プロ野球哀愁劇場

突然の加速で優勝した広島カープと突然の失速で優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス

このエントリーをはてなブックマークに追加

セリーグは、シーズン前にはそれほど評価の高くなかった『広島カープ』が、6月5日に首位に立つと、32年ぶりの11連勝も経験するなど最後まで首位を守りきり、史上2番目に早い9月10日に優勝を決めた。最終的に2位巨人に17.5ゲームの大差をつけている。

広島カープがセリーグ優勝した理由は多岐にわたる。 エース前田健太のメジャーポスティング移籍より球団が得た約24億円という資金。 2009年に新設された『マツダ・ズーム・ズーム・スタジアム広島』の存在。 この美しい球場が完成しなかったら、黒田博樹や新井貴博が広島カープに復帰しなかったと言われている。今シーズン日米通算200勝を挙げた黒田博樹、2,000本安打・300本塁打を記録した新井貴浩を若手選手がリスペクトする一体感。 緒方監督の続投策は、開幕当初は後手を踏み接戦を落とす場合が見られたが、新外国人選手セットアッパーのブレイデン・ヘーゲンス、ジェイ・ジャクソンからクローザー中崎翔太への必勝パターンを確立した。 前田健太が抜けても野村祐輔が16勝、ジョンソンが15勝と最多勝の1位2位を広島カープが独占する。 『タナキクマル』が1・2・3番に固定され田中広輔・菊池涼介・丸佳浩で守り勝つ野球が確立した。 「神ってる」で流行語大賞確実な鈴木誠也が、打率リーグ2位の.335、本塁打リーグ5位の29本、打点も5位の95打点、盗塁は7位の16盗塁と広島3人目のトリプルスリーが確実なトコロまで来ている。 広島カープが89勝した半分以上の45勝が逆転勝ちという「神ってる」粘り強さ。 12球団で最も早く認知された『カープ女子』の存在も忘れてはいけない。 なんといっても、2016年の広島カープは、得点(684)、失点(497)、本塁打(153)、盗塁(118)、打率(.272)、防御率(3.20)の全てがリーグトップという数字が物語っている。

さらに、2016年が『申年』だったコトも理由になるのかも知れない。申年のラッキーカラーは例年『赤』とされている。『赤』といえば広島カープだ。広島カープの66年の歴史の中で優勝回数は7度。優勝確率は10.61%でしかない。赤ヘル誕生の1975年以降、申年は1980年・1992年・2004年・2016年の4度やって来た。その4度のうち、1980年と2016年の2度優勝している。優勝確率は50%と5倍近く跳ね上がっている。

パリーグの前半戦の主役は、優勝に死角なしと言われた『福岡ソフトバンクホークス』だった。 福岡ソフトバンクホークスが、下馬評通り4月19日首位に立つと無類の強さで前半戦を勝ち進む。 6月のセパ交流戦でも13勝4敗1分と勝率1位となる。この頃の福岡ソフトバンクホークスは日本プロ野球界無敵と言われ、史上初の6月でのマジック点灯かと騒がれた。6月18日には日本ハムとの差を11.5ゲームまで広げる。 しかし11.5ゲームもあったゲーム差も、北海道日本ハムファイターズが6月19日から7月11日に球団新記録の15連勝を達成するなどして、一気に縮まってしまう。 福岡ソフトバンクホークスは、2015年のトリプルスリー柳田悠岐が骨折、バンデンハーク、勝ち頭和田毅らの故障などで、後半戦は前半戦から一転大失速し、8月末には首位から陥落してしまう。その後、福岡ソフトバンクホークスは北海道日本ハムファイターズとの首位争いを激化させ、順位は一進一退していたが、天王山9月21・22日の日本ハム2連戦に連敗してしまう。 そして9月28日、日本ハムは西武戦に大谷翔平を先発させ勝利し、リーグ優勝をかっさらって行く。 無敵と言われた福岡ソフトバンクホークスが2位に甘んじてしまった。

福岡ソフトバンクホークスは、広島カープが加速し優勝へ突き進み始めた頃、時を同じくしてまさかの失速を始めている。これはただの偶然なのだろうか。 広島カープがセリーグチャンピオンとなり、福岡ソフトバンクがパリーグを制した場合、両チームが日本シリーズで相対する可能性は高い。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
黒田官兵衛
黒田博樹 

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今季最終戦、対楽天戦(QVCマリン)&今江を悪く言う楽天ファンへ。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

ベストナインは山田なのか菊池なのか【ヒザ爆弾の独り言】

100%と99%の違い【FF】

CSファーストステージについて(カープ目線)【かずのすけの日記】

鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。【青木寝具店のブログ。】

さようなら「ミスターカープ」【751015〜すべてはそこから始まった】

中東が戦力外とは残念【赤バカ日誌】

来季の3つのポジションを考える【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ブロガープロフィール

profile-iconkurodaikoku

王貞治監督を敬愛し、水戸黄門歌「人生楽ばかり~~♪」を座右の銘とし、太陽の塔でテンションを上げ、ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」を聞きながら、野球と宝塚歌劇と落語と猫と神社仏閣を目指し徘徊する。
  • 昨日のページビュー:290
  • 累計のページビュー:497196

(10月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人軍監督の3年後あたり!?を妄想すると・・・。
  2. 突然の加速で優勝した広島カープと突然の失速で優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス
  3. 阪神タイガースの大いなる苦悩
  4. 史上最高のクリーンナップトリオとAKB48の係わりについて妄想する。
  5. 阪神タイガース 大和選手に願望する。
  6. 緒方孝市 五つの夢
  7. 甲子園球場の雨天中止
  8. 日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】
  9. WBCに出場する侍ジャパンの背番号『18』が空いている。
  10. ポケモンGO!! コイキングとコイの新井

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss