倉俣監督BLOG

立教大学の野球とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。終礼間際に間に合いましたが、中学生はストレッチの最中。特に、1年生の股関節が柔らかくなっているのにびっくりしました。やはり、筋肉が付き始める直前、

・12歳頃までに柔軟性を確保しておくことの大切さ

を痛感します。

ところで、6月24日は宇都宮市の清原球場にて、宇都宮市の少年野球指導者50名以上の方々にお集まり頂き、

・野球を上達させるメソッド

を紹介してきましたが、その中で、

・柔軟性

についても触れさせて頂きました。股関節は、

・屈曲、伸展、内転、外転、内旋、外旋

という6方向の可動域があるので、その可動域を満遍なく刺激するストレッチが、

・長座、開脚、大仏、ハードル

これを、静かに、あるいは、反動をつけてやると効果大。さらに、

動体操では、

・スキップの前後方向、横方向、キャリオカ

続いて、

・スクワットやランジを静かに、スキップで、ジャンプしながら

とやり方を変えるだけで、かなり柔らかくなることを紹介してきました。多くの指導者や高校や大学で本格的に野球をやって来た方との印象を受けましたが、

・体つくりの理論

・小学校低学年の子どもを野球好きにさせるメソッド

には興味津々といった感じ。早速、チームで取り入れて頂ければ、と思います。

さて、今朝の上毛新聞には、立教大学で助監督を務める蒲谷先生による立教大学優勝秘話が載っています。蒲谷先生は藤岡高校や高経大附高で長く監督を務め、在任中はプロ野球選手も輩出しています。

立教大学は、誰もが憧れる大学の一つですが、どんな野球をするのか、外からはなかなか分かりません。貴重なインタビューの様に思います。

立教大学のスローガンは、

・戮力同心(りくりょくどうしん)

力を合わせて心を一つにするとのこと。

蒲谷先生曰く、「優勝は選手たちが粘り強くチームプレーに徹したおかげ」。「日本一がどれだけ困難かは、高校野球の頃に痛感」。「自分の人生での〝こういうことがあるのか!〟」と選手には感謝しているそうです。

さらに、戦力的にはもっと充実した年もあったが、今回優勝できた理由の一つは、

・試合中に一喜一憂せず、選手が常に前向きだった点

・オープン戦で出た課題はその日のうちに修正

・失敗しても腐らずに厳しくも明るい雰囲気で練習

・指導者は選手がどんな問題を抱えているかの把握が大切

・頭ごなしの指導は力を引き出せない

・生活面も含め自立を促した

とのことです。また、「高校野球と大学野球の違い」という質問には、

・本当に野球好きな人間が集まり一つの目標に没頭している

という点では一緒。逆に、

・野球は奥深く、自分が若者から勇気や希望をもらっている

とも・・・。

蒲谷先生の前任校でもある高崎経済大学附属高校野球部の選手達から中学生は、

・文武両道の大切さ

をアドバイスされたそうです。

そして、今日の上毛新聞の記事の大見出しは、

・生活面を含め「自立」を

でした。

昨日は子ども達に、野球は

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【アメリカ大学野球進学物語②】将博君【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

気づかせることの大切さ【倉俣監督BLOG】

広島赤ヘル軍団が快勝 第42回全日本クラブ野球選手権 北海道地区予選大会~ウィン北広島×オール苫小牧【僕の中の大投手 諭】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:802
  • 累計のページビュー:2206611

(11月21日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss