中穴馬券研究所

京王杯2歳Sの予想

このエントリーをはてなブックマークに追加


■京王杯2歳S

①タワーオブロンドンが一本被りの人気を集めている。

自分は元々「2歳重賞の単勝1倍台は8割以上が過剰人気」という立場を取っているが、この馬もかなり危険な人気馬に見えて仕方が無い(この馬は最終的には2倍台にはなると思うが)。


このレースはスローペースで流れることが多く、近5年の上がり3ハロンの平均が33秒台であるほどである。

今年は⑧アサクサゲンキ辺りが先手を取ることが予想されるが、距離延長+長い直線+武豊Jという状況からすれば、やはりスローな流れが見込まれる。

一方、①はこれまで上がり3ハロンで35秒台の脚しか使ったことがないという現実がある(3戦のうち2戦が洋芝の札幌、残り1戦が超ハイペースだったという事情があるにせよ)。まず、この点が不安。

また、この馬のこれまでのレースはいずれも少頭数且つ外枠で揉まれない競馬だったのに対し、今回は少頭数とはいえ最内枠。これも少し気になる。

さらに、鞍上ルメールは申し分ないようにも思えるが、実は短距離重賞はあまり良くないというデータがある。

具体的には、これまでに1400以下の重賞は3-4-4-36(連対率15%)であり、それ以上の49-42-31-175(同31%)と比べて確率が圧倒的に悪いのは明らかである。(なお、2番人気以内で0-2-0-9と未勝利)

もちろん、この馬のこれまでの勝ち方は鮮やかであるし、強いことは分かっているが、個人的にはこの馬の適正オッズは3.5倍程度という気がしてならない。

この馬の購入は見送ることとしたい。


さて、過去10年のこのレースにおいて、前走の4コーナーで5番手以内だった馬が9-8-10-67と好走馬の大半を占めている(それ以外は1-2-0-52)。

やはりこのレースは遅く流れるので、先行できる馬が好成績ということなのだろう。(ちなみに①はこのデータにも当てはまらない。)

ここは、このタイプを狙い撃ってみたい。


人気薄を除けば、⑤タイセイプライド、⑥カシアス、⑧アサクサゲンキが候補となる。

過去10年で、既に重賞を勝っている馬は0-2-0-8というデータを踏まえると、⑥と⑧の序列は少し下げるべきか。

両者を比較すると、これまでの走りっぷりから⑧は典型的なスプリンターに見える(これまでの2勝はハイペースを先行して押し切ったもの)。

一方、⑥は6ハロンとはいえ平均以下のペースで結果を残してきているし、このレースと好相性のキンシャサノキセキ産駒であり(1-2-0-3。一桁人気ならば1-2-0-0)、こちらを上位と見たい。

組合せとしては⑤と⑥の1点で十分。馬券は馬連とワイドに分散させる。


馬連 ⑤-⑥ 400円

ワイド ⑤-⑥ 800円

合計 1200円



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【新馬戦予想】11/4(土)の新馬戦 京王杯2歳Sはアサクサゲンキで。【人生は競馬と共に】

京王杯2歳Sの【ペケマル指数】が確定! 3日間開催2日目の“ペケマル予想”の時間で~す!!【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

京王杯2歳S・ノベンバーS【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-iconleomimi

データと直感の折り合いを付けつつ、主に中穴馬券を狙ってゆきます。ご参考になれば幸いです。
(なお、データ集計は手動で行っておりますゆえ、多少の誤りは何卒ご容赦ください。)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1511180

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇賞(秋)などの予想
  2. 菊花賞などの予想
  3. 秋華賞などの予想
  4. 桜花賞などの予想
  5. 安田記念の予想
  6. 皐月賞などの予想
  7. アルゼンチン共和国杯、みやこSの予想
  8. オールカマー、神戸新聞杯の予想
  9. 富士Sなどの予想
  10. 札幌記念、北九州記念などの予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss