中穴馬券研究所

スプリンターズSなどの予想

このエントリーをはてなブックマークに追加


■スプリンターズS

今年の1番人気は⑧レッドファルクス。少し差があって、③セイウンコウセイ、⑨メラグラーナが続いている。

このレースは過去10年で1~3番人気が7-8-0-15であり、毎年1頭は連対している。

となれば、軸馬はこの3頭から選ぶのが無難だろう。


本命は③セイウンコウセイとする。

今年の高松宮記念に前記の3頭も出走しているが、この馬が勝ったのは記憶に新しい。この時は⑧に対して、スプリント戦では決定的と思える1馬身半程度の差をつけた。(ちなみに⑨は惨敗)

しかも、他の先行馬が軒並み馬群に沈む中、この馬だけが道中4番手から抜け出すという横綱相撲。そもそも今のスプリント界では力が一枚上のように思える。


また、本来的に中山芝1200は先行馬がかなり有利な舞台。しかも昨日の開催では内の方が伸びる馬場であった。

であれば、中枠の差し馬である⑧や⑨よりも、内枠の先行馬である③を重視するのが自然だろう。

なお、過去10年の1~3番人気のうち、前走の4角で3番手以内だった馬が4-6-0-5(連対率67%)、それ以外は3-2-0-10(同33%)である。


前走の函館SSでは4着に敗れたが、超ハイペースに巻き込まれたものであり、決して力負けではない。

むしろ、そこで負けたから今回離れた2番人気になったとも言え、ここは絶好の買いどころと思える。

今回も先行馬はそれなりに揃っているが、自分のペースを守れば結果は自ずとついてくるはず。


③が勝つと見て、券種は馬単を選択。

⑧や⑨も一応買うが、差し馬ゆえに、進路が詰まったり差し届かない恐れも大きい。


そこで、⑦ダイアナヘイロー、④フィドゥーシア、⑪モンドキャンノ、⑬ファインニードルまで押さえたい。

⑦はローテはきついが4連勝の勢いを買う。血統や脚質もこのレース向き。

④は、近年は2~3枠の人気薄が激走していることからピックアップ(近7年のうち新潟開催の2014年以外において、2~3枠から7番人気以下が3着以内に入っている)。

⑪は「短距離王国」安田厩舎に加え、GⅠに強い鞍上が怖い。前走で人気を裏切ったが、巻き返しは十分にある。

⑬はここにきての上昇を評価。意外と人気がないので少し押さえておく。


馬単 ③→⑦⑨⑧ 各600円 ③→④⑪⑬ 各300円

合計 2700円


■ポートアイランドS

ここは⑤ミッキージョイから。

休み明けの前走も直線はそれなりに伸びていた。

叩き2走目は2-0-0-0だし、相手弱化・頭数減でうまく捌ければ。


⑦ボンセルヴィーソ、⑥アメリカズカップが相手本線。

⑩サトノラーゼン、⑧マイネルハニーを押さえる。


ちなみに、サトノラーゼンというのは面白い馬で、人気と成績(連対率)が反比例する傾向がある。

これまでに1番人気では0-1-3-3(連対率14%)、2~3番人気では3-0-1-3(同43%)、4番人気以下では0-5-0-1(同83%)である。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(スプリンターズS G1)【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

いただきスプリンターズS【けいばフレンズ】

【新馬戦予想】10/1(日)の新馬戦 簡略版で。。。【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconleomimi

データと直感の折り合いを付けつつ、主に中穴馬券を狙ってゆきます。ご参考になれば幸いです。
(なお、データ集計は手動で行っておりますゆえ、多少の誤りは何卒ご容赦ください。)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1263887

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 秋華賞などの予想
  2. 桜花賞などの予想
  3. 安田記念の予想
  4. 皐月賞などの予想
  5. オールカマー、神戸新聞杯の予想
  6. 札幌記念、北九州記念などの予想
  7. 中山記念、阪急杯の予想
  8. NHKマイルC、新潟大賞典などの予想
  9. ヴィクトリアマイルなどの予想
  10. スプリングS、阪神大賞典などの予想

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss