倉俣監督BLOG

プロ野球選手と有酸素運動の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。私は今週宮崎に居るため付き合えません。宜しくお願い致します。また、息子も週末の中3最後、二週連続の茨城遠征で疲れたか、37度ちょっとの微熱に加え、喉が痛く、学校を早退。その後39度超え😞。トレーニングも休んだ様です。申し訳ありませんでした😅。

さて、週末は入団説明会を開催。その中で、「夢に向かって頑張っている卒業生も沢山いる」こともご紹介しましたが、中日ドラゴンズで頑張っている三ツ間投手のフェイスブックに、

・一軍は見えてきましたか?

と質問したら、

・一軍に帯同できているので、最後まで頑張ります!

と力強いコメントが返ってきました😁。

但し、プロの世界は、オープン戦も中盤から後半にかけてが正念場。巨人の重信内野手は「9試合で8盗塁」。「盗塁成功率100%」など、開幕1軍をもうアピールする記事をしばしば目にしますが、キャンプからオープン戦序盤までは、

・若手のアピールする場

しかし、中盤からは、

・本当に〝戦力〟として誰が使えるか?

を吟味する場。

当然、高い給料を払っているベテランや外国人枠は安泰。そうなると、若手は、

・1つのミスが命取り

首脳陣は、

・誰を残すか、ではなく

・誰を落とすか

を考えざるを得ず、若手は、

・プレッシャーの中で良いプレーをし続ける

・本当の実力が問われる

ことになります。そこで心配なのがケガ。

昨日のニュースでも日本ハムに移籍した大田選手がフルスイング中に脇腹の肉離れ。西武の森選手が死球を肘に受け骨折。開幕絶望・・・。やはり、若手はギリギリのところでアピールせざるを得ないので、

・疲れていても100%のプレーをする→

・ケガをし易い

という図式が成り立ちます。

ところで、大田選手のこの時期の脇腹肉離れは、キャンプ中の練習量不足と言うより、

・毎試合の疲労の蓄積

毎日練習試合が続く中で、試合後から翌朝までの12時間で疲れを完全に取り切る必要があります。

この疲れを取り切る能力が、

・酸素と栄養素の運搬能力

この能力には、

・疲れていてもしっかりご飯を食べる力

そして、長距離を走るなどの有酸素運動で、

・心肺機能を高めておくこと

が必要になります。

一般的に、プロ野球の選手は、12分走なら2800~3300m位くらい走るので、その能力がないと、

・疲れが溜まり易い選手 ・いつも無理をしている選手

になってしまいます。

三ツ間投手に話を戻せば、150キロのストレートを投げるために、

・体重は90キロ台をキープ

しかし、それでもせっせと、有酸素運動をこなし

・毎日登板してもフレッシュな筋肉を保てるかどうか

が勝負。3月2日の日本ハムとのオープン戦では、

・投球回数3回 ・投球数40球 ・被安打4本 ・奪三振2個 ・防御率0.00

で5対1の勝利に貢献。被安打4本以外は合格点でしょう👍。若手は毎日が勝負。「居ても居なくてもいい選手」から、「絶対必要な選手になる」には、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

野球は頭が良くないと・・・ 【倉俣監督BLOG】

U18ワールドカップの組み合わせが発表される【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

2017年春季OP戦(東洋大×明治大)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:1066
  • 累計のページビュー:2077665

(06月23日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss