倉俣監督BLOG

野球に必要なトレーニングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。冬季練習は7時半からの動体操=自体重トレーニングに約1時間を要し、そこから3000m走を行い、午前中は守備系、日中は実戦系、午後は打撃系、締めは300mシャトル走5本と内容が濃いですが、中学生の体力は恐るべし。

・筋肉痛がない ・筋肉痛は腿裏に少しあるだけ

がほとんどの様子。スキャモンの発育発達曲線では、

・13~14歳が呼吸循環能力が成長するピーク

ですが、まさしく、

・理論通り

おそらく今後、陸上部に入り専門的なトレーニングをしない限り、1500m走を5分以内、3000m走を12分以内で走ることはないのだと思います。

と言うのも、日曜日に来た大学生の中に卒業生の柴崎選手(前橋育英高→新潟医療福祉大2年)がいたので、3000m走では

・1周(300mトラック)を70秒で2周、中学生と同じペースで走れたら凄い!

とおだてて、実際に走ってもらいました。結果は合格。見事中学生と同じペースで走れたのですが、その後はゼイゼイハアハア。呼吸が回復するまでに相当時間が・・・。その間、中学生は1周70秒ペースで10周完走。11分台の記録をたたき出すのですから、

・中学生の持久走は人生のピーク

には説得力があると感じます。もちろん、新潟医療福祉大で正捕手の柴崎選手はロングティーでは90mのフェンス越えを連発(中学時代の打球速は140キロだったので大学ではそれ以上か?)。ボールがピンポン玉の様に飛んで行く様子を見ると、野球はつくづく

・筋肉を太く ・除脂肪体重を増やしながら

毎日続く技術練習、実戦練習でケガをしないために、

・筋持久力 ・有酸素持久力 ・柔軟性

を鍛え、

・ケガをしない体作りをする

に尽きると感じます。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ボーイズリーグ指導者講習会【倉俣監督BLOG】

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから10:送出国側からみたベースボールのプロ化の広がり 後編【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

【17東京ベースボールスクール】第二回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:480
  • 累計のページビュー:2236749

(01月16日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss