倉俣監督BLOG

「期分け」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日もかなり強い風が吹き荒れていました。今週の天気もまだまだ一波乱ありそうです。

今朝のスポーツ報知のボーイズリーグ特集に東京東支部の春季全国大会予選でベスト4に勝ち上がったチームの試合結果が載っています。勝ち上がったチームは東京城南、足立、東京中央、そして、志村ボーイズの4つ。準決、決勝は26日とのこと。

普通なら、〝どのチームも優勝に向けて頑張ってください〟とエールを送るのですが、この時期の公式戦はいくらなんでも早すぎる。東京の場合、真冬でもギリギリ野球が可能と言えばそれまでなのですが、野球には、

・プレシーズン(2~3月) ・インシーズン(4~10月) ・ポストシーズン(11月) ・シーズンオフ(12~1月)

という4つのシーズンがあり、それぞれやるべきことがあります。

・プレシーズンは、野球の技能の向上や実戦練習を積んで来るべきシーズンに備える時期 ・インシーズンは、まさに、大会を勝ち上がり全国大会出場など〝結果〟や〝成果〟を求める時期 ・ポストシーズンは、インシーズンの疲れを癒し、ケガを治す時期 ・オフシーズンは、来るべきシーズンに備えて基礎体力を培う時期

です。

昨日のスポーツニュースでは、冬季アジア大会でスピードスケート男子1000mで優勝した小田選手のトレーニング風景が紹介されていましたが、何と

・120㎝の箱の上に、反動なしで、何回もその場ジャンプ

さらに、

・スケーティングを真似たサイドジャンプで2m跳び、ピタッと静止

これを何回も繰り返していました。

120㎝の箱の上にジャンプするのも、2mのサイドジャンプでピタッと止まるのも

・強靭な大腿四頭筋、大殿筋、内転筋

と言った足腰の強さがないとできるものではありません。

小田選手はこれをやりきることで、

・100mのタイムを9秒8から9秒7以内に縮める

また、

・これが出来ないと来年の冬季オリンピックで金メダルを獲るのは無理

と言っていましたが、昨日の100mの入りは9秒69。有言実行。見事アジア優勝を成し遂げています。

野球は、スピードスケートの様な基礎体力に加え、

・走攻守の技術力の習得 ・タイミングの習得 ・判断力の習得 ・攻守の戦術の習得

など、やるべきことは沢山ありますが、それでも基礎体力の習得を疎かにすると、高校や大学での活躍が怪しくなってしまいます。

私どもの中学生でも、木曜日の夜間練習ではハードルを10回ジャンプして、瞬発力を養っていますが、その高さは60㎝。スピードスケート小田選手の半分の高さです。

陸上競技やスピードスケートの様な筋力やパワー、瞬発力を必要とする競技では

・期分け、あるいは、ピリオダイゼーション

と呼ばれる1年を4期に分け、それぞれの時期に相応しいトレーニングを行っていますが、野球にはこの概念が無さ過ぎると感じます。

3月12日には、昨秋に続いて、中学生が大学1年生と練習試合をやることを予定していますが、その年齢差は4歳~5歳。サッカーでも15歳の久保選手(バルセロナ→FC東京)がU18のJユース選抜で活躍したり、U23のJリーグデビューを果たしていますが、それと一緒。中学生でも、

・体重60キロ後半~70キロ台 ・50m走6秒前半(塁間走3秒台) ・遠投80m~90m ・打球速130キロ以上 ・投球速120キロ台 ・3000m走11分台

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中学生の指導で意識することとは【倉俣監督BLOG】

野球にも指導者資格が必要?【倉俣監督BLOG】

東アジアカップの今年の開催が中止に 【世界の野球】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:946
  • 累計のページビュー:2023062

(04月27日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 角中、井端、内川選手の凄さ
  2. 打球を遠くへ飛ばすには
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss