レースをより楽しむブログ

香港国際競走の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/10に香港国際競走が行われます。その4競走を展望します。 馬券発売もあるので、阪神JFよりもこちらを頑張りたいところ。

今年は日本馬が計8頭出走予定です(キセキが出られるとして)。 去年の13頭よりは少ないですが、やはり多いです。 「日本vs世界」というJCの煽り文句。まだこっちの香港国際競走のほうに当てはまるのではないか、という気がしますね。

性は g: 騸馬、h,c: 牡馬、f, m: 牝馬です。 丸数字は枠番です

香港ヴァーズ 2400m 日本時間15:00

とにかく欧州馬と日本馬が強いレースです。 昨年はサトノクラウンがHighland Reelをゴール前で捉えて勝利しました。

《出走馬》 ①Talismanic (FR) 4c ②Max Dynamite (IRE) 7g ③Kiseki (JPN) 3c ④Chemical Charge (GB) 5h ⑤Eagle Way (HK) 5g ⑥Helene Charisma (HK) 4c ⑦Tosen Basil (JPN) 5h ⑧Highland Reel (IRE) 5h ⑨Tiberian (FR) 5h ⑩Danehill Kodiac (GB) 4c ⑪Smart Call (GB) 6m ⑫Gold Mount (HK) 4g

キセキは皮膚病(白癬)のために隔離されているという話でしたが、結局出走できるんでしょうか。

Highland Reelは昨年の2着。10-12f路線のG1で安定した戦績を挙げ、昨年は凱旋門賞で2着、BCターフで勝利するなど、古馬としてこの路線を牽引してきた。今年も緒戦のドバイこそ凡走したもののコロネーションC、プリンスオブウェールズSと連勝。しかしキングジョージで4着に敗れると、その後はレースに出てこなくなった。恐らく何か問題があったのだろう。休みを挟んでの英チャンピオンSでは、Cracksmanには離されたものの苦手な重馬場で先行も出来なかったが最後まで伸びて3着と健闘した。前走BCターフではTalismanic, Beach Patrolの3着。3角での反応が悪かったのが不満。重馬場より速い馬場の方が得意。このレースで引退の予定。逃げ~先行。 Talismanicは今年のBCターフ勝ち馬。G2勝ちの実績はあったが、初G1制覇をBCターフで飾った。バルザローナ騎手の好騎乗が光った勝利だった。レートは高く付けられているが、そこまで強いか?という疑問を抱かざるを得ない。 Tiberianは夏以降ドーヴィルのG3とG2を連勝し、臨んだ前走メルボルンCでは7着だった。斤量も軽くなかったし外枠にしては健闘したと思う。本来の距離に戻ればそこそこやれるのではないか。 Chemical Chargeは今年のG2ハードウィックSでIdahoの3着の実績がある。ただ前走カナディアンインターナショナルSに出走して大差の6着に敗れているのが気掛かり。状態は万全なのだろうか。 Max Dynamiteは2015年のメルボルンCで2着(55kg)、今年も3着(54kg)とこの路線で結果を残している。長期休養明けから今年の8月に復帰したが、2年前くらいのパフォーマンスが戻ってきている感がある。16f戦なら本命にしたいレベル。ちなみにグレートジャーニー産駒。

Eagle Wayの国際G1勝ちはクイーンズランドダービー(オーストラリアダービーではない)。香港移籍後はG3勝ちくらいしかなく、昨シーズンの12fG1チャンピオンズ&チャターCで3着に入ったものの勝ったWertherからは3馬身離されてしまった。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
海外競馬
タグ:
香港国際競走

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3場開催に戻っても、【ペケマル指数】1位がトップ! 馬券圏内率は63.9%に微増!!【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

不確定要素が自分の中にもあるから、スポーツはドキドキするんです【Armar know Jack Bigwild】

2017 中日新聞杯【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconleisurely1

東京在住の、市井のスポーツ観戦好きです。
競馬の障害レースが特に好きです。最近の障害馬で一番好きなのはサナシオン。
一応、障害レースの回収率は3年続けてプラスです。
普段は色々なスポーツについてブログの記事を書いています。

レースや試合をより深く楽しむために、ブログの記事を書いています。
単純な予想ではなく、面白さを見つけられるような展望・回顧の記事を書きたいです。
背景にある規則や規定を調べるのも結構好きなので、機会があれば紹介出来ればと。

色々な瞬間を切り取って、立体的に見られれば良いなと思っています。
1人の観客として書いているので、気楽にお読み下さい。

どうぞよろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:193
  • 累計のページビュー:317161

(01月15日現在)

関連サイト:まったり観戦・予想・回顧

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ欧州の一流馬がジャパンカップに来ないのかを考える
  2. エリザベス女王杯の展望と予想
  3. 菊花賞の見所と予想
  4. 毎日王冠と京都大賞典をより楽しく見る
  5. 凱旋門賞 2017 出走予定全頭の各馬展望
  6. 凱旋門賞 2017 結果と各国のオッズ比較
  7. マイルCS 2017の予想・マルターズアポジーと武士沢騎手を応援します
  8. 東京ハイジャンプと秋華賞の予想
  9. 天皇賞秋 2017の走破タイムの予想
  10. オジュウチョウサンと近年の名障害馬との比較

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss