倉俣監督BLOG

140キロのボールを投げるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。各地に甚大な被害を及ぼした低気圧の影響は無かったでしょうか。東海道新幹線が3時間以上も運転見合わせですから雨の凄さが分かります。

また、今朝のスポーツ報知には栃木や茨城県の高校野球の展望が載っています。

栃木県は、

・作新学院が7連覇に向かう ・春優勝の白鴎大足利は145キロ左腕北浦投手は打っても4番 ・青藍泰斗は148キロ右腕石川投手の復調を待つ ・佐野日大は元阪神麦倉監督が初の夏に挑む

茨城県は、

・秋と春連覇の明秀日立、秋春準Vの霞ヶ浦、昨夏代表の常総学院の三つ巴 ・明秀日立は強打が自慢 ・霞ヶ浦は142キロ右腕遠藤投手が軸 ・取手松陽の145キロ右腕古田島投手にも注目

です。新聞に高校名が出たり、個人名が出る様になると占めたもの。大学進学にはかなり有利になると思います。ただ、ここでも、名前の挙がる投手は、

・白鴎大足利北浦投手(184㎝、80㎏)145キロ ・青藍泰斗石川投手(178㎝、76㎏)148キロ ・霞ヶ浦遠藤投手(184㎝、73㎏)145キロ ・取手松陽古田島投手(171㎝、70㎏)145キロ

など、

・140キロ以上

がキーワードとなっている様に思います。

因みに、140キロのボールを投げるために必要な遠投力はおよそ

・100~105m

上記4名の平均身長と平均体重はそれぞれ

・約179㎝ ・約75㎏

となっています。

トレーニングの原則としては、

・地面を押した分の反動が腕に伝わる

ので、技術的に問題が無ければ、

・遠投力≒体重

身長の高い人は細くても良いし、身長の低い人は太くなくてはダメ、と言うことになります。

では、どこの筋肉を強く、太くするかと言うと

・地面を押す筋肉=体重を支える筋肉

体重を支える筋肉は、重力に対抗する筋肉(抗重力筋)とも呼ばれ、

・大腿四頭筋(腿の前) ・大殿筋(お尻) ・下腿三頭筋(ふくらはぎ) ・脊柱起立筋(背骨の周り)

と言うことになります。

昨日のスポーツニュースで楽天の則元投手がなぜ8試合連続10奪三振できるのかを特集していましたが、答えは、

・球速(平均147キロ→149キロ)のアップ

・ボールの回転数(大リーグ平均約2300回転/分、則元投手2540回転/分)

この球威と回転数により、

・打者は反射的にバットを振ってしまう

・しかし、ボールはバットの上を通り過ぎる

という現象が空振りが増える理由と解説していました。納得します。

則元投手は、ダルビッシュ投手からの助言で

・ウエイトトレーニング量を増やした

・筋力を野球に結び付ける様なエクササイズを増やした

の成果の表れと言ってます。この理屈を中学生に当てはめても、

・体重増 ・股割り(柔軟性) ・スクワット ・ランジ(メディシンボールを頭上保持) ・キャッチボールでのフォーム作り ・遠投力強化

が140キロ以上のストレートを投げるコツ。

・意識は行動を変える

ではないですが、本人が〝なるほど〟と納得し、努力を継続すれば、高校生でスポーツ新聞に名前が載る様になるのは結構簡単なことだと感じます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

140キロを投げればプロのチャンスあり?【倉俣監督BLOG】

侍JAPAN社会人代表のメンバーを予想してみた。 【飛鴎乗雲】

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対文教大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2166864

(09月27日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss