プロ野球哀愁劇場

国民栄誉賞の次の受賞者を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ・パラリンピックも、9月18日に閉幕してから、すでに1ヶ月余りの時間が過ぎた。しかし2020年の東京に向け、まだまだその余韻は残っている。 リオ・パラリンピックでの日本勢は、銀メダル10個、銅メダル14個の計24個とメダルの数では、前回のロンドン大会のメダル数16個(金5個、銀5個、銅6個)を大きく上回ったものの、残念ながら金メダルの獲得には至らなかった。 オリンピックと比べるとパラリンピックは、テレビの放送、マスコミの扱いもまだまだ小さい。しかしオリンピックと同等の感動を世界中に運んだのは間違いない。

パラリンピックは1948年ロンドンオリンピックの開催と同日にイギリスの病院で行われた。これは戦争で負傷した兵士のリハビリとして『手術よりスポーツを』の理念から開催されている。第二回大会は、1964年に開かれた東京大会の時に開催されている。2020年に開かれる東京大会で実に16回目を迎える。

2016年、国民栄誉賞はオリンピック金メダリストの伊調馨が選出された。 1977年制定の国民栄誉賞はスポーツ選手、歌手、作曲家、俳優、漫画家など様々なジャンルに携わる人に与えられるコトにより価値を高めて来た。その中でもスポーツ選手が受賞する確率は高い。

出来れば、次の国民栄誉賞にはパラリンピックのアスリートを選んで頂きたい。

かつて英語で障害者は『Handicap』と呼ばれていた。社会的不利(ハンディキャップ)を持っているとされていた。かつてハンディキャップを乗り越えて、健常者に近ずくための努力をしなければならないという考え方があった。 しかし現在では『Disability』と呼ぶのが主流となった。Disabilityとは「できない」という意味である。今は、できないことはやらなくてよい、乗り越えなくてもよいという考え方だ。

健常者にも多くの「できない」がある。その「できない」に挑戦し自分の目標に向かう者も多い。 Disabilityにも「できない」に挑戦する者も多く出てきている。しかしそれは、より多くの「できない」と立ち向かわなくてはいけない。 彼らは健常者以上の努力をしてきている。想像の出来ないような練習をしてきている。どうしても実現したい現実にむけ人間の力の極限に挑んでいる。 パラリンピックのアスリートとは、スポーツに向き合い「できない」を乗り越えてきた人間だ。

パラリンピックのアスリートでまず名前が浮かぶのが、車いすテニス界のカリスマ『国枝慎吾』。 9歳の時、脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車いす生活になった国枝慎吾は、母親の勧めで12歳の時、車いすテニスを始める。 2004年アテネ大会:男子ダブルスで金メダル。 2008年北京大会:男子シングルスで金メダルと男子ダブルスで銅メダル。 2012年ロンドン大会:男子シングルスで金メダル。 2016年リオ大会:男子ダブルスで銅メダル。 パラリンピックで3つの金メダルと2つの銅メダルを獲得している。 2010年には車いすテニス初となるシングルス100連勝を達成している。 特筆すべきは史上初となる車いすテニス男子シングルスのグランドスラム(全豪オープン、ジャパンオープン、全英オープン、全米ウィールチェアの4大会制覇)を達成している。

また、リオ大会では惜しくもメダル獲得はならなかったが、自動車事故で車いす生活を余儀なくされた車いすアスリート『土田和歌子』の過去の成績はこのようになる。

夏季パラリンピック  2004年アテネ大会 車いす5,000mで金。 2004年アテネ大会車いすマラソン銀。 2000年シドニー大会車いすマラソ銅 各1個。 冬季オリンピック 1998年長野大会でスピードスケート1,500m 1,000mで金 500m 100mでは銀を獲得している。 ボストンマラソン車いすの部で5連覇。 2013年の大分国際車いすマラソンで、自己記録を更新した1時間38分07秒の記録は世界最高記録となる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
土田和歌子
国枝慎吾
国民栄誉賞
パラリンピック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「国民栄誉賞の次の受賞者を考える。」へのコメント

コメントありがとうございます。共感頂いて大変嬉しく思っています。
綺麗ごとかもしれませんが、色々な賞の受賞者が障害者であろうと健常者であろうと、その部分がニュースにならない将来が来たら良いのにと思っています。まずはそういう将来に向けて障害者から国民栄誉賞のような大きな賞を受賞して欲しいものです。

いにしえの日本では障害者や病を持った子供が生まれると「観世音菩薩」の生まれ変わりとして大切に扱う風習が有りました。この世に役に立たない人間はいません。障害者はその地域の共同体で人々を救う役割を持っていたそうです。

「国民栄誉賞の次の受賞者を考える。」へのコメント

非常に納得させられ、共感いたしました。

個人の努力に加え、そのジャンルでの実績(私の知らなかった事も勉強させて頂きました。)、国民栄誉賞の選考に、なんの障害もありませんね。

こんな記事も読みたい

WTAファイナル・シンガポールの展望【女子テニスも熱い】

WTAモスクワとWTAルクセンブルク【女子テニスも熱い】

スケートアメリカ女子SP見た私の直感【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

全日本テニス選手権2016 ドロー決定! 守屋、内山、綿貫らが出場!【0 to zeroのhorizon】

伊調馨の国民栄誉賞受賞を祝福する。【プロ野球哀愁劇場】

手法はトランプ氏と同じ。都知事のパフォーマンス優先に切り捨てられるアスリートたち。【プロ野球浪漫派宣言】

政治パフォーマンスに翻弄される東京五輪ボート・カヌー会場。 いっその事東京五輪を返上すべし。【プロ野球浪漫派宣言】

途中の路線変更は勇気と決断が求められますが、だからこそ強くなれるかも【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconkurodaikoku

王貞治監督を敬愛し、水戸黄門歌「人生楽ばかり~~♪」を座右の銘とし、太陽の塔でテンションを上げ、ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」を聞きながら、野球と宝塚歌劇と落語と猫と神社仏閣を目指し徘徊する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:626711

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中田翔のFAと広島カープのFA
  2. 巨人軍監督の3年後あたり!?を妄想すると・・・。
  3. 清宮幸太郎の背番号
  4. 突然の加速で優勝した広島カープと突然の失速で優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス
  5. 阪神タイガースの大いなる苦悩
  6. 史上最高のクリーンナップトリオとAKB48の係わりについて妄想する。
  7. 阪神タイガース 大和選手に願望する。
  8. 緒方孝市 五つの夢
  9. 甲子園球場の雨天中止
  10. 日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss