Let's Go Pats!

ブレイディがらみでもう1題

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラムズとのプレシーズン3戦目はあまりいい出来じゃなかったみたいですが、まだ映像を見てないので見てから感想を書きたいと思います。

今日はブレイディがらみの話題をもう一つ。

色んな報道でブレイディがジェッツのドキュメンタリー「ハードノック」について聞かれて「ジェッツは嫌い」とコメントしたことが取り上げられ、それにレックス・ライアンやサンチェスがどう反応したということが話題になっているようです。

ただブレイディが「ジェッツは嫌い」という趣旨の発言をするのは毎度のことで、今まで事あるごとに言ってきました。私の記憶に間違いがなければ「ジェッツが負けるのを見るのはいいことだ」とか「ジェッツがAFCチャンピオンシップという舞台で戦ってるのを見るのはつらい」とかあったはずです。これはトラッシュトークというよりは雰囲気作りのためと思われます。おそらくブレイディの頭の中には「レッドソックス vs ヤンキース」のライバル関係があって、それに近い盛り上がりを提供したいと思っているのでしょう。

私の経験した限りレッドソックスファンのアンチヤンキース度は著しいものです。「私の好きなチームはレッドソックスとヤンキースに勝ったチームです」とかcoke(コーラ)とchoke(窒息)の綴りが似てるのをもじって「ヤンキースの公式飲料 Choke!」とか「ヤンキースく●ったれ」とか書かれたTシャツがその辺で売られていますし、フェンウェイにレッドソックスの試合を見に行って一番観客が盛り上がったのは、スコアボードの他球場の途中経過でヤンキースが逆転された時だったという経験もあります。

それに比べるとパッツvsジェッツはいまいちという感じで、それでブレイディも盛り上げたいと思ってるのではないでしょうか?私が思うに盛り上がりがイマイチの原因の一つはパッツvsコルツを第一に考える人がいるということです。ペイトン・マニングというわかりやすい敵のボスキャラもいますしね。またvsヤンキースでは金満ヤンキースが悪の帝国でレッドソックスが正義の解放軍という感じですが(実際はレッドソックスも金満チームなのですが)、vsジェッツではボストンを除けば、むしろパッツの方が悪の帝国に近い印象を持つ人が多いんではないでしょうか?

また古くからのスポーツファンはNBAのセルティックスvs LAレーカーズのライバル関係も私が思ってた以上に身にしみついているようで、それもパッツvsジェッツが意外に盛り上がらない理由のひとつかもしれません。(もちろんパッツvsジェッツが一番こだわりのライバル関係だという現地のファンも多いのでしょうが・・・)

私自身はこのライバル関係がもっと盛り上がって欲しいので、今後ますますこういうトラッシュトークはどんどんやって欲しいです。(個人的に、相手はしょぼいとか、勝って当然だとかいうトラッシュトークはあまり好きでありませんが、こういう「運命的に嫌い」というトラッシュトークはスポーツの世界では大歓迎です)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2010プレシーズン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ブレイディがらみでもう1題

とおりすがりのJETS狂さん、コメントありがとうございます。

マンジーニは去りましたが、レックス・ライアンというこれまたすごいエンターテイナーが来てくれたのでライバリーの一層の盛り上がりを期待したいです。
ジェッツvsパッツのチャンピオンシップになれば最高ですが、今年のパッツがそこまで行くのは至難の技かも・・・。
ともあれ開幕2週目の対戦が今から楽しみです。

ブレイディがらみでもう1題

たしかに師弟関係のマンジーニがHCの時に比べて、やや因縁が薄くなった気がするのでブレイディが火をつけたのは、互いを盛り上げるために良かったと思いますね。
(言われた時は「何だと!」ってなりましたが・・)


何だかんだといいながらJETSファンも一番楽しみなのはパッツ戦。
勝利すれば、ただの1勝では無く、ライバル×因縁で喜びは数倍ですから。
今シーズンも巨大帝国にどう立ち向かうのか楽しみです。

こんな記事も読みたい

ブレイディはお怒り?【Let's Go Pats!】

全日本大会 告知【カバディプレイヤー 山岸勇大】

大学総長が望む大学における体育局の役割【スポーツマネジメントクラブ - Sports Management Club】

ブロガープロフィール

profile-iconletsgopats

  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:366848

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  6. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  7. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  8. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  9. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss