no title

サラーはのびのびとプリーができてるね。イタリアとは違って

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラーはアフリカ最優秀賞も頂いて、課題の最後の決定はまだまだだが、イタリア時代とは違って、レベルが低いインクまランドで、簡単に前を向けてる。 イタリアから出て、他国で活躍するのはいつものことですからね。 その逆は絶対とは言えないのですが。 サラーが残ってくれたら、ローマはもっと上に行けたやろけど、冬にベラルディあたりが入れば、穴埋め程度はできるでしょう。 ユベントスにはバルザーリがいるので、ボヌッチ程度がいなくなってよかったけど、マスチェラーノ取れるんじゃないの? ユベントスには、ディフェンシブハーフが存在しなかったクラブだから、エムレちゃんとっても、チャンピオンズじゃ使えないんだよね、 するとディフェンシブハーフはまた、ストラーロになるのかな? マッティも違うんだよね。 コウチーニョとっても、バルサ行ったらベンチ外だし、フィオのサンチェスか、アルセナルのサンチェスとったクラブが優勝するやろね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ホームでヘーレンフェーンに勝てず(第16節:ヘーレンフェーン-thuis)【我がフェイエノールト】

全日本選手権へ3 本田真凛 幸運の星の下【夢と現実 備忘録】

全日本選手権へ2 白岩優奈 ノープレッシャーの強さ【夢と現実 備忘録】

Jリーグの夏春制が否決された【no title】

2018チャンピオンズリーグ予想図【no title】

全日本選手権へ1 本郷理華 最後の砦【夢と現実 備忘録】

GPF2017に見る平昌五輪男子シングルの戦い方【専らフィギュアスケート】

不確定要素が自分の中にもあるから、スポーツはドキドキするんです【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconkuboryotaro

和製ダ・ビンチこと、窪良太郎です。サッカーの本も出版しております。特に戦術的な、守備的なイタリアのサッカーが大好きです。子供の頃からサッカーの映像を見ていますので、もう普通のサッカーを見ていたって、何も面白くない!スモールクラブが、ビッグクラブから、必然的に勝ち点1でも得るというミッションを、戦術的に、試合コントロール技術で、90分間遂行するという、ミッションを成功させる頭脳的なイタリアのサッカーを説明したいです。
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:5317

(01月15日現在)

関連サイト:窪良太郎

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2018チャンピオンズリーグ予想図
  2. Jリーグの夏春制が否決された
  3. サッカークラブの番付表
  4. だからスパレッティは、名監督じゃない!
  5. サラーはのびのびとプリーができてるね。イタリアとは違って
  6. コンテチェルシーが、アトレティコ戦に本気になる理由

月別アーカイブ

2017
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss