プロ野球哀愁劇場

伊調馨の国民栄誉賞受賞を祝福する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月20日、女子レスリング オリンピック4連覇 伊調馨の国民栄誉賞授与式が首相官邸で執り行われた。

国民栄誉賞授与式に現れた伊調馨はすっきりとまとめられた髪、白と紫色に彩られた振袖の いでたちがあまりに美しい。 ましてや緊張気味に安倍晋首相から受賞記念の刺繍も施された西陣織の『光吉装華文』文様 本袋帯を受け取る所作が、なおさら美しい。

国民栄誉賞は、1977年、当時の福田赳夫総理が本塁打世界記録を達成した『王貞治選手』を讃えるため創設したのが始まりである。 国民栄誉賞は内閣総理大臣表彰で、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」を目的とした賞だ。暗黙の了承として「これまでの功績を積み重ねてきた上に、さらに歴史を塗り替える、突き抜けるような功績をあげたもの」という項目がある。首相の独断で決定するのでは無く、民間有識者の意見を聞くと定められている。

今回、国民栄誉賞を受賞した伊調馨は、長年 吉田沙保里の影に隠れていた感は否めない。 伊調馨の国民栄誉賞受賞決定以前の『ALSOK』のCMを見ると良く分かるのだが、センターはあくまでも吉田沙保里で伊調馨はセカンドの位置に置かれている。あまりにカリスマ性の強い吉田沙保里に対し実績では大差は無いにせよ、奥ゆかしい伊調馨が一歩引いたカタチになっている。それはまるでAKB総選挙での、絶対女王センター『さしこ』に対する『まゆゆ』の関係に似ている。 そこには、近畿(三重)出身の吉田沙保里に対し、東北(青森)出身の伊調馨の『ケンミンショー』的な違いがあるのかも知れない。

2016年、伊調馨の国民栄誉賞会見と国民栄誉賞授賞式は彼女らしく謙虚さに溢れていた。 「本当に栄誉ある賞を貰ったのだと初めて実感できた。と同時に身の引き締まる思いも湧き上がってきた。」 後進の指導や競技の普及について問われると、 「自分の中ではまだ、レスリング人生はまだ半分の50点ぐらい。」 「レスリングの普及や発展に尽力出来なかったと反省している。レスリングがメジャーになるよう、自分も努力しなければいけない。」 「子供も含め世界中の人に教えていきたい。」 ファンについては、 「ファンの方に声を掛けられるのはすごく有難いこと。『ありがとうございます。』と2・3分でもお話出来たら良いと思うけど、私はすごくつまらない顔をして早くこの場から立ち去りたいとしているように見えるかも知れない。申し訳ないと思っている。」と発言した。

受賞記念品の本袋帯について、 「どんな着物に合わせようかと楽しみな気持ちでいっぱい。着物の文化、日本人としての誇りをしっかりと持って世界に発信したい。」 「総理も『たくさんの場所で着て欲しい』とのコトなので、大切に保管するのではなく、色々な所でお見せしたい。」と常々、和装文化を伝えたいと語る伊調馨は話した。 どこまでも、先輩への敬意、周囲への感謝、自分を省みた言葉、そして受賞の喜びや抱負を語った。

「自分の理想は母。母が私を産んで育ててくれたから、世界初(五輪4連覇)の女性になれた。世界初の女性として、日本人女性として、これから立派に生きていきたい。」と唯一無二の母への愛溢れる言葉、そして今を生きる自分への戒めの言葉を綴った。

それでも、伊調馨のように目標を達成できた人間は稀だ。 いくら頑張っても目標や記録にたどり着けない人は大勢いる。いつの間にかたどり着く場所を変更したり、諦めたりしてしまう場合も多い。 しかし自分を追い込み、くさらず努力を積み上げていれば、いつか日の目を見る。思っていた場所では無いかも知れないがどこかにたどり着く。もしかしたら、その場所は思っていた以上の場所かも知れない。 たとえば、やっと目的の地へたどりついても、その場所にはすでに偉大な先人がそびえ立ち、それ以上前に進め無い場合もある。自分が思っているより周囲の評価が低い場合もある。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
光吉装華文
西陣織
国民栄誉賞
吉田沙保里
伊調馨

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

手法はトランプ氏と同じ。都知事のパフォーマンス優先に切り捨てられるアスリートたち。【プロ野球浪漫派宣言】

政治パフォーマンスに翻弄される東京五輪ボート・カヌー会場。 いっその事東京五輪を返上すべし。【プロ野球浪漫派宣言】

途中の路線変更は勇気と決断が求められますが、だからこそ強くなれるかも【Armar know Jack Bigwild】

2016年9月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

マイナー競技を楽しんでみようvol.2 アーチェリー【Armar know Jack Bigwild】

【その他|2016-2017リーグ戦の意気込み】#2 #3 #6 #13  ハンドボールBLUE SAKUYA【BLUE SAKUYA 感動が舞うコートへ!】

【リオ五輪の風】今さら、吉田沙保里の歴史的敗退の観戦記【サムライブルーの風】

レスリング部・全日本学生レスリング選手権大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkurodaikoku

王貞治監督を敬愛し、水戸黄門歌「人生楽ばかり~~♪」を座右の銘とし、太陽の塔でテンションを上げ、ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」を聞きながら、野球と宝塚歌劇と落語と猫と朱印帳を持って神社仏閣を目指し徘徊する。
  • 昨日のページビュー:180
  • 累計のページビュー:450781

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人軍監督の3年後あたり!?を妄想すると・・・。
  2. 突然の加速で優勝した広島カープと突然の失速で優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス
  3. 阪神タイガースの大いなる苦悩
  4. 史上最高のクリーンナップトリオとAKB48の係わりについて妄想する。
  5. 阪神タイガース 大和選手に願望する。
  6. 緒方孝市 五つの夢
  7. 日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】
  8. WBCに出場する侍ジャパンの背番号『18』が空いている。
  9. ポケモンGO!! コイキングとコイの新井
  10. マット・マートンと和歌山の係わりについて妄想する。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss