倉俣監督BLOG

自分の子どもの運動能力は高いのか低いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は夜間練習への送迎、指導、誠にありがとうございました🙇。今週末は台風の影響をもろに受けそうなので、昨日は貴重な練習になったと思います。

さて、夜間練習では、70㎝程度の高さのハードルを10台ジャンプするトレーニングをしていますが、着地を見ていると、およその運動能力を知ることができます。目安は、

・着地音が小さく跳び方が軽快→かなり運動能力が高い ・着地音が大きく動作が遅い→もっと基礎体力を付けるべき

です。自分のお子さんはどちらに入るでしょうか。一度、お子さんの練習の様子を見て頂ければと思います。

運動の基本とは、

・姿勢を保つ能力 ・移動能力 ・道具を操作する能力

ですが、この「移動能力」には、

・走る ・跳ぶ

という陸上競技で最も大切な要素が入ります。また、「道具を操作する能力」には、

・投げる

が入り、陸上競技の「走・跳・投」はまさしく、

・野球の基本

その数値的な目安は、「走る」では

・50m6秒前半 ・塁間走3秒台

等ですが、「跳ぶ」では、

・70㎝のハードルを軽々と跳べているか?

という主観になります。

また、「投げる」では、小学1年生で30m位、普通にキャッチボールができる子が私の周りには沢山いて、この子達は小学6年で70m、中学3年で90m以上投げられる様になります。

こんな運動能力を持つ子どもは如何に育つのか?。私が見ている限り、運動能力の高い子の特徴は、

・たくさん外遊びをしている ・プロ野球(良いもの)をたくさん見ている

の2つ。

昨日読んだ毎日新聞のコラムに「運動の二局化」と題して、

・高校の越境入学が増えている ・少年野球人口が激減している

とし、

・どちらも深刻な問題

が載っていましたが、自分の住んでいる地域で能力の高い子を沢山育てれば、

・越境入学の必要性は無くなるし

運動能力の高い子が野球に触れる機会を増やせば

・少年野球人口激減は解消できる

70㎝のハードルをジャンプする子どもを見ながら、そんなことを考えていました。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年東都大学野球1部秋季第2週(亜細亜大×日本大 中央大×立正大)【北のお部屋】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対立正大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

プロ野球の一端【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:940
  • 累計のページビュー:2221868

(12月12日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss