熊本発!プロレス情報!

WNC所属レスラーのご紹介~リン・バイロン

このエントリーをはてなブックマークに追加

身長162cm体重55kg 得意技雑技団式地獄突き、ムーンサルト・プレス、ロー林グ・プレス
「プロフィール」
幼少より中国拳法を習得し、12歳で香港の大会における形部門で優勝。
北京体育大学卒業後、雑技団に入団するが、2008年に退団して地元に戻りアクションスターを目指す。エキストラながら映画出演も果たす。
幼少の頃より香港の雑技団で活躍するも、プロレスラーに憧れ単身来日しTAJIRIのもとでプロレス修行を積み2010年4月23日、SMASH新宿フェイスでデビュー。
2011年に入ると朱里との抗争を展開するも、SMASH.14でのシングルマッチで敗れリングネームを「リン・“ビッチ”・バイロン」とされてしまった。
2011年6月9日、初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦で華名と対戦し敗れた。11月24日に約半年ぶりに参戦し朱里と対戦、試合後2人は和解し“ビッチ”のニックネームを返上し本隊に戻ることとなった。
2012年4月5日、TAJIRI以下元SMASH所属全選手、レフェリー、練習生とともに、新団体「Wrestling New Classic」に移籍。
圧倒的に華のあるオーラと、雑技団仕込みの空中技はプロレス界でも随一。
男女どちらと戦おうとも抜群の戦闘適応能力をみせる『いかした香港娘』である。
会場人気は抜群であり、熊本大会でもその華のあるファイトはファンを魅了するに違いない。

kpbtaro-406891.jpg
「TAJIRI代表談」 リン・バイロンは、初めて見る人の心を掴む「華」にかけてはWNCで間違いなくNo1です。 彼女を目にして、ファンにならない人はいないと思います。 そうして、とにかく「速い」のです。 プロレスの動きと、彼女自身の喜怒哀楽というか、感情が変化する速度がとてつもなく速いのです。 とにかく、リン・バイロンからは一瞬たりとも目が離せませんよ。 「女子プロレスラー」なんていう一般的な概念に対する目で挑んだら、とんでもない衝撃を受けること間違いなしです!!




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロレス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkpbtaro

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:36642

(11月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 関本大介選手、熊本登場!
  2. WNC所属レスラーのご紹介~リン・バイロン
  3. 九州プロレス阿蘇山選手トークイベント!
  4. WNC所属レスラーのご紹介~朱里
  5. 熊本のDDT・WNC両団体チケットのご案内です
  6. DDT熊本大会のご案内
  7. WNC参戦レスラーのご紹介~エル・イホ・デル・パンテーラ
  8. WNC所属レスラーのご紹介~真琴
  9. 九州プロレスDVD上映会
  10. 上井文彦さんトークショー:ゼロ年代 あの頃の新日本を知ろう!

月別アーカイブ

2016
03
02
2015
04
01
2014
08
05
03
2013
08
07
06
05
04
03
01
2012
10
09
08
05
03
01
2011
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss