倉俣監督BLOG

勉強の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。2年生と1年生は今が学年末テストのピークでしょうか。高校の先生が魅力と感じる選手は、

・野球が上手 ・勉強の成績が良い

です。

野球が上手とは、投げる、捕る、打つ、走る等の技術に加えて、

・状況や打球の判断力

が大切。野球では、如何に試合の中で、

・正確にプレーをし続ける ・ミスを最小限に抑える

ことが要求されます。私は野球の技能レベルを

・できる ・安定して出来る ・プレッシャーのかかった場面でも出来る

の3段階に分けて選手を見ています。ただし、どんなに良い選手でも、プレッシャーのかかった場面でいつでも期待通りのプレーができるかと言うと、そうではない。そのため、選手には

・勝って喜ぶと言うより、安心する ・負けて悔しがると言うより、負けた原因と向き合う

「謙虚さ」が大切だと感じています。勝敗に一喜一憂するのではなく、勝っても負けても、

・自分の成長に繋げる

と言うように考えると、探求心を持った人間に成長して行けるのです。

勉強の成績の大切さは言うまでもありません。高校や大学を卒業した後は、自分の力で生きて行かなくてはなりません。18歳や22歳でどんな職業を目指すのでしょうか。甲子園に出場しても、プロのスカウトが注目する選手は「ほんの一握り」と言うのが現実。大学を卒業しても社会人野球に進める選手は「ほんの一握り」。野球関係の仕事に就きたい場合、美津濃等のメーカーの就職倍率は数百倍。高校の先生になり、野球部の監督になるにも、教員採用試験は平均5倍以上。

先日、ヤフーのコラムで「教員就職者が多い全国トップ200大学」を読みました。教育学部や教員は特に地方の大企業の少ない県で人気が高いとのこと。2016年度、教員を最も多く輩出している大学は、

1位 大阪教育大学 500人 2位 北海道教育大学 481人 3位 愛知教育大学 473人 4位 文教大学 449人 5位 東京学芸大学 323人 6位 福岡教育大学 321人 7位 広島大学 320人 8位 日本大学 297人 9位 岐阜聖徳学園大学 289人 10位 千葉大学 281人

となっています。

ところで、昨日、大学時代の先輩でFC東京のジュニア強化部長をしていた方と電話で話しましたが、サッカーの場合でも、

・昨日までは日本代表、でも、

・今日からはただの人

という例が沢山あるそうです。何を言いたいかと言うと、

・サッカーが上手いだけでは飯は食っていけない

という現実があります。野球も野球以外の武器を持つ。それは「学力」や「資格」なのだと感じます。

余談ですが、私の長女は現在大学2年生。中学時代の偏差値は69。大学受験では英文学部を志望しセンター試験7割3分。やっと日本大学の英文学科に拾ってもらいました。現在、教職課程も履修させているのですが、上記の表を見て、親としては「ホッ」。先生になっている学生が沢山。しかも、3年後には小学校で英語が必修化。全国の小学校で英語の教員免許を持っている学生の奪い合いが始まる・・・。

・自立して生きて行ける

と感じています。

プロ野球の世界では、

・一芸(得意分野)があるからプロになれる ・二芸(足と肩など)があるから一軍に定着できる ・三芸(足と肩と打撃など)あればレギュラー固定

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「期分け」とは【倉俣監督BLOG】

中学生の指導で意識することとは【倉俣監督BLOG】

野球にも指導者資格が必要?【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:996
  • 累計のページビュー:1987888

(03月24日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 角中、井端、内川選手の凄さ
  2. 打球を遠くへ飛ばすには
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss