倉俣監督BLOG

野球とサッカーの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。大会から一夜明けましたが、冬季練習への課題は明確になって来たでしょうか。

さて、私は昨日、宮崎から熊本入り。この10年で3度目の熊本入りとなりました。ただ、震災後は初めて。2016年4月に震度7の地震に見舞われた熊本地震から1年半以上が経ち、「家屋の倒壊、高速道路の分断など酷かったが、街はだいぶ落ち着いてきた」とは地元の方の話。

また、私にとって熊本の印象は「野球王国」。古くは川上哲治さん、アカデミー元校長でもある末次利光さん(巨人軍元5番打者、2軍監督、現東都大学野球連盟理事)。近年では秀岳館高校。熊本工業の伝統も根強い・・・。熊本市内のアカデミーでも、子ども達は幼児から小学6年生まで70名ほどが元気に練習していました。

私は行く先々で保護者や子ども達に「野球とサッカーどちらが人気?」と聞くのですが、小学6年生の男の子に聞くと、

・クラス(男子20名)で野球は4人、サッカーは6~7人

また、若い学生コーチに聞くと、

・僕らの頃は野球の方が運動神経が良かったが今はサッカー

とたった10年ほどで野球とサッカーの勢力図が変ってきているとのこと。昨日はお正月の全国高校サッカー選手権大会に熊本代表で出場する東海大星翔高校の横を通り過ぎましたが、サッカー部員は夜8時過ぎだというのに大勢がまだ練習中・・・。運転していた方が「この高校のサッカーグラウンドは県内で唯一FIFA対応」。「国際大会も開ける」と言っていました。

そんなサッカーの隆盛を象徴するかの様に、何と九州全土に広がるソフトバンクホークスのジュニアスクールが鹿児島、宮崎、熊本から撤退し始めているとの情報が耳に入ってきました。我がチームの卒業生の中澤さん(早大本庄→早稲田大学)が昨年ソフトバンクホークスに入社したので、詳細を聞いてみようと思います。

おそらく、サッカーが人気になった理由は、

・幼稚園から園庭、または、送迎バス付でサッカーができる

・キッズが楽しめる様な練習や試合方法が確立している

・練習時間が短く週末の全てを拘束されない

・保護者のお茶当番がない

・キッズ→ジュニア→ユース→プロと夢を実現させるための道筋が整備されている

・指導ライセンスが整備されているため、コーチの言動、指導力に信頼を置ける

・高校でもJリーグユースと高校が同じ土俵で試合をしている

・150名以上いるチームでも5軍までありトーナメントやリーグ戦に出場、補欠がいない

などですが、これらの環境が

・全て子どもの成長に結びついているため

だと感じます。宮崎、熊本で起きている現象はきっと全国各地で起きている現象なのだとも感じます。

いよいよ、野球界も軟式・硬式、プロ・アマ、小学校・中学校・高校など、縦と横の組織をサッカーの様に繋げないと、とんでもない時代になってしまうと感じます。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎ジャイアンツボーイズ オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。リンクはこちら→【http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スコアブックから決勝戦を振り返ると・・・【倉俣監督BLOG】

宮崎からの情報発信【倉俣監督BLOG】

「強い気持ち」が全て?【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:416
  • 累計のページビュー:2237164

(01月17日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss