倉俣監督BLOG

タイブレイク、連投禁止、投球制限は当たり前

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。今週は月曜日が祭日だったので昨日のみでした。

さて、昨日のニュースに高校野球でタイブレイクが導入されることが大きく報道されていました。投手を

・肩や肘の障害から守る

ことが大きな狙いですが、野球解説者の桑田真澄さんは、

・タイブレイクの導入だけでは根本的な解決にならない

とし、さらに、

・投球制限 ・連投禁止

を盛り込まないと意味がないと提言しています。

私も桑田さんの提言には全面賛成の立場。高野連の「部員数の少ない、投手の少ないチームが不利になる」という見解は、

・投手をケガから守る

という論点とは別の問題。ケガを守るという論点からは、タイブレイクの導入以上に、

・投球制限 ・連投禁止

は大切です。

スポーツ医科学の観点からは、投球のメカニズムが解明されたことにより、

・速いボールを投げるためのトレーニング方法

・コントロールの良い投手を育成するための練習方法

等が広く周知されてきましたが、システムだけは

・旧態依然のまま

ではお話になりません。私が27歳で渡米する前、東京学芸大学の大学院で「スポーツ障害に関する研究」と題して、実業団に所属する日本トップレベルの女子ソフトボール選手のスポーツ障害の実態調査をしたのですが、

・まあひどい

全日本レベルの選手は、皆、

・膝痛、腰痛、肩痛など、一人平均2.3個の慢性障害を抱えて競技生活を続けている実態

が明らかになりました。これは、小学校、中学校、高校、大学(実業団)と一つのスポーツに打ち込み過ぎた結果。多くの選手が、

・ケガに苦しみながら日本代表などの地位まで上り詰めている

のです。残念ながら、これでは世界で勝てません。野球、ソフトボールが盛んなアメリカでは、高校生までは複数スポーツをこなすシーズン制を採用。スポーツ障害に悩まされることなく28歳程度でスポーツ選手としてのピークを迎えられるようなシステムになっているのです。

今朝の上毛新聞には、前橋育英高校3年・丸山和郁選手のU18世界大会感想が大きく掲載されていますが、優勝したアメリカの選手と日本の選手がバスケットボールの試合をしたら、おそらく、

・100点差以上のワンサイド

と予想。世界で勝つにはそれだけ

・身体能力の高さ ・スポーツ障害の予防

は必要不可欠。こんな提言をできる人が高野連の組織内にいれば

・投球制限 ・連投禁止

は一気に実現されるのだと思います。

野球は、最も子どもの身体能力を向上させるのに相応しいスポーツなのですが、唯一の懸念材料は

・やり過ぎ

スポーツ選手はケガをしたら元も子もないのです。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【カナダ高校野球セレクションツアー2017】<5日目>【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

【パーソナル野球留学:中3・二葉君】~とにかく楽しかった2週間の野球留学!【ベースボールコミュニケーション 野球短期留学ブログ】

【パーソナル野球留学:中3・雅貴君】~積極的になれた野球留学【ベースボールコミュニケーション 野球短期留学ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:865
  • 累計のページビュー:2225645

(12月16日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss