウォーレン、ビンス・ウィルフォークの力が必要です。マイク・リースによるとウォ......続きを読む»

RBフレッド・テーラー練習に復帰

各種報道によればケガで10試合欠場中のフレッド・テーラーがようやく練習にフル参加しました。今週のジャクソンビルは彼の古巣ですし、今週復帰の可能性はかなり高そうです。現在パッツのRBではローレンス・マローニーが好調ですが、やはりショートヤーデージでも期待できるテーラーの復帰は大きな戦力アップだと思います。プレーオフに向けて朗報です。 また先週欠場したNTビンス・ウィルフォークとDEタイ・ウォーレンも......続きを読む»

数字のマジック

マイク・リースも自身のブログで驚いていましたが、マイク・サンドのブログによるとパッツは「許したビッグプレーの数」ランキングで堂々第5位でした。ここでいうビッグプレーとは30ヤード以上のパスと20ヤード以上のランプレーを指しています。パッツは許したパスプレー9個、ランプレー8個でした。ちなみにトップはコルツの9個(パス6個、ラン3個)でした。もっとロングパスをポンポン決められている印象がありましたが、......続きを読む»

強きを助け(?)、弱きをくじく

Boston.comのアルバート・ブリーアーが面白い記事を書いていましたので一部紹介します。 ブリーアーによると、パッツは2006年にマイアミに負けて以降、負け越しでシーズンを終えたチームには負けていないとのことです。トム・ブレイディは同地区以外の相手に対しては負け越しチームには負けたことがないそうです。 今年もパッツに勝ったチームは現時点で皆5割以上の勝率だそうです。 つまりパッツの......続きを読む»

WEEK15 NE@BUF 感想

またも後半にグダグダになりましたが、ビルズの反則にも助けられなんとか勝ちました。 それでは簡単に感想を。 1)今オフは必ずビンス・ウィルフォークの契約延長を! この試合、パッツはDLのうちウィルフォーク、タイ・ウォーレンのスターターに加え新人ながら貢献しているマイロン・プライヤーも欠場しました。ウォーレンの代役はマイク・ライトがうまくこなしましたが、ウィルフォークの代役ロン・ブレースはやは......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconletsgopats

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:366350

(04月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  6. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  7. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  8. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  9. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss