倉俣監督BLOG

勝ち上がる原点とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。6月に入り、爽やかな日が続いていますが、週末は野球への送迎、応援、誠にありがとうございました。お蔭様にて、3年生は夏季全国大会予選の1回戦に勝利。今週土曜日の2回戦(藤岡ボーイズ戦)に駒を進めることが出来ました。

高校に例えれば夏の甲子園。過去の大会を振り返ると、

現高校1年生は準優勝。※主な成績は東日本大会出場、春季全国大会ベスト32、関東大会準優勝

現高校2年生はベスト4。※主な成績は東日本大会ベスト8、関東大会準優勝

現高校3年生は1回戦敗退。※主な成績は東日本大会ベスト8、北海道大会優勝

となっています。各種大会で上位に進出し、毎年の様に結果を残しながらも、夏の全国大会出場は8年前の2009年(現社会人1年生が中3次)までさかのぼるのですから、

・勝ち進むことの大変さ

は良く分かります。

そこで、大切になるのが基本。

投手なら、打者に

・フルスイングさせない ・ゴロを打たせる

そのためには、

・ストライクを先行させる ・低めを丁寧に突く

などです。

例えば昨日の上州ボーイズ戦。許したヒットは4本。内容は

・2ボール0ストライク→3ベースヒット ・2ボール2ストライク→どん詰まりの1塁後方飛球 ・1ボール0ストライク→左中間への2ベースヒット ・1ボール1ストライク→左中間への2ベースヒット

また、結果的には、〝初球が全てボール〟だったため、相手打者を

・フルスイングさせる雰囲気にさせた

のかも知れません。

逆に、私どもの打者の長打は9本。内訳は

・0-0の初球→3本 ・1-0のボール先行→3本 ・2-0のボール先行→1本 ・2-2の平行カウント→1本 ・1-2の追い込まれてから→1本

実に9本中7本が初球かボール先行カウント。また、平行カウントと追い込まれてからの2本もベンチから見ている限り〝高め〟。バットに当たりやすい高さだった様に思います。

さらに、両チーム合わせて12本の長打の内、

・初球→3本 ・ボール先行→7本 ・追い込まれてから1本 ・2-2から→1本

となり、投球の基本でもある

・初球は外角低めでストライク→打たれてもシングルヒット ・3球で追い込み→打者をフルスイングさせない心理に追い込む ・5球で内野ゴロに仕留める

には、

・ボールを低めに集める

・ストライクを先行するごとにホームベースを広く使う

ことを改めて教えてもらえます。

余談ですが、2009年に全国大会(ベスト16進出)に出場した時の小玉投手(前橋育英では関東大会出場→玉川大学主将として大学史上最高成績(首都大学リーグ2部4位)に貢献→社会人1年目)は、中学時代、球速は120キロ程度ながらストレートのコントロール抜群。打者の特徴を見抜き、緩急を使い分けるなど、早実への進学も視野に入れていたほど頭脳明晰。小玉投手からは、勝ち上がる原点は、

・低めへのコントロール

・緩急

・配球

ということを改めて教えてもらえます。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

天津ライオンズが徳島県・阿南市で四国ILの4チームなどと対戦【世界の野球】

小学生に伝えたい指導技術【倉俣監督BLOG】

2017年東都大学野球春季最終成績【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2109049

(07月27日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss