NO NAME

月別アーカイブ :2016年07月

これ以上菅野に背負わせないでくれ・・

相手先発が福井と聞いて最初に思った事は・・ 「広島はまだまだ余裕だな・・」ということでした。 こちらは必勝を期して菅野を中5日で持ってきたのに、相手はローテを崩すことなく、しかもうちとの相性がいいとは言え、2カ月以上一軍での登板がない投手を・・ ま・・確かに広島にとってみれば是が非でも勝たなければならない試合、ではないでしょうからそれはそれでいいんですけど・・ ならばこの試合は絶対に勝ってほ......続きを読む»

「4番・長野久義」という夢が破れた日

昨日、ジャイアンツの二軍戦を観に行ってきました。 ファームの交流戦、タマホームスタジアム筑後で行われた試合。 すごく暑くて、日差しも強くて、ほんと疲れましたけど・・本当に楽しい時間でした。 座ったのは3塁側内野席。もちろん、岡本を間近で見たかったからです。 久しぶりに見た生の岡本は・・すごく日焼けして、そしてまた少し体が大きくなった印象でした。 3月にヤフオクドームでのオープン戦でみたとき......続きを読む»

「代わりがいないから」という言葉を自分はどう受け止めるべきなのか

600試合目の登板で最後に投じたボールは・・無情にもライトスタンドへ消えていきました。 そして、雪辱を期したはずの601試合目も・・相手の勢いを抑えることは出来ませんでした。 40試合、31イニングを投げて23失点・・防御率は5.97・・ イニング数を上回る33本のヒットを浴び、逆に奪三振数はそれを大きく下回る・・21個。 もう10年近くもずっとジャイアンツを支え続けてくれている、山口鉄也。......続きを読む»

岡本和真のホームランを見て

ようやく・・願いが叶った瞬間でした。 今日の試合だけではなくて・・ ずっと・・願い続けてきたことでしたから。 ジャイアンツを代表して出場した・・自身2度目となるフレッシュオールスターゲーム。 今年初めて、その瞬間を見ることができた・・岡本のホームラン。 外寄りのスライダーをすくい上げるように強振すると、打球は大きな弧を描いて・・レフトスタンドに吸い込まれていきました。 イースタンの4番打......続きを読む»

ありがとう、大田泰示

久しぶりに・・ 心から興奮しました。 心が熱く、本当に熱くなりました。 そして改めて・・ 大田泰示の”底力”を感じました。 ありがとう・・ ありがとう、大田。 感動を与えてくれてありがとう。 僕の心を震わせてくれて・・ありがとう。 そして願わくば・・ 今日も見せてほしいです。 その豪打を。 振り払ってほしいです。 ジャイアンツに対する自分の心のもやもやも。 ジャイアンツに......続きを読む»

「由伸の責任じゃない」

1か月ぶりのカード初戦勝利。 3週間ぶりの連勝。 そして・・オリックス戦以来の同一カード3連勝へ・・ なんて淡い期待を抱いていたんですけどね・・昨日の試合。 最近、というかもうずっと良くない高木勇人が先発。 対する阪神先発の青柳はジャイアンツ戦初登板・・いわゆるうちが苦手とする”初物”。 その辺に少なからず不安を感じていた部分はありました。でも、正直、今の不調に苦しんでいる阪神打線相手な......続きを読む»

若い選手達よ。まずは田口を目指そうじゃないか。

初戦。内海の力投で1か月ぶりにカード初戦に勝利。 そして2戦目は若い田口の力投と、阿部、村田両ベテランの強力な援護で逆転勝利。 6月15、16日の楽天戦以来となる・・連勝、そしてカード勝ち越しです。 また一歩・・負の流れから抜け出すことができたかな。 これで今日も勝てれば・・交流戦開幕カードのオリックス戦以来の同一カード3連勝なんですけどね。 まあ・・それは試合が終わってから振り返るとして......続きを読む»

この勝利を「リメークドラマの始まり」なんてはしゃぐつもりはさらさらないけれど

ようやく・・カードの初戦を取れました。 6月3日の日本ハム戦以来、およそ1か月ぶりの勝利。 このときは・・菅野が5勝目を上げ、4番長野が先制打、坂本が3ラン、そして1番に座った大田が猛打賞の大暴れ・・という試合。 一方で・・終盤、リリーフ陣がバタバタして1点差まで詰め寄られ・・今後に不安を感じたのを記憶しています。 7連敗から一気に6連勝し、一時は広島から首位を奪い返したこの時期。 不安要......続きを読む»

今こそ由伸監督の思いが聞きたい。聞きたいのだ。

先週・・10日ぐらい前だったかな。 自分休みだったんですけど、G+でイースタンリーグの中継があるってことで、朝から楽しみにしてたんですよ。 けど・・残念ながら雨天中止。 かと言って他にすることも見たいテレビもなく・・退屈だったんで差し替えで放送されていた過去のジャイアンツの試合の映像をぼーっと見てました。 あの”10・8決戦”のあった94年の最終盤での試合。 3番松井がヒットで出て、4番落......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:82
  • 累計のページビュー:9774034

(10月21日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss