赤い日々

今更ながらの槙野不要論

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう多くの浦和サポーターが思っていることを、改めて自分の言葉で書こうと思う。

槙野はもう要らない。

堀監督は走れる選手、戦える選手を使う、本当の意味での競争をすると言った。

あの言葉は偽りだったのかと疑いたくなる。


今年、いや本当はもうずっと前から、槙野のウラを突かれての失点、セットプレーで競り負けての失点を多く目にする。

特にウラを突かれるシーンにおいては、槙野はタラタラとジョグをして味方の頑張り虚しく失点するのを見ているだけだ。

7月29日、都倉に競り負け先制を許し不要なプレーで退場 8月19日、走り込む室屋を放置し同点弾を献上 8月23日、小林が抜け出した時点で走るのを止めこぼれ球をエウシーニョに詰められ失点、更に小林のマークをあっさり外し失点 8月26日、角田に競り負け先制を許す 9月13日、エウシーニョにあっさりウラを取られ失点

確かにDFは失点に絡むポディションではあるが、2ヶ月弱でこれだけ絡むかと。 出場停止の大宮戦と代表(というか本田係)招集時のルヴァンは出場していないため、実質ほぼ毎試合失点に直接絡んでいる。

直接ではないが9月9日の柏戦も 1失点目味方がボールロストした時もタラタラとして結果左のクリスティアーノから前線にボールを配給されているし、 2失点目(これはボールの処理を誤った航の責任が大きいが)結果的にニアの武富が決めたが、その後ろから走り込んだ伊東を全く見ておらず、もし抜けてきていたら伊東がフリーで待っていた。このシーンも最初は伊東は槙野より自陣側にいたが、走って追い越して中に入って行っている。

そして今日の鹿島戦 1失点目は中村にあっさり間を割られそこから失点 2失点目は結果PKではあるものの左サイドを崩されて右に展開された 3失点目もレオ・シルバ→土居と左サイドを崩されて失点 4失点目に至っては有り得ないとしか言いようがない。ペナ付近でロストからのカウンターだったが、槙野は誰にプレッシャーをかけるわけでもなく例のごとくタラタラと歩いていた。近くをボールが行き来していたのにだ。


ここに挙げた以外にも数えだしたらキリがない。 失点にはならなかったとしても、槙野が失いタラタラと歩いている間に危ないシーンになったものは多々ある。

堀さん、彼は本当に走っているか?戦っているか? 確かにじゃぁ他に誰がいると言われてしまうかもしれないが、それではミシャの時と変わらない。 左SBであればウガが適任であろうがいない現状ならヒラでも田村でも構わない。 正直槙野以外なら誰でもいい、それくらい私の怒りは限界だ。

一生懸命やってそれでも敵わないというなら声を枯らして応援する。 が、申し訳ないがタラタラしている選手を応援することはできない。 私がここに書いているのは大分感情的であることは自覚している。 槙野のおかげで勝った試合も当然ある。 だが今年の槙野は、もう無理だ。

この文章を槙野は目にするのだろうか、堀監督は目にするのだろうか、浦和の関係者は… それは分からないが次の鳥栖戦、もし彼が普通に出場するようなら私は堀さんを信用できなくなってしまう。


堀さんは好きなんだ、だからこのまま好きでいさせて欲しい。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浦和には今を乗り切る駒が足りない パート2!【地球は青い!】

新潟vs鹿島(9月16日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

天皇杯【残されたタイトルは二つ】【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

磐田☓浦和 如何に連戦を乗り切るのか【浦和な生活】

浦和には今を乗り切る駒が足りない【地球は青い!】

ACL 準々決勝第2戦 浦和☓川崎 奇跡の瞬間がスタジアムにはある【浦和な生活】

ベスト4進出!勝敗を分けたのは・・・【地球は青い!】

浦和☓柏 デュエル【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconkotatsumuri

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:47780

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 遊ばれ続けた90分を経て
  2. 勝つことよりも
  3. 勝つことよりも 2
  4. 今更ながらの槙野不要論
  5. 今こそサポーターの力を(ACL準決勝)
  6. いざ、決戦の地へ(ACL準決勝)

月別アーカイブ

2017
10
09
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss