レースをより楽しむブログ

凱旋門賞 2017 出走予定全頭の各馬展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/1 日本時間23:05発走予定の凱旋門賞の出走馬の各馬展望です。

9/26・27の取消ステージでCracksmanやLeft Handらが取消。9/27の追加登録でEnableが登録。追加登出馬投票後の取消でHighland ReelとCliffs Of Moherが取消をして、18頭立てになる予定です。

正直今年のこの路線は手薄だと思っています。結局3歳の牡馬もほとんど出てきていません。 古馬の代表であるべきHighland Reelは(恐らく状態面が原因で)いませんし、英ダービー馬のWings Of Eaglesは故障で既に引退しています。 Enable以外は混戦でしょう。

以下は各馬展望です。 フランスギャロの出馬表の順序です。馬番順で枠番は括弧内の数字です。

オブライエン厩舎が5頭にファーブル厩舎が3頭。 オブライエン陣営の5頭の中では、R. ムーア騎手が騎乗するWinterが大将格ということになります。

古馬の牡馬は59.5kg、牝馬は58.0kgで3歳馬は3.0kg減です。騸馬の出走は不可。

月曜日の馬場状態はsouple=重。トライアルの日と硬度計の読みはちょうど同じ3.7で、かなり柔らかい状態のままです。 今日の馬場も3.5で、soupleの中でマシになった程度です。日曜日の天気は曇りで雨の可能性があるという予報ですが、腫れたとしてもパンパンの良馬場は望めそうにありません。 ただし去年は土曜日から日曜日の間に馬場が一気に高速化したので(仮柵を外した上に芝を刈ったのかも)、当日の時計を見るべきです。1,2レースの2歳G1の時計に注目しましょう。

オブライエン厩舎の騎手はRacingpostの記事から

**1(18).Zarak 牡4  ロワイエ・デュプレ厩舎(フランス) Dubawi産駒の母Zarkavaという超良血馬。スミヨン騎乗。 去年の仏ダービー(2100m)でAlmanzorの2着と結果を出したが、その後はマイル~中距離で走っていて、昨年のこの週は凱旋門賞ではなくドラール賞(2000m)に向かった。 今年はドバイ遠征から始動。前哨戦のドバイミレニアムS(10f・G3)を勝ったが、1番人気で臨んだドバイターフ(ヴィブロスが勝ったレース)では4着と人気を裏切ってしまう。雨のせいかもしれない。 その後はフランスに戻って、シーズンの始まりを告げるG1ガネー賞(2100m)に出走し、直線で詰まってスムーズに捌けずかなりモタついてしまったのもあってCloth Of Starsの2着。その次のイスパーン賞では直線で追われる事もなく大敗。 そこから立て直して、前走は7月のサンクルー大賞で勝利を挙げたが、混戦の中ほぼ最後方からの追い込みで勝利を挙げた。2400への延長がプラスに働いたのだと思う。 今回はそれ以来。凱旋門賞トライアルデーの競走(フォワ賞)に出なかったのは、高速のシャンティイを連続で走らせたくないという理由らしい。調子は良くてもし今週でも出走できるぞ!みたいなコメントも出ていたが、どうなんだろう。 脚質は追い込み。

2(12).Doha Dream 牡4  ファーブル厩舎(フランス) Shamardal産駒。 去年のニエル賞で3着だった馬。ブノワ騎乗。 今年はG1サンクルー大賞に出走したが落馬競走中止。前走はG2ドーヴィル大賞で2着だった。 脚質はおよそ先行だが、Brametotと馬主がほぼ同じなのでラビット的な役割をするのではないだろうか。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
海外競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

先週のレース回顧とジョッキーフェスティバル【サンチェス・ピスファン】

『凄馬出馬表&馬券検討』9/24の結果(産経賞オールカマー G2)【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

神戸新聞杯 流石ダービー馬、強い馬が強い競馬をしましたね【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

ブロガープロフィール

profile-iconleisurely1

東京在住の、市井のスポーツ観戦好きです。
競馬の障害レースが特に好きです。最近の障害馬で一番好きなのはサナシオン。
一応、障害レースの回収率は3年続けてプラスです。
普段は色々なスポーツについてブログの記事を書いています。

レースや試合をより深く楽しむために、ブログの記事を書いています。
単純な予想ではなく、面白さを見つけられるような展望・回顧の記事を書きたいです。
背景にある規則や規定を調べるのも結構好きなので、機会があれば紹介出来ればと。

色々な瞬間を切り取って、立体的に見られれば良いなと思っています。
1人の観客として書いているので、気楽にお読み下さい。

どうぞよろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:999
  • 累計のページビュー:310319

(12月09日現在)

関連サイト:まったり観戦・予想・回顧

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ欧州の一流馬がジャパンカップに来ないのかを考える
  2. エリザベス女王杯の展望と予想
  3. 菊花賞の見所と予想
  4. 毎日王冠と京都大賞典をより楽しく見る
  5. 凱旋門賞 2017 出走予定全頭の各馬展望
  6. 凱旋門賞 2017 結果と各国のオッズ比較
  7. マイルCS 2017の予想・マルターズアポジーと武士沢騎手を応援します
  8. 東京ハイジャンプと秋華賞の予想
  9. 天皇賞秋 2017の走破タイムの予想
  10. 古馬G1の前哨戦と優先出走権に関する考察

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss