Let's Go Pats!

2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、オフィシャルサイトでOLセバスチャン・ボルマーの紹介記事がアップされていました。
今日の題はこの記事中の一節を使いました。つまりカレッジ時代、バイトでコーチの子供のベビーシッターをしていたというものです。確かにベビーシッターとしては世界一大きかったかもしれません・・・。

さてボルマーのあだ名はシーバスですが、たしかBoston Heraldによると、シーバスのように獰猛にアタックするからついたのではなく、単にSebastianの最初の部分から取って名づけただけだそうです。ベビーシッターできるくらいだから性格はむしろ穏やかなのではないでしょうか?

多くの人がリーチと思った2巡指名ですが、それにはいくつか理由があります。
それは
1)他の多くのNFL選手と違って、14歳までアメフトをしてなかった
2)大学に入るまで英語がほとんどしゃべれなかった
3)2年生のとき、椎間板ヘルニアの手術をしている
4)コンバインに招待されなかった
です。

これらのうち、1)に関しては、私は不安視していません。14歳スタートだと彼は今年25歳ですのでもう10年以上アメフトをやっている計算になります。例えばサッカーではボールを止める、蹴るなどの基本技術を14歳までにマスターしていないと世界で一流にはなれないといわれますが、ボールを足で扱うサッカーと違って、OLの選手は基本的にボールを扱わないので早く始めたからといってアドバンテージが大きいとは思えません。

2)に関しては渡米後約5年でどれだけ上達したかですが、彼は非常にまじめに勉強したようですし、ドイツ語→英語は日本語→英語よりは簡単でしょうから、プレーブックをめぐるコミュニケーションには問題ないのではないでしょうか?

3)に関しては、椎間板ヘルニアの再発率は日本整形外科学会によると4~14%とのことですので、決して無視できるとはいえませんが、そう心配しなくてもいいのではないかと思います。

4)に関しては、コンバインに招待されなかったということは、誰が見ても素晴らしい選手というわけではないということですので不安ではあります。しかしここは、これまで意外な掘り出し物を拾ってきたパッツ首脳陣の相馬眼に期待したいところです。

ボルマーはなんといっても身長2メートル3センチ、体重142kgの体格ですので、技術さえついてくればかなり強力な壁になれるはずです。将来はRTのスターターとなることが期待されているボルマー、一日も早く2巡指名にふさわしい選手に成長して欲しいものです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2009ドラフト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アメフト日韓戦とパワーゲート【やったるで 格闘家への道 ~康信博(谷原信博)ブログ~】

パッツの買い叩きオファー【Let's Go Pats!】

#20 エビです【アメリカンフットボール ノジマ相模原ライズ】

ブロガープロフィール

profile-iconletsgopats

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:365465

(10月03日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. パッツがNTビンス・ウィルフォークと長期契約したくない理由?
  2. スーパーボウル感想 その2
  3. コンバインでのワンダーリックテストの結果
  4. サプライズ!スーパースター、DLリチャード・シーモア トレード!
  5. チャド・オチョシンコのTD セレブレーション
  6. 2巡指名OLセバスチャン・ボルマーは世界一大きなベビーシッター
  7. WEEK5感想  アル・デービスよ 永遠に
  8. いかにしてマイケル・ジャクソンはペイトリオッツを救ったか
  9. パッツ好みの優等生---1巡17位OLネイト・ソルダー
  10. スーパーボウル感想速報版(ネタバレあり

月別アーカイブ

2012
02
01
2011
12
11
10
05
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss