プロ野球哀愁劇場

五輪ロス (派生スポーツのススメ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

リオオリンピックが終了した。

日本過去最高の41個ものメダルを獲得したリオオリンピックが閉会してしまい、これから『五輪ロス』が懸念される。

リオオリンピックの衝撃は、男子7人制ラグビーがニュージーランドを破った場面から始まった。結果的にはメダルには届かなかったものの、メダル以上の輝きを見せつけた。 一般的な15人制ラグビーは『ユニオン』と呼ばれ、オリンピックに採用された7人制ラグビーは『セブンズ』と通称される。セブンズは15人制ラグビーとほぼ同様のルールで、同様のサイズのフィールドで行われる。 大きく違う点は、セブンズはユニオンの半分以下の7人で試合が行われる。そしてユニオンが試合を前後半各40分で行うのに対しセブンズは各7分と、1/6程度の試合時間だというコトだ。

同じようにメジャーな球技がら派生したのが、バレーボールに対するビーチバレーだ。砂浜と床の違いはあるが、サイズ的には同じ大きさのフィールドで行われる。1996年のアトランタオリンピックから正式に採用された。このビーチバレーはバレーボールが6人制に対し、2人制と出場人数が大きく違う。バレーボールが21点先取の5セットマッチに対しビーチバレー1セット21点先取の3セットマッチ(3セット目は15セット先取)とセット数が短縮されている。

フットサルはサッカーの派生種目だ。 フットサルはフットボールと室内を表すスペイン語のサロンの造語としてフットサルという名称が誕生している。 フットサルのピッチは縦38~42m×横18~25m。それに対しサッカーは縦105m×横68m。フットサルのゴールの大きさは幅3m×高さ2mで、サッカーの幅7.32×高さ2.44に比べると遥かに小さい。ボールにしても外周62~64cmとサッカーの68~70㎝と比べるとやや小さい。そして競技人数は11人制のサッカーの半分以下の5人で、サロンの名の通り床の上でプレーする。試合時間はサッカーの前後半各45分合計90分に対し、半分以下の前後半各20分、合計40分となる。FIFAワールドカップが4年に1度開催され、2012年タイでのワールドカップにはキングカズが出場している。

近年ヨーロッパでも競技人口が増加している『野球』の派生スポーツといえば『三角ベース』だ。 三角ベースのフィールドは12m~14mの正三角形になる。本塁ベースからのフェアゾーン角度は60度で、野球の90度より遥かに狭い。ピッチャーのゾーンは、本塁ベースより7mの範囲となり野球の半分以下となる。ホームランゾーンはフィールドの30m正三角形の底辺を弧にしたゾーンになり野球の1/3以下になる。野球と比べ箱庭サイズだ。出場選手は7名でイニングも5回程度で行われる。透明ランナーや、ランナーにボールをぶつければアウトになる『投げ当て』という特殊ルールも存在する。

これら、公園でボール遊びをしようとして、メンバーが十分集まらないけど、取り敢えず始めよか・・・で始まり、疲れたらもうやめよ・・・で終了していたボール遊びが、派生スポーツに進化し、オリンピックまで到達した競技まで出現した。 そして、元の競技よりこれら派生スポーツは、人や時間やフィールドなどがより小規模に行える。

東京オリンピックでは『野球』競技が行われる。 将来、野球の派生スポーツの、『三角ベース』がオリンピック種目に採用されるには、これら派生スポーツの利点以外にも、魅せる要素として、ビーチバレーのようにコスチュームに凝る必要があるはずだ。砂浜でプレーするビーチバレー、特に女子ビーチバレーは褐色の肌とビキニの組み合わせは衝撃的だった。 別の意味で、衝撃的なユニフォームを三角ベースが採用するならば、西岸良平の『三丁目の夕日』に描かれている昭和30年代のガキ大将をイメージしたデザインとする。それは白いランニングシャツにライトベージュの短パン、ベルト変わりの荒縄、そして正義の味方を模した風呂敷マントを首にくくり付ける。風になびくマントが涼しげでカッコ良い・・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
リオオリンピック
三丁目の夕日
西岸良平
カンけり
蹴鞠
三角ベース
7人制ラグビー
フットサル
ビーチバレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkurodaikoku

王貞治監督を敬愛し、水戸黄門歌「人生楽ばかり~~♪」を座右の銘とし、太陽の塔でテンションを上げ、ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」を聞きながら、野球と宝塚歌劇と落語と猫と朱印帳を持って神社仏閣を目指し徘徊する。
  • 昨日のページビュー:149
  • 累計のページビュー:461684

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人軍監督の3年後あたり!?を妄想すると・・・。
  2. 突然の加速で優勝した広島カープと突然の失速で優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス
  3. 阪神タイガースの大いなる苦悩
  4. 史上最高のクリーンナップトリオとAKB48の係わりについて妄想する。
  5. 阪神タイガース 大和選手に願望する。
  6. 緒方孝市 五つの夢
  7. WBCに出場する侍ジャパンの背番号『18』が空いている。
  8. 日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】
  9. ポケモンGO!! コイキングとコイの新井
  10. マット・マートンと和歌山の係わりについて妄想する。

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss