倉俣監督BLOG

なぜ3000m走るのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。週末は野球へのお付き合い、誠にありがとうございました🙇。12月2、3日は朝の集合時の気温は0度。グラウンド一面には霜が張り一面真っ白でしたが、無風、気温も12~13度まで上昇。冬には何回しかない野球日和となりました。

そんな中、12月2日の1・2年生は冬季練習初日。トレーニングを兼ねたウォームアップ50分。自体重を使った

・スクワット ・ランジ ・ウォーキングでの腿上げ、正面左右

等のメニューで徹底して股関節周辺の体幹筋群を強化。今週の日曜日は近年強くなってきた新潟医療福祉大学の硬式野球部の学生4名が「トレーニングの勉強をしたい」と見学予定ですが、「トレーニングの理屈は中学生も大学生もプロも一緒」。何か参考になればと思います😁。

続く3000m走の目標は12分以内。何で12分以内かと言うと、

・若いプロ野球選手は大抵11分台、または、12分走では3300m~3400m走れるから

しかも体重は80キロ台・・・。

さらに、体の発育の面からは、

・13~14歳で持久力の成長がピークを迎えるから

この2つの現実から、中学生で体重50~60キロ台の選手で3000m走を12分切れない選手が「プロ野球選手になりたい」と言っても、それは、

・現実を知らない

と言わざるを得ません😅。

また、この日は、強豪校の監督さんがお見えになりましたが、やはり魅力的な選手とは、

・足が速い ・スタミナがある ・ケガをしない ・上手い ・パワーがある

など体力と技術に注目。そこがクリアできると

・家庭環境 ・性格

を確認するといった感じがします。

幸い、中学で硬式野球に打ち込んでいる選手のうち、

・プロになりたい

という目標を達成できる選手は200人に1人。さらに、小学6年でNPBジュニアに選ばれた選手は18人に3人と高い確率。こうなると目標達成は現実的。ただ、このレベルになると、目標は、

・プロになること

ではなく、

・プロで長い間活躍すること

・野球で給料をもらい続けること

この2つの目標を達成するには、

・絶対にケガをしない

それには、

・翌日に疲れを残さない体作り≒8時間の睡眠で疲れを完全に取れる体作り≒3000m走を12分以内で走る体力作り

こんな考え方が理に適っているのだと思います。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから9:送出国側からみたベースボールのプロ化の広がり【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

【アリゾナウインターリーグ体験談:岩間 貴弘さん】~完全燃焼したアリゾナでのベースボール【ベースボールコミュニケーション 野球トライアウトブログ】

【17東京ベースボールスクール】第一回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2220420

(12月11日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss