倉俣監督BLOG

3000m走と300mシャトル走の評価基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。今日の最高気温予想は10度。昨日より4度も低くなり、厳しさが増しています。防寒と風邪には注意が必要ですね。

さて、冬季練習に入り、

・3000m走 ・300mシャトル走

も2回目が終わりました。記録を掲載して頂きましたので、ご子息の頑張り具合をご確認下さい。それぞれの評価基準は

・3000m走 A評価 11分台 B評価 12分台 C評価 13分台 D評価 14分台 E評価 15分台 F評価 16分台以下

の1分刻み。1分違うと「250m位の差がつく(1周300m)」という感じです。毎年のことながら、周回遅れは寂しいですね😢。

余談ですが、昨年の冬季練習では何回か現在高1でサッカーをしている息子を走らせた時のベストタイムは11分02秒。「もっと真剣に走れば10分50秒くらいは可能」とのことでした。前橋育英の持久走(1キロ×10本)では1年生51人中トップ5に入るものの「絶対に抜けない選手もいる」と言うので、サッカーのトップレベルは10分30秒程度と感じます。野球選手はサッカー選手より体重が5キロ以上重いのでトップレベルは11分台、最低でも12分台で走りたいですね。

・300mシャトル走 A評価 50~54秒 B評価 55~59秒 C評価 60~64秒 D評価 65~69秒 E評価 70秒~

の5秒刻み。300mシャトル走は、30秒過ぎたあたりから、腿とお尻に乳酸が溜まり始め動かなく・・・。トレーニングとしては30秒以降が勝負なのですが、狙いはもう一つ。

・3分間のインターバル(休憩)でどのくらいスタミナが回復しているか

です。1本走るだけなら40秒台前半のタイムで走れる選手は多く、これは筋力やスピード能力がある証。ただし、インターバル走では

・徐々に蓄積する疲労を3分で取り除くことができるか?

という疲労回復能力と共に、

・50秒前半で走る時のスピードが全力の何%か?、どの位の余裕があるのか?

という「運動強度」を計っているのです。

つまり、50秒というタイムが「全力の70%程度」ならインターバルは3分、あるいは、2分で十分。しかし、「ほぼ全力」、または、「全力以上の出し切り状態」ならインターバルは10分ないと回復しません。

さらに、この2つのトレーニングのねらいは、

・3000m走は、試合の「翌日」に疲れを残さない体力

・300mシャトル走は、試合の「後半」に疲れを残さない体力

です。

今年の冬季練習は中体連の群馬選抜のメンバーが5~6名参加していますが、彼らを含め3000m走で11分台の選手は39名中3名。300mシャトル走で50秒前半の選手は39名中4名。

野球の能力は、

・基礎体力 ・技術 ・頭脳(理解力)

で評価できますが、「走る」は基礎体力の中で最も大切な能力。

「走る」ことの意味を理解し、どれだけ自分と厳しく向き合えるか?が勝負。来春は、A評価、B評価の選手のみでレギュラーが決まることを期待します。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

プレゴールデンエイジの大切さ【倉俣監督BLOG】

オーストラリア、台湾リーグに参入か【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

【留学日記】<サンディエゴ短期AT留学:智貴さん>今よりももっと成長するために・・・【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:510
  • 累計のページビュー:2220929

(12月11日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss