倉俣監督BLOG

目標の無い子はどうすればやる気になるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昨日は筋トレへの送迎、誠にありがとうございました。昨日は少し気温も上昇。比較的過ごし易かったので、今日の夜間練習も十分“練習可能”なのだと思います。

また、昨日のアカデミーには、幼稚園児の時から8年間在籍、中学は東京城南ボーイズでレギュラーで活躍。横浜隼人高校に進学が決まったと挨拶に来てくれた子がいました。次は甲子園目指して頑張って欲しく思います😁。

ところで、昨日のスポーツニュースで、再び、西武ライオンズの秋山選手が特集されていました。3月のWBCでは2番打者・外野手として最も期待される選手ですが、ゴロ捕球練習でフラットグラブを使用。これは以前も紹介しましたが、昨日は、フライ捕球をフラットグラブを使って練習していました。目的は、

・いかなるフライでもグラブの芯で捕ること

しかも、

・背走して切り返しながら捕球

我々のウォームアップと同じ練習・・・。

秋山選手は、基本が大切。基本を体に染み込ませて、万全の準備をして大会に臨みたいと言っていましたが、中学生にも当てはまる部分は沢山あると思います。

さて、昨日の「目標を持つにはイメージが大切」ですが、別の見方をすれば、目標を持てない子は、大抵、

・毎日を漠然と過ごしている

のだと思います。例えば、

・将来何になりたいのか分からない ・大学は行きたいけれどまだはっきりしない ・どこの高校に進学すれば良いのか分からない ・勉強をする意味が分からない

など、当てはまる点があるのではないでしょうか。この場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

私のお薦めは、

・色々な事を体験、挑戦すること ・その中で好きなこと、続けられそうなことを見つけること ・仲間を作ること ・先生の話を聞くこと

などです。

人間が前向きに生きるコツは

・気づくこと

だと言われています。アクティブに動けば脳を刺激。“気づき”が生まれます。気づいたら、それを

・口に出して言ってみる

これをコーチングの分野ではオートクライン(自己分泌、autocrine)と呼んでいますが、口に出して言ってみる内に、さらなる気づきが生まれ

・あっ、そうだ!

となり、それが次第に行動に繋がります。私の周りの野球人には、こういう体験をして自己実現した人、自己実現しつつある人が沢山います。

例えば、

・中学時代にアメリカ遠征を体験して、“将来はアメリカに行きたい”と思い続け、実際に大学卒業後アメリカ独立リーグで4年プレー。現在は日本ハムのブルペン捕手として活躍している人

・小学校時代にアメリカ遠征を体験。“将来は大リーガーになりたい”と夢に向かって、慶応高校、慶応大学を卒業後、アメリカで3年間プレーをしている人

・日大三高で全国優勝。教員になるために学芸大に進学。主将を務めた後、“もう少し高いレベル経験したい”と福島の独立リーグに入団。プロを経た後に高校教諭を目指している人

・将来は教員を目指す過程でジャイアンツアカデミーに就職。「人間の幅は移動した距離に比例する」と私が言ったら、それを信じて本当に世界一周の旅に出てしまい、現在は念願の高校教諭兼監督になった人

などです。

また、笑えない話ですが、京都府の英語の先生で、

・TOEICで200点台の先生が沢山いる

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

メンタルトレーニングの利用【倉俣監督BLOG】

【大阪ベースボールアナウンスアカデミー】第4回①【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

魔法のキャッチボールドリルとは【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:771
  • 累計のページビュー:2183451

(10月19日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss