倉俣監督BLOG

遊びが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。極寒の天気が続いていますが、体調はいかがでしょうか。あと10日もすればグラウンドには新緑の若葉が確認できるかも・・・。春に向けて寒さも最後の抵抗をしているのでしょう。また、今週23~25日の今日までが前橋育英高校の入学手続き。合格させてもらえたことへの敬意と決意を込めて、初日の受付開始の朝9時ジャストに1番で手続きを行きました。しかし、すでに2人の親御さんが・・・。待っている間、窓口に貼ってある大学合格掲示板に目をやると、

・国公立大学53名 ・私学407名

が合格した大学名がズラリ。この時期の合格は国立も私立も推薦組か。大学の〝早い時期に良い人材を獲得したい〟という意図と、〝大学受験も変わったな〟という思いで見ていました。3年後には、スポーツ推薦でもセンター試験受験でも、筑波大学、東京学芸大学等の国立のサッカー強豪大学、かつ、卒業と同時に教員免許の取れる大学への進学を果たし、月並みながら、高校に恩返しできる人材、かつ、自分で生きて行ける人材に成長して欲しく思います。

さて、野球。昨日、ヤフーコラムの「子どもの野球離れ深刻」「スポーツ用品メーカー21社が球活開始」を読みました。今の少年野球事情はどうなっているのでしょうか。コラムによると、

高校野球人口 ・1980年代に12万人→14万人に増加 ・2002年には15万人を超える ・2014年には史上最多の17万312人を記録 しかし、ここがピーク ・2016年には16万7千人に減少

しかし、1980年代と比較するとまだ4万人以上多い。これは「甲子園に出場したい」という目標があるからとのこと。

問題は、小学生と中学生の年代。全日本軟式野球連盟に登録する学童野球チームは、

・1970年代には2万チーム以上→現在は1万2千チームに8千チーム現象

中学の部活では、

・2001年度の中学軟式野球部員は32万人以上→昨年は18万5千人に減少 ・15年間で13万人減少

サッカーの中学部活人口は2001年の22万2千人→2016年の22万8千人。少子化にも拘わらず微増。単純に野球よりサッカーを選ぶ子供が増えているとのこと。

昨日も、私の所属する野球振興部でこの話題を提議。ジュニア育成は「待ったなし」で共通認識を確認できました。

また、このジュニア育成に敏感に反応したのが、スポーツメーカー。ミズノやアシックスなどの野球用品、ナガセケンコーや内外ゴムなどのボールメーカーなど競合するライバル社が大同団結することに・・・。これまでは考えられなかったことが起きています。

早速、私の知人がミズノで野球部長をしているので電話で確認。この大同団結は大阪を中心に行われているとのことが分かりました。大阪と言えば、日本で最も少年野球の盛んな地域。そこに本社を置くスポーツメーカーが〝大同団結〟するのですからいよいよ事の深刻さが分かると言うものです。

コラムでは、子どもの野球離れの原因を

・遊びの減少

と説明。

・1970年代までの親や兄弟とのキャッチボール ・公園や空き地での三角ベース ・遊びで自信を付けた子が中学の部活に入る ・その流れが高校、大学に繋がる

と説明。まさに正解。私も小学校の休み時間には三角ベースで遊び、放課後にはすぐに小学校に戻ってクラス対抗の試合。日没まで遊び、お腹が減ったら終わり。コラムの説明が手に取る様に分かります。

私のサッカーをしている小5の末っ子には、今でも少年野球チームへの入部を進めていますが、尻込み・・・。理由は簡単。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【大阪ベースボールアナウンスアカデミー】第1回【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

サッカー選手とのクロストレーニング【倉俣監督BLOG】

拡がれ女子プロ野球☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

ブロガープロフィール

profile-iconkuramata

高崎ジャイアンツボーイズ 倉俣監督BLOG【過去ログ】
  • 昨日のページビュー:415
  • 累計のページビュー:2185804

(10月23日現在)

関連サイト:高崎中央ボーイズHP

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 打球を遠くへ飛ばすには
  2. 角中、井端、内川選手の凄さ
  3. 上一色中の強さの秘訣
  4. ジュニアジャイアンツ選考会
  5. 三振の多い打者の特徴
  6. 速いボールを投げるには
  7. 桑田真澄さんの指導方法
  8. 野球人口減少が意味するもの
  9. プロ野球選手の高校時代
  10. 花巻東大谷投手の夢は何?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss