倉俣監督BLOG

野球は社会の疑似体験の場?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。後半組の子ども達には、楽天シニアの選手達の

・体の大きさ ・詰まった打球でもホームランになってしまう

を例に取り、「体つくりの大切さ」を紹介。また、

・高校では週6回~7回練習 ・プロでは週6回試合

という例を挙げ、

・柔軟性がないとあっという間にケガをしてしまう ・股関節の硬い人は野球を真剣に考えていない人

という話をしました。

さらに、楽天シニアの中濱監督や狭山西武ボーイズの小野代表の現役時代の話に触れ、プロは1軍で活躍しないと、

・給料が増えない≒家族を養えない ・選手寿命が延びない

ことを紹介。「甘い世界ではない」ことを伝えました。

以前、石山建一先生(元早稲田大学野球部監督)は、プロの1軍で活躍する選手は、自分や自分の家族だけでなく、チームメイト、チームメイトの家族、球団職員、球団職員の家族の全ての生活をかけて戦っていると言っていましたが、確かに、最下位になろうものなら、監督、コーチ陣は総入れ替え、選手はトレード。その家族は右往左往・・・。

中学生にはそんなプロの裏側は全く知る由もないのですが、プロスポーツの世界は、

・結果が全て

そんなプレッシャーに耐え切れず、イップスになってしまう選手も実はたくさん居るのです。

こんなプレッシャーを中学生に与える気はさらさらないのですが、中学生でもプロ野球選手でも実は、

・誰かの役に立てた時が一番うれしい

という思いは一緒。ただ、それが中学生だと、親を含めて数十人に感動を与えるだけですが、

・プロになると ・一軍で活躍すると ・日本代表メンバーに選ばれると

日本や海外の沢山の人たちに感動を与えることができます。これって、結構素晴らしいこと。私の場合、全く次元は低いのですが、それでも、

・土曜日は青森の中体連の子ども達と触れ合い ・日曜日は長野遠征、帰宅後はJICAでブラジルに派遣される野球コーチと1時間ほど談笑 ・月曜日はNPBにて高野連の役員と中高生の交流の必要性で情報交換 ・明日の水曜日はJICAでブラジルに派遣されるコーチ4名に指導法の資料提供

こんな活動をしていると、如何に

・自分が本物かどうか

を問われている様に思えてなりません。そんな経験から言えることは、「野球は社会の疑似体験の場」。

・試合や競争に勝つ≒自分が生き残る術を覚える

・生き残れると、「誰かの役に立ちたい」という欲求が芽生える

こうなればしめたもの。そのためには、

・しっかり考えて常に良い成績を取る≒仲間から信頼を勝ち得る

ということなのだと思います。



この記事の内容が面白いと思われたかたは、私が監督を務める「高崎中央ボーイズ(高崎ジャイアンツ) オフィシャルサイト」にも、ぜひお越しください。 リンクはこちら→[[http://www.ikz.jp/hp/takasaki-g/]]

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017年1部第4節刈谷大会④:戸田中v.s.織機 ~ 戸田中、織機に10年ぶりの勝利!】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

【明日30日のラジオ】テーマは「すごいぞ キム・テギュン!」【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対国学大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2166864

(09月27日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss