倉俣監督BLOG

想像力が最も大切?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。週末は野球へのお付き合い、誠にありがとうございました。二日間とも猛暑を記録。特に、昨日は小平ポーニーズ様を迎えて練習試合。気温は館林で37度を記録するなど、高崎でもほぼ日本一暑い気温の中、朝7時から夕方6時まで野球に費やしました。費やしたからには何かを得たい。

小平ポーニーズ様のスタッフとの情報交換では、〝日本ハムの栗山監督が1期生〟の話題が出た際に、〝実は私も大学4年間小平に在住。しばしば栗山さんと一緒に練習後自転車で帰り、ブリジストンタイヤ工場のそばの栗山さんの実家でお父さんに素振りを見てもらっていました〟と雑談。懐かしかったです。

栗山さんの出身チームらしく、高崎の子ども達の印象は、

・元気が良い

・礼儀正しい

・キビキビしている

でした。また、3年生は進路の情報交換も・・・。東京の子ども達の進路はやはり、帝京、関東一高、早稲田実業、日大三高辺りが人気の様です。

ところで、先日、脳科学者のコラムを読んだのですが、

・人間の脳は周囲の環境によって成長する

コミュニケーション能力は後からでも成長できるが、

・想像力、目標に向かって努力する力、困難を克服する力はなかなか変えられない

と書いてありました。加えて、実は企業も

・想像力

・目標に向かって努力する力

・困難を克服する力

のある学生を採用するようになってきている。その背景には、

・偏差値が高く、就職試験の面接で理想的な回答をした学生を採用しても、実はその後あまり伸びていない

とも・・・。

私もこのコラムには同感。困難を克服するのも、目標に向かって努力するのも、

・如何にその目標が本物かどうか?

・目標が本物かどうかは想像力=イメージする力が豊かかどうか?

だと感じているからです。

昨日も子供たちには、

想像力を高めるには、

・東京の同級生と接する

・日本全国の同級生と接する

さらには、日本代表に選ばれて

・世界中の同級生と野球を通じて接する

そうすれば、一気に視野が広がり想像力を高めることができるだろう、と話しました。

また、昨日の斎藤章児先生(元農大二高、立教大学監督)の上毛新聞のコラムを引用して、

・伝統校同士の対決なのに、伝統校の雰囲気を感じない

・それは、1塁ゴロでピッチャーが1塁ベースをカバーしていない

・センター前ヒットで、2塁走者が外野の位置を確認しないがためにホームインできない

・野球に甘さが残る

・伝統校の先輩たちはそういう野球をしていない

・監督は先輩たちから受け継がれた野球を伝える義務がある

とピシャリ。縦社会の大切さを紹介しました。

脳科学でも企業の採用でも、

・想像力が最も大切

結局、私たちは野球を通じて社会で生き抜く力、それは

・仲間と触れ合い

・先生から教えを受け

・想像力を養っている

・その想像力が強ければ強いほど

・目標が明確、よって、努力できる、困難を克服できる

ということなのだと思います。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【短期野球留学に向けて(7)】便利な持ち物集、荷造りのコツ【ベースボールコミュニケーション 野球短期留学ブログ】

高校野球の指導者になるには【倉俣監督BLOG】

7/5 そのアピールは本当に必要? 栃木ゴールデンブレーブスvs巨人三軍【井戸掘り野球観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2208747

(11月25日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss