中穴馬券研究所

富士Sなどの予想

このエントリーをはてなブックマークに追加


■富士S

好メンバーが揃った注目の一戦だが、馬場の悪化もあって波乱含みの様相。

そもそも過去10年で馬連万馬券が3回発生している荒れ模様のレースであることも念頭に置いて、予想を組み立てたい。


まずは、人気を集めている4頭を眺めてみる。


1番人気は僅差で3歳馬の⑤ペルシアンナイトか。

距離が長かったダービーこそ7着に敗れたが、それ以外は力のあるところを見せている。特に1600のアーリントンCは圧勝だった。

ダービー以来の休み明けだが好仕上がりだし、デムーロに戻ったのも大きなプラス。

シンザン記念では重馬場で3着だったが、ハービンジャー産駒なので道悪もこなせるだろう(先週に重馬場の秋華賞で産駒が1、3着)。


2番人気は⑥エアスピネルか。

この馬は、どんなレースでも善戦はするし、稍重のデイリー杯で完勝した実績もある。

ただし、好走条件はかなり限定的。つまり、右回りの1600は3-2-0-0だが、それ以外は0-0-3-5に過ぎない。

人気先行型でもあり、あまり食指は動かない。


3番人気は⑪グランシルク。

この馬も堅実タイプで、これまでの全成績が5-6-5-6となっており、馬券内に来る確率は高い。

ただ、東京1600が0-0-1-3と良くないのは気になる。

1600以外の東京は2-2-1-0だし(3着はGⅡ)、中山1600は3-3-2-2なのだから、コースや距離が良くないわけでも無い。東京1600は微妙に肌に合わないのかもしれない。


4番人気は⑮イスラボニータ。

これまでの実績は断然だし、鞍上も魅力だが、休み明けで58キロと条件は厳しい。

ただ、昨年のこのレースも同じ条件で2着に好走しており、あまり心配は無いと思われる。

道悪は微妙かもしれないが、母父のコジーンの血は道悪に強いことが知られており(アドマイヤコジーン、アストンマーチャン、ネイティブハート等)、何とかこなせるだろう。


その他の馬も検討した上で、結論としては、人気の⑤ペルシアンナイトから紐荒れを期待することにした。

この馬が所属している池江厩舎は、菊花賞に3頭の有力馬を送り込んでいる。ここで、2000未満の実績も十分なアルアインやサトノアーサーでさえも菊花賞を選択したのに、この馬だけはマイル路線を選択したことに着目したい。

皐月賞2着の実績もあるが、調教師はこの馬を生粋のマイラーと見ているのだろう。名伯楽の眼力に賭けてみたい。


紐としては、まずは⑯イスラボニータをセレクト。

後は、④ガリバルディ、③ブラックムーン、⑧ロードクエスト、⑦マイネルアウラートまで押さえる。

④は、このレースに抜群に強いディープ産駒(5才以下なら3-3-1-2)だし、追える鞍上も合いそう。なお、同じディープ産駒の①は、鞍上が重賞でかなり不振のため(2016年以降は1-0-3-66)、軽視した。

③は、調子を落としているようにも見えるが、力は間違いなくある(キャピタルSの圧勝や米子Sのレコード勝ち等)。人気はないが、2走前には同じGⅢで1番人気だったということを忘れてはいけない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

富士S【オギのenjoy競馬】

いただき富士S【けいばフレンズ】

【新馬戦予想】10/21(土)の新馬戦 簡易版で。【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconleomimi

データと直感の折り合いを付けつつ、主に中穴馬券を狙ってゆきます。ご参考になれば幸いです。
(なお、データ集計は手動で行っておりますゆえ、多少の誤りは何卒ご容赦ください。)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1511180

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇賞(秋)などの予想
  2. 菊花賞などの予想
  3. 秋華賞などの予想
  4. 桜花賞などの予想
  5. 安田記念の予想
  6. 皐月賞などの予想
  7. アルゼンチン共和国杯、みやこSの予想
  8. オールカマー、神戸新聞杯の予想
  9. 富士Sなどの予想
  10. 札幌記念、北九州記念などの予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss