kuuuさんのこれまでのコメント

【E-1選手権】 vs 北朝鮮。クラブで培った連携を一度バラバラにするハリル

【E-1選手権】 vs 北朝鮮。クラブで培った連携を一度バラバラにするハリル

こんにちは 最悪の12月を過ごしております。 正直ここまでツキに見放されたシーズンは記憶にありません・・・

浦和もやられてしまいました・・・ 
まるで去年の鹿島は夢だったのかと、悪夢を見続けている気分です。神罰が下るような真似はしていないのですが・・・

〇ジャッジ改善策
前回のコメントですが、確かにアディショナルタイムに関してはおっしゃるとうりですね。 こうなると人任せで申し訳ないのですが、イタリア・セリエAやドイツ・ブンデスリーガの今季の結果をみて(VARが今年から導入されている。)FIFAに調整をお願いするしかないかもしれません。日本も独自に進めて欲しいですが、資金問題以外にも問題があるとなると1国だけでは時間がかかりすぎる。 それまではデイゲームではスポーツ用のサングラス着用などできるところから改善していきたいところです。 一人がミスし続けているならともかく、複数人が毎年やらかしているということは現状のシステムに問題ありという証左なので。

〇代表について
ここにきてこの起用の仕方は軽く失望しますね。 なぜわざわざばらしてしまうのでしょうか。 クラブのやるサッカーと自分のやるサッカーは違うのだから、クラブの連携をわざとできないようにしたとしか思えないですね。 ジョホールバルメンバーのように最終ラインは鹿島+α、前線は川崎+αにして中盤は
ガンバ+αにすればカウンターはまだしもビルドアップはかなり改善されるはずなのですが。
そもそもハリルジャパンの守備の弱点は中盤が動きすぎることによるバイタルエリアが開くことなので4-3-3で中盤のアンカーに健斗、前方に今野と井手口を配置して、センターに川又をいれて前半をしのぎ、後半に大島、伊藤純也、夢生を適宜投入して疲れてきた相手のスペースをつく。
もちろん個人技で組織を破壊される可能性はあります。しかし、これだけで対戦相手にはかなりいやらしいチームになりそうなんですがダメなんでしょうか。
まあ私はプロじゃないのでハリルからしたら「好きかって言いやがって」なのかもしれません。

とにかくこの大会をACLの予行練習だと思って、優勝目指して頑張れ としか言えないです。

〇監督続投
決まったからには来季こそ大岩 剛の手に4つのトロフィーを握らせるために全力で応援するだけですが、フロントは広島の丹羽やヒムナスティックの鈴木大輔など日本人ベテランCBだけはなんとしても補強し、あとは選手の引き留めに注力してほしいですね。 また、開幕前やW杯中だけでもフロントは積極的に監督を支えてほしいです。

オープンスタジアムでサポーターの方が「死に物狂いで奪還せよ」との横断幕を掲げてました。 全くもって同意見ですし、私たちサポーターも死に物狂いで準備して来季に備えなければなりません。 今年を2003年の再来とするか1999年や2006年のような新たなる黄金期(3連覇以降、黄金期はいまだに来ていないと思います。)のための大いなる一歩にするかは鹿島アントラーズファミリー全員の手にかかっています。
そのためにも、先ずはE―1選手権に出れる可能性があるメンバーは奮戦してほしいです。

今回も長文雑文失礼いたしました。

2017-12-11 14:12|コメント支持(0)

【鹿島】連覇ならず。甘さを捨てなければ再びのタイトルはない

【鹿島】連覇ならず。甘さを捨てなければ再びのタイトルはない

こんばんは

2013、2014年シーズンを味わっているものとしても、今年の結果は到底納得がいきませんね。
鹿島サポーターであればたいがいのことは自分たちの不甲斐なさに原因を求めますし、そうでなくてはならないのですが、どうしても腹の虫が収まりません。 鹿島だけでも10月のホーム広島戦以降、得点に直結する誤審がなかったのは札幌戦のみです。 正直ここまでされるといっそ清々しいですね。 悪名高き読売が好き放題していた時代(と聞いております。)と比べていかがでしょうか。

〇審判について
チームに関してはほぼ管理人様と同意見なので(そもそも今シーズンはずっとここで議論してましたしね) 審判団について私見をのべさせていただきます。

今季は心配していた2016年CS第1戦から続いていた厳しすぎるPK基準が比較的早く是正されましたし、(それでも被害がでましたが・・・)9月までは今季のジャッジはミスはあっても私はまだ許せる範囲でした。それは主審の方々が1度失敗しても2度同じミスは繰り返さなかったからです。 明らかに今季導入された試合後の審判会議が効果を発揮しました。 例えばルヴァンカップで我々を無駄にイライラさせた山本主審の(笛を吹くのが遅い)という弱点はホーム広島戦では修正されましたし、家本さんのように結果的にはミスになったが(J2名古屋vs町田、町田の退場させる選手を間違えて平戸を退場させてしまった。)以前のように独断専行したわけではなく、自らの判断に疑問をもち副審と相談してから裁定を下しています。

またこれらの工夫によって誤審の大きな原因が副審のレベルの低さからきているように感じました。いい主審は試合途中から副審のジャッジと違う裁定を下す割合が高い印象です。

だからこそ今季終盤の致命的なミスジャッジ連発は信じ難い。2002年W杯の某国の悪夢をみせられた気分です。 管理人様が海外にいっている間に行われた浦和vs川崎戦後にあの浦和サポが「今回ばかりは鹿島を応援する」というコメントが複数ネットに流れたことからそのヤバさ加減がわかると思います。
浦和戦+最終戦のみであれば(悪い意味で)いつもどうりなのですが今季はそれのはるか斜め上をいきました。 陰謀論を抜きにすれば来季にも様子見ではなくすぐにVARを導入してほしいです。そのうえでテニスのチャレンジ制のようにチーム側から要求するシステムをすぐさま整えて欲しい。 主審の判断だけでは人によっては信用なりません。

〇早く本当の「プロサッカーリーグ」に
審判も人間だ。ミスするなとは言わない。 しかし通常の日本の民間企業であれば10億の金が動くようなミスをしかも一か月に4回もした場合、「ミスしました。ごめんなさい。以後気をつけます」ですべてを許されるだろうか?
否、断じて否。 アルバイトならクビ 契約社員なら確実に契約延長はされず、正社員でも相当キャリアに傷がつくだろう。最悪、会社そのものが倒産する。 それがバブル崩壊後に生まれ、リーマンショックで先輩方の苦しむ様子を見てきた人間の感想だ。
Jリーグや「プロフェショナル・レフェリー」に 普通の会社レベルのプロ意識を求めるのはそんなに厳しいことだろうか それが酷だというならばそれはもはや「プロサッカーリーグ」を名乗っていいのだろうか  甚だ疑問です。

2017-12-05 04:14|コメント支持(0)

【鹿島】いざリーグ制覇へ

【鹿島】いざリーグ制覇へ

何度もすみません。

死ぬほど悔しいですが、Jリーグや審判団にも罪はありませんね。
ファミリーにあるまじき発言、失礼いたしました。こんな奴がサポーターしているから無冠に終わってしまったのだと思います。 サポーター失格ですね。

監督、選手、サポーター、フロント、スポンサー、スタッフ、および関係者の皆様
今季もお疲れさまでした。 油断も慢心も私からしてみればなかったように見えました。

またルヴァンカップを制したセレッソ大阪、アジアを制した浦和レッズ、そしてリーグ初優勝を成し遂げた川崎フロンターレの関係者様方 改めておめでとうございます。 


鹿島アントラーズの今季はリーグの勝ち点的にはかなり稼ぎましたが無冠に終わってしまいました。もう新人監督に任せるのは限界があります。 鹿島の立場上、他チームより酷です。 石井さんも大岩さんも死力を尽くして頑張ってくれました。

ただ主な補強は監督と日本人のベテランCB以外は必要ありません。 できるだけ選手を引き抜かれないように防御するだけでいいです。 それよりも練習のバリエーションを増やしたり、メンタルケアの面の見直しのほうが必要かと感じました。

この悔しさは来年に100倍にして返します。 今シーズンは2007年でも2008年でも2009年でもない1999年の再来だと思います。当時より素早くフロントが決断したため、優勝争い出来たのだと思います。 だから現場の方々には悔しさと自らの不甲斐なさをしっかり受け止めて力強く前に進んで行ってほしい。あなたたちを私は誇りに思う。
私もリーグのレイソル戦、ジュビロ戦はBDに焼いて保管します。 (稔也、最悪の誕生日にしちゃってごめん。)

最後に管理人様、チームを勝たせてあげられませんでした。 申し訳ありません。

2017-12-02 17:48|コメント支持(0)

【鹿島】いざリーグ制覇へ

【鹿島】いざリーグ制覇へ

追記


忘れてました。 

川崎さん 2017年Jリーグ優勝おめでとうございます。

2017-12-02 16:27|コメント支持(0)

【鹿島】いざリーグ制覇へ

【鹿島】いざリーグ制覇へ

負け惜しみなのはわかっています。川崎にも罪はありません。

でも今だけは言わせてください。





Jリーグに審判にシャーレを取り上げられました。

2017-12-02 16:01|コメント支持(0)

【鹿島】いざリーグ制覇へ

【鹿島】いざリーグ制覇へ

こんにちは!

ホーム最終節は残念ながら引き分けという結果になってしまいましたが、試合内容は悪くなかったと感じました。

『宿敵』ジュビロ磐田が手ぐすねひいて待ち構えてますが、我々のやることはいつもと変わらずファミリー全体が各々が最適と思う準備をしてきたと確信しております。

数時間後に最高のご報告をここに書き込めるよう自宅ながらともに戦います。 最後に去年私が心動かされた言葉を少し変えてここに記入しておきます。

では、いったん失礼します。



一つの目標に向かい、関係者全員が責任をもって淡々と自らに任せられた役割をやり続けられる。

 誰が ではなく、全員で勝ち取る。


今日の試合、どんなに無様でも勝つのは

                 
                 『鹿島アントラーズ』だ!!!




2017-12-02 13:13|コメント支持(0)

日本代表より鹿島の方が強い論?

日本代表より鹿島の方が強い論?

こんにちは

私はむしろ代表のサッカーは鹿島によってきてると思います。組織的な守備の仕方はそっくりです。
だからといって鹿島の選手を呼べとはいいませんが、この時期でしたら急いで組織的なカウンターの形を作ってほしいところ やはり管理人さん同意見でせめて勝って欲しいです。 
ここからは持論ですが代表チームは選手の入れ替わりが多いもののクラブ以上に長期スパンで強化しないと無理かもしれないと感じています。 日本は凄まじい勢いで成長してきましたが4年ごとに強化コンセプトが変わるため、先発メンバー以外を使うととたんに組織力が落ちてしまいます。 ハリルは新メンバーをうまく組み込むのはうまいのですが人選が弱点のように思えてなりません。(逆をいえば招集メンバー以外はとくに不満はありません。)まあE-1選手権が12月にあるのでそこで国内組は最終試験となるでしょう。 源、直、ムウもそうですが育成枠でいいので健斗を招集してくれないかな~と祈るばかりです。  では今回も長文雑文失礼いたしました。

2017-11-18 13:44|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 浦和。Jリーグの最大のライバルを打倒し、ついに制覇に王手

【鹿島】 vs 浦和。Jリーグの最大のライバルを打倒し、ついに制覇に王手

こんにちは

満員のカシマサッカースタジアム、快晴の天候、試合結果。 フルメンバーのレッズを本当にひさしぶりにホームで打ち破りました。 変なジャッジもなくてストレスもたまりませんでしたし、最高の週末でした!
 鹿島は特に引いた時のレッズからは得点出来ていなかったのですが、しっかり先制してその後も無失点で抑えきりました。 ここにきてシュウトのコンディションが上がってきたのが大きいです。

苦しいシーズンでしたがやっとここまで来ました。 あと二つ、いずれも強敵ですが勝ちきってシーズンを終えましょう。 管理人様の分も応援してきます。

もう少しだ! ともに戦い抜こう鹿島アントラーズ!!

2017-11-08 13:34|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 札幌。毎試合気迫を見せる2人のゴール!

「【鹿島】 vs 札幌。毎試合気迫を見せる2人のゴール!」へのコメント

こんにちは
テレビに関しては仕方ないと思います。
ゴールデンウィークと違ってレッズによって試合日が決まる状態でしたので枠を確保出来なかったのでしょう。

○「らしさ」
天皇杯も悔しすぎる敗退をしてしまい(ちなみにアウェイ横浜戦と同じ副審にまたゴールを取り消されました。大会が違うとはいえ運営は配慮が欠けていると思います。) かなり厳しい状況でしたがチームは2014、2015年の失敗を繰り返しませんでした。 よく頑張ってくれたと思います。 守備も引き締まってました。
○あと2勝
レッズは間違いなく強いです。 天皇杯ではあちらはレギュラーCBが不在だったためあまり参考になりません。 ビルドアップの正確性とセットプレーが勝利への鍵と考えます。

我々はとうとうミシャレッズにはホームで勝てませんでした。 もう負けたくありません。
例え苦戦しても1点多く相手より得点してなんとしても勝ちましょう。 最後まで頑張りましょう!

2017-11-03 11:34|コメント支持(1)

【鹿島】 vs 横浜FM。優勝を狙うチームにはありえない3失点

【鹿島】 vs 横浜FM。優勝を狙うチームにはありえない3失点

こんばんは お疲れ様です。
とても悔しい敗戦でした。 言いたいことは沢山ありますが、今は書きません。 切り替えが大事ですしね。

このような失点の仕方をした場合に今季のアントラーズはなすすべなくやられるしかありませんでした。 しかしこれまた今季はあまり有効ではなかったCKから2点取りました。 確実にチームは成長しています。

2009年のホーム川崎戦のようにどしゃ降りの雨の中、アントラーズは反骨心を見せてくれました。 敗戦という事実は受け入れがたいものですが、このまま終わるとは全く思いません。 
もちろん様々な弱点も抱えている大岩アントラーズですが、今季はあからさまな「妨害」や運に見放されているにもかかわらずまだ勝ち点2上にいます。私も今季のチームは十分Jリーグ優勝にふさわしいチームだと確信してます。

他サポは今のうちに笑っていればいいでしょう。 でも結局今年も最後にシャーレを掲げるのは我々
                『鹿島アントラーズ』だ!

2017-10-22 02:00|コメント支持(1)

見応えのある好ゲーム。 鹿島 2-3 横浜

見応えのある好ゲーム。 鹿島 2-3 横浜

こんばんは! 

悔しい敗戦でしたが私は逆に今季全く得点の匂いがしなかったセットプレーから2点取れたのは良かったと思います。 まだまだ弱点はありますがチームは確実に成長しています。 今季のアントラーズだったら3-0で負けるような失点の仕方ですが反発心は見せてくれました。

これからですよね!


2017-10-21 22:05|コメント支持(1)

分が悪い――横浜Fマリノス3-2鹿島アントラーズ【雑感】

分が悪い――横浜Fマリノス3-2鹿島アントラーズ【雑感】

こんばんは!

いつも楽しく読ませて頂いてます。 確かに軽く絶望感を覚える敗戦ですがまだ勝ち点2差分、上にいますし大方の予想どうりいかないのがJリーグじゃないですか それに今季は全く得点出来ていなかったセットプレーの得点が増えてきたのはいいと思います。
まだまだこれからですよ! 

2017-10-21 21:55|コメント支持(1)

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

管理人様

前半を見直してみましたが、鳥栖の決定機はすべてフリーの状態でシュートされてますね。
やはりやけ酒しながら試合みてコメント書いてはダメですね(笑) 逆に外してくれている間に意地悪く先制したかった・・・

10月6日の日本代表もしょっぱい試合してましたが入りの20分は圧倒できる点は羨ましいと思います。相手が違うとはいえ鹿島はボランチ、サイドハーフのボール奪取力とバランス、取り返した後のビルドアップの質が悪すぎてアウェーセレッソ戦からほぼ劣勢の試合になってしまいます。

怪我してから明らかにボール奪取率が落ちているレオシルバ、いい時とダメな時の差が激しいアツ、ミドルシュートやドリブルをするときのプレー選択や判断の遅さがひどすぎるショウマ、ゲームコントロールすることを常に遅攻することだと勘違いしてそうなヤス・・・
中盤の選手はほんとどうにかなりませんかね~ いまだにゲームコントロールできるのが小笠原だけなのも心許ないです。 世代交代のため79年組以下、92年組以上の年齢の選手がごっそり抜けているのが痛い。

あと残念ながら次節はイエローカードの累積でムウは出場停止です。 ユウマに今季序盤の輝きを見せて欲しいです。 ペドロとともに大爆発期待です。だけどセットプレーの守備が怖い・・・
 植田、昌子もこの分なら余り疲労はためないで戻ってきそうなので広島は難敵ですがたまには無失点完勝試合を見せて欲しいなあ~ 当日はスタジアムでしっかり応援します。

では長文雑文失礼いたしました。

2017-10-07 00:48|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

追記

ちなみにうまくいかなかったところ、鳥栖のほうが勝利に値したところは完全に同意です。

2017-10-05 01:22|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

【鹿島】 vs 鳥栖。内容的に敗戦は当然…

こんばんは
生観戦できなくて敗戦試合を見逃し配信で見るという苦痛を強いられたわけですが、ちょっと管理人様だけでなくネット上の方もネガティブすぎじゃないかなあと思いました。 あと次節の対戦相手はフロンターレではなくサンフレッチェですよ。 フロンターレとはリーグでの対戦は終わってます。

〇良かったところ
・前半失点しなかったことは評価していいと思っています。入り方は悪くなかったのでビルドアップの質と共通理解を上げる。 カウンターに対するリスク管理の見直しをする。セットプレーの守備の再確認(CK以外を重点的に)でもう一段上の内容にできそうな気がします。
完全にやられたのは原川のミドルだけでほかの鳥栖の決定機はやられているなりに対応は出来てました。
タラればが鳥栖に許されるなら我々が前半に先制してもおかしくない展開もありましたよ。

・CKの威力
次節はどうかわかりませんが徐々にCKでの攻撃のパターンが出来てきたように思えます。前述した前半の決定機もCKのこぼれ球をムウがシュートしたものです。 もう少しでものにできそうです。

・失点時の対応
昌子が指示してるときに間にはいられてしまいました。 ちょうど代表戦があるのでそこのところを吉田に質問してるといいなぁ 
 代表もよく拝見しているのですが吉田がやられるときはあまり完全にマーカーを外してというパターンではなく、ビルドアップミスやフィジカルで圧倒されてというかたちのほうが印象が強いので、もしかしたらいいアドバイスを植田とともに貰えるんじゃないかと
そうじゃなきゃサウザンプトンでディフェンスリーダーは任されないはずです。

〇やるべきことは変わらない
フロンターレがいかに凄くとも我々が勝ち点を落とさなきゃいいだけの話です。 レイソルとは直接対決を残していますがそれまでにレイソル自身がセレッソのように失速しないこと前提です。
むしろ今季のアントラーズは余りにも運に見放されてるなか、(主にリーグ前半のホーム戦と日程面で)よくやってくれているほうなのでもう一押しまできているから頑張ってほしい。
モチベーションとコンディションを整え、課題の克服に取り組みつつ新サンフレッツチェを入念に分析して迎え撃つのみ。
ファン、サポーターもそれは同じです。 仕事やプライベートを充実させ、10月14日にできるだけ聖地にきて選手を後押しする。もう15:00キックオフなので帰りを心配する必要はありません。
来れない人はDAZNや速報だけでもいい。ホームでのガンバ戦以上に熱く応援してあげましょう!

もちろん私も参戦します。アントラーズファミリーの力で新人監督と未完成の常勝軍団を「本物」にしようじゃありませんか。 このチームは片道3時間以上かけてもサポートするに値すると確信しています。
頑張りましょう! 

2017-10-05 01:15|コメント支持(0)

【鹿島】 vs G大阪。激闘を制し価値ある勝利

【鹿島】 vs G大阪。激闘を制し価値ある勝利

こんばんは! 約28000人の前で感動的な勝利をあげました。ゴール裏は最高の雰囲気でした。
植田と昌子にはこれからどしどし決めて欲しいです。

〇天皇杯:浦和戦ここにきてアツのパフォーマンスが攻守ともに上がったのが勝因でした。この試合はショウマもキレキレで攻撃に関しては100%といっていい出来でした。 しかし2失点はいただけません。 試合の入り方がどうも前線の4人はよくなってきたのですが、最終ラインとボランチはまだダメなように見えます。 浦和戦
の最初のピンチもボランチ2人があっさり躱されたためです。

〇ソガも限界か?
直近3試合で5失点はやられすぎです。 そのうちソガなら止めて欲しいのが3点ほどあります。(アウェー新潟戦の1失点目、浦和戦の2失点目、今回)スンテに交代したいところですが彼もルヴァンカップでやらかしているので悩みどころです。

〇野戦病院状態でもガンバはガンバ
今節の内容からすれば確かに圧倒しましたが、案の定 東口は修正してきましたしムウは三浦に抑え込まれてしまいました。また井手口は完全に覚醒していました。西が触ってくれなかったらミドルシュートを食らってもっと厳しい状態になったと思います。(早く欧州にいってしまえ!ユーべにぶち込んで来い)
健斗と是非ともマッチアップしてほしかったです。
そもそもスタメンが代表経験者ばかりで占められているクラブが弱いわけありませんね。長谷川監督が采配を間違えてくれて助かりました。

〇ショウマについて
やはり疲労度によってプレーの選択が消極的になるようですね。 またボールを受けた後の1タッチ目が苦手なこと、判断が遅いことでテンポよく攻撃できません。ヤスも同じ弱点を抱えているのでなんとか克服してほしいところ。 二人ともこのまま終わってほしくありません。

〇次節は鳥栖戦
要塞ベストアメニティスタジアムを攻略しなければなりません。 前回対戦時はまだコンディションが出来上がってなかった イバルボが完全にフィットしているので要警戒です。キレキレの状態でもどってきた永木に抑えてもらいましょう。
また面白いのはホームで強く、アウェーで弱いクラブは本州を越えた先にホームがあります。(鳥栖=九州、札幌=北海道) この2チームにアウェーで勝てれば少しはアジアのアウェーでも勝てるようになるかもしれません。 まことに残念ながら鳥栖戦以降は試合間隔が開くので全てを出し切るつもりで必ず勝ち点3を奪いましょう。
では今回も長文雑文失礼いたしました。

 

2017-09-27 22:10|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 新潟。下手に完勝するよりチームは引き締まった

【鹿島】 vs 新潟。下手に完勝するよりチームは引き締まった

こんばんは なんとか勝ち切りました。

〇試合の入り方
レアンドロやショウマは試合の入り方を問題にしていましていましたが、私にはそんなにひどい入り方をしたようには見えませんでした。 あえて言えばボールを奪われたチェイシングと間合いが緩かったかなと。新潟の先制点はうちより相手、特に山崎の対角線スルーパスとタンキのスピードにきれいにやられてしまいました。

〇成長
決定機3回中2回決めてきたのは凄いと思いましたが試合の主導権はほぼこちらが握っていましたし、伊東の運動量で途中から山崎を守備に奔走させたのはナイスでした。 これで前回同様、山崎に起点を作られていたらもっとカウンターを食らっていたはずです。 また金森はいいですね。管理人様が指摘された場面だけダメなプレーでした。 ドリブラーがあそこで仕掛けないのは論外です。 レアンドロも一人でメンタルコントロールできるようになって欲しいですね。リプレイで相手のほうから突っかかってきているのはわかるので、相手がそういうことをしてきたら(しめしめ、困ってるぞ)と逆に挑発しかえすぐらいのふてぶてしさが欲しいです。 

〇天皇杯 浦和戦
正直当たりたくない、なんでよりによってレッズなんだと運命を呪いたい。 堀レッズで思い出すのは2011年ナビスコ決勝です。毎回審判が途中から突然浦和よりになることが多い。 だから今年の問題はレアケースです。
できればブラジル人選手は出さないで勝ちたいところですがそうもいきませんよね・・・
何事もなく、普通にアントラーズが勝ち進んでくれることを祈ります。

では今回も長文雑文失礼いたしました。



2017-09-19 00:49|コメント支持(0)

【鹿島】 vs 大宮。諦めない大宮を退け首位快走

【鹿島】 vs 大宮。諦めない大宮を退け首位快走

こんばんは!

厳しい戦いをものにできたのは大きいです。 前回名前をあげた選手が活躍してくれました。 また石井さんも観戦にきてくれていました。(イベントに飛び入り参加しちゃえばよかったのに)

〇敗退ダメージ
良かったところは管理人さんと全く同意見です。ゴール裏はあまり元気がなく、選手たちも体が重そうでした。こうゆう時に代わりに出場した選手がたとえ下手でも全力でボールを追い続けてくれるとほんとにメンタル的にも助かります。「博多のネイマール」としてはトラップミスが多かったり、後半の絶好のチャンスで外すなど最高とはいきませんでしたがサポーターがどう感じたかは交代時に伝わったと思います。 歳が背番号に追いついたユキや高パフォーマンスを維持するヒロキなど控えに甘んじていた選手の活躍ほどチームを勢いづかせるものはありません。

〇中盤問題
ショウマ、ヤス、アツのパフォーマンスがいまいちぱっとしません。 ショウマとヤスはダメなりにやることはやっているのですがアツはメンタル的にも厳しいですね。 なぜレアンドロやペドロと組むとあそこまで相手の脅威になれるのにメンバーが変わると連携面どころか個人としてのプレーまで悪くなってしまうのか。 またこの3人に共通しているのは縦に仕掛ける意識が低いため相手は怖くないところです。
わかってはいると思うのですが・・・ そもそもアツとヤスに関して言えばもともとカイオの台頭までは左:アツ、右:ヤスだったわけで監督が違うといえどルヴァンカップではもうちょっと貫禄をだしてほしかった。 
アントラーズの伝統的な戦い方で中盤にはキープに優れるチャンスメーカーを配置して波状攻撃を食らっていてもそこで粘ってクリアボールを回収し、少人数のロングカウンターで相手チームのスペースを蹂躙する、もしくはハイプレスしてくるチームにはゴールキックを回収してからすぐ逆サイドに振って無力化するという戦い方をするためにはアツ、ヤスのプレースタイルは合致しているのにどうも速攻という選択肢が皆無で判断も2テンポほど遅いのが気になります。 どんなに相手の戻りが早くてもスペースに出してしまえば相手は下がらざるおえないので一息つけますし、金森やペドロのスピードも生かしやすい。

試合展開が互角、もしくは相手有利のときはどんどん狙って欲しいです。 キープするにしても味方のFW2枚が疲れてきてからでいいでしょう。たとえうまくいかなくても自分のゴールに向かって走らされるのはメンタル的に疲弊します。
足に違和感があるヤスやそもそもサイドに向いてないショウマは仕方ないにしても次節からでもアツにはやってほしいです。 自暴自棄になっている場合ではありません。 それができればたとえゴールをあげられなくてもアツひとりで試合展開を優位にできます。

〇監督について
もともと私は監督をころころ変えるのは反対でしたが、石井さん、大岩監督、篠田さんをみて考えが変わりました。新人監督ではどうしても限界があり、一度対策されたりバランスを崩すと全く修正ができません。FC東京なんて弱いのはわかりますがなにが悪くて勝てないのか外野からは全くわかりませんでした。
 もし今季首尾よくリーグ連覇できたら監督に一番お金をかけて欲しいです。 大型補強しても組織力の向上には時間がかかりますし、中途半端な監督では戦力を使いこなせません。 今季のアントラーズの戦力は石井さん、大岩監督をもってしても酷ですね。 川崎の鬼木監督が異常なだけです。天才?(大島、中村憲剛、もしくは阿倍のパフォーマンスが落ちてきたときがお手並み拝見です。)

〇次節は新潟戦
ホームでの戦いからどれだけ成長したのか試される1戦です。 新潟は余程のことがない限りハイプレスを慣行してきます。 ボールを奪ったら素早く山崎や矢野に預けて展開。 以前にくらべてセットプレーの威力も上がったように見えます。 

メディアは「着々と首位固め」と書いてますが他国のプロリーグと比較してもJリーグは地獄と同義のリーグだと思っていますので全く油断できません。以前は2-0で勝ったとはいえ新潟はのびのびと攻撃していました。 次節では新潟がハイプレスする気力すらわかなくなるくらい鋭いカウンターで先制ゴールを、そして勝ち点3を奪ってほしいです。
鹿島アントラーズ所属の全選手に期待しています。

では今回も長文雑文失礼いたしました。

2017-09-12 20:16|コメント支持(1)

【鹿島】 vs 仙台(ルヴァン杯)。後半45分のクオリティーを最初から見せなければならない

【鹿島】 vs 仙台(ルヴァン杯)。後半45分のクオリティーを最初から見せなければならない

こんばんは 
私では遠く及ばないレベルの分析、とても勉強になります。
悔しい敗戦でした。 ハーフタイムもノンストップで応援しつづけたのでまだ喉が枯れてます。
ただ誰が出ても鹿島は鹿島。2戦して仙台を上回れないならそれが我々の実力です。

審判のジャッジにはもう対戦チームと同じくらいスカウティングして準備するしかないですね。 ただ今回の山本、村上両氏のジャッジはそもそも笛を吹くのが遅すぎて選手たちを無駄にイライラさせたり、(山本氏)試合の流れに飲まれてジャッジ基準が時間帯によって変わってしまうので(村上氏)アジャストするのも一苦労です。 この見解は仙台サポも同意してくれると思います。 録画でも見てみたのですが秋田さんが失笑していましたね。

〇準備段階
そもそも町田が大けがした時点でACLに敗退したとしても夏のCBの補強は必要でした。広島に行った丹羽が取れていればもう少しなんとかなったでしょう。 フロントの怠慢です。いくら経験積ませる為とはいえ本来ボランチの選手にCBでディフェンスリーダーもしろというのは酷です。
また少し不安なのが怪我人や代表招集でメンバーが少ないときは、必然的に紅白戦のクオリティも落ちているんじゃないかと思います。たとえ敗れるにしてもアントラーズが2戦とも同じ方法でやられるのはあまり記憶にないというか・・・ ただの印象ですが練習内容に変化が必要ではと感じます。

〇不調
アツがダメなのは覚悟していましたが、それに加えてレオ、ムウ、ショウマ、ヤスまでダメだとほんとに打つ手がありません。 またシュウトももう少し頑張ってほしかった。 セットプレーでシュウトがジャンプするタイミングをミスしていなければ先制点献上もなかった。 またユウトはとりあえずお祓いに行け。悪いものがついてるとしか思えない。
 石井さんの時もそうでしたが大岩さんもいつもの戦い方ができないときに弱すぎます。 離脱者が1人ならまだなんとかしてくれるのですが・・・
こういうところは仙台の渡辺監督や川崎の鬼木監督に比べてかなり差を感じます。 悔しいです。

〇初心に帰って
アツにはあの広島戦を思い出せといいたいです。 チーム全体もそうですが大岩さんが就任した当初にかかげた連動した動き、連続したプレーをやらなくなってきています。 私の気のせいならいいのですが。

〇次はホーム大宮戦
大宮は残留あらそいをしているチームですがこの秋の残留争いをしている大宮ほど厄介な相手はいません。仙台の戦いかたを参考に凄まじい勢いでプレスしてくるでしょう。
ACL、ルヴァンカップの敗退を今度こそクラブとして糧にしてほしいです。 特にブエノ(笑っている場合ではない)、ユウト、バチ、タカシなど控えに甘んじている選手は当事者意識をもって練習に励んでほしい。 鹿島では出場機会の少なかった選手が活躍すれば本人の転機になるだけでなくかなりの高確率でその大会で優勝しています。
2015年のナビスコカップ。山村のフィードと高さが相手のパワープレイを跳ね返し、セットプレーからとどめをさしていった。 
2016年クラブワールドカップ。アントラーズの成績をJリーグ勢初の初戦敗退の危機から救ってくれたのは赤崎の同点弾だった。
第96回天皇杯。 ファブの神戸戦の2ゴールがチームを蘇らせ、最後も自らのゴールで有終の美を飾った。

今いる選手たちにもまだまだ期待しています!大宮戦も参戦するので頼むから戦力になってほしい。

では今回も長文雑文失礼いたしました。


2017-09-07 19:37|コメント支持(0)

【鹿島】明日は仙台戦。選手起用が突破の鍵か

【鹿島】明日は仙台戦。選手起用が突破の鍵か

訂正

仙台はルヴァンカップではグループステージの開幕戦のみ大敗していました。 すみません。

2017-09-03 04:35|コメント支持(0)

ブロガープロフィール

profile-iconkuuu

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:28

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

月別アーカイブ

カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss