倉俣監督BLOG

少年野球人口が少なくなる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。週末は野球へのお付き合い、誠にありがとうございました。3週続けて雨や台風の影響を受け、スケジュールは二転三転。それでも何とかやり切ることが出来たのは関係者の皆様のお蔭。特に、昨日の夕方、室内を拝借させて頂けた農大二高様には感謝いたします🙇。

さて、まずは、土曜日の北関東大会1回戦前橋中央ボーイズ戦を振り返ってみたいと思います。

1点先制の3回。ノーアウト2・3塁時の5番打者の打球は、2ボールのカウントからサードホップフライの場面。この場面は、

・パスボールで3塁走者生還 ・セカンド方向へのゴロで得点 ・投手はストライクを取りたい

という状況。よって、

・狙い球は真ん中から外角高めのストレート ・狙う方向はセカンド方向(逆方向)

でした。

野球は気持ち良くヒットを打てればそれに越したことはないのですが、

・ヒットを打てなくても得点する、得点できる

ことが、強いチームの条件。

結果的に、この回は、

・2アウト2・3塁からセカンドへの内野安打で2得点

ですので、もっと早くからセカンド方向への打球を打つべき。

中学野球では、徐々に戦術や作戦、頭を使う野球にシフトしていき、そこが〝野球を知っている〟と高校野球でも評価されるポイントになります。ぜひ、チームで情報共有してもらいたい場面でした。

また、セイフティーバントでの1塁でのヘッドスライディング😓😓😓。高校野球では良く見られる光景ですが、とても危険なので、

・なぜ高校野球は1塁へのヘッドスライディングを禁止しないのか?

不思議でなりません。クロスプレーでは送球が逸れることがしばしば。もし、送球が逸れて1塁手のスパイクに走者の手が踏まれたら

・手指の粉砕骨折は必至

「高校野球は教育の一環」を公言するなら、後遺症を残しかねない危険なプレーはルールで禁止にするか、全チームが「方針」として禁止を打ち出すべき。そうでなければ、中学生は真似をしてしまうでしょう。

また、余談ですが、この試合は藤岡の河川敷で行われたのですが、隣では、小学生と中学生のサッカーチーム、小学生の野球チームが練習。その人数の差はサッカーの圧勝😓😓😓。そんな状況で、「なぜサッカーが人気なのか?」、少し分かる気がしました。

少年野球チームの人数は11名。指導スタッフは3名。母親達はバックネット裏で観戦。ここまではどのチームも同じ。でも、練習を垣間見ると、

・コーチが11名の子どもを3塁に集めノック

・子どもがボールに触れる回数はノック11回に対して1回

この練習法を見た瞬間、多くの母親と子どもは野球に失望。サッカーに興味を示して行くのだな、と感じました😢。

と言うのも、小学生の時期に一番伸びる能力は、

・調整力

「コーディネーション能力」とも言われますが、この能力を伸ばすコツは、

・ボールタッチの量

徹底的に運動強度を下げ、反復練習を増やすことが大切。11対1の比率の練習は、100m走など全力疾走で十分な休息が必要な時の練習法。指導理論の基本的なことを指導者が知らない・・・。

・指導者の能力≒子どもの能力

をつくづく感じた瞬間でした😢。

私どもの今朝のホームページには、ボールタッチを増やす

・5人一組のゴロ捕球(10m~15m) ・1mの距離からの2人組キャッチ ・3mでのバックスピン掛けペッパー

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本シリーズ・女王決定戦☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

欧州を拠点に野球選手のエージェント業をやっている人に話を聞いてみた【世界の野球】

オーストラリアン・ベースボール・リーグと社会人野球の提携強化へ:HONDAの担当者に聞く -1-【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:277
  • 累計のページビュー:2236270

(01月15日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss